カーワックスの必需品、ワックススポンジ!おすすめを紹介します!

2018年10月21日

カーワックスの必需品、ワックススポンジ!おすすめを紹介します!

ワックスをするのに欠かせないものと言えば、ワックススポンジですよね。これがなくては、ワックスを使用することができません。この記事ではワックススポンジの使用方法や、オススメのワックススポンジを紹介していきます。

ワックススポンジとは?

ワックススポンジはワックスを車に付ける際に使用します。ワックススポンジがなくては、ワックスを使用できません。ほとんどの場合、ワックスに専用スポンジが付属しています。

しかし、それではワックスの効果を十分に発揮しないこともあります。ワックスの種類によって、ワックススポンジも変えるのが一番いいのです。ワックスを綺麗に塗るコツは、ワックススポンジにもあるのです。

ワックススポンジの使い方

ワックススポンジを適当に使用している人はいませんか?ワックスが付けばいいや!、というような使い方ではワックススポンジの意味がありません。ここでは、ワックススポンジの使い方について紹介していきます。

ワックススポンジを水に浸ける

ワックスがワックススポンジに付きやすいように、水に浸して絞っておきます。これだけでワックスのノリが良くなります。

ワックスを押し付けながら、1回転させる

次にワックスにワックススポンジを押し付けて、1回転させます。ワックスはワックススポンジに均等に付くほうがいいので、ギュッと押さえつけながら、1回転させましょう。

つけすぎた場合は、ワックス缶の縁で拭き取る

もし、つけすぎてしまったり、ワックススポンジの一辺だけにワックスがついてしまった場合、ワックス缶の縁で拭き取りましょう。ワックスがワックススポンジに付いていない場合は、再度ワックスを付けましょう。

ワックスをボディに塗っていく

そして、ワックスをボディに塗っていきます。塗る際は優しく塗りましょう。擦ったり、円を描くように塗るのはやめましょう。均一にムラなく塗っていきます。

ワックススポンジの使用方法はこれだけです。とても簡単ですよね。間違った使い方をしていると、ワックスを塗る意味もないので、正しいワックススポンジの使用方法を覚えておきましょう。

おすすめワックススポンジランキング

ワックススポンジにも種類があります。ワックスに付属しているスポンジでもいいのですが、それではワックスの効果を発揮できていないかもしれません。

では、オススメのワックススポンジについてランキングで紹介していきます。

1位 CarAngels ワックスが塗りやすいスポンジ゙  ワックスアプリケーター ソフトワックススポンジ 光沢UPとキズから愛車を守る 12個セット

CarAngels ワックスが塗りやすいスポンジ゙  ワックスアプリケーター ソフトワックススポンジ 光沢UPとキズから愛車を守る 12個セット

外部がソフト糸、内部が高密度スポンジになっているので、しっとりとしたソフトな感触で、ワックスを塗ることができます。

また、ボディに塗っても傷がつきにくく、手のひらサイズなので、均一に塗ることができます。

ワックス塗りだけでなく、洗車用スポンジとしても使用することができます。

2位 ウィルソン(WILLSON) ワックススポンジ 超ソフトワックススポンジ 03082

ウィルソン(WILLSON) ワックススポンジ 超ソフトワックススポンジ 03082

化粧用スポンジにも採用されている、キメ細かいパフ素材を使用しているので、ボディに優しいです。

また、薄くムラなく、ワックスを塗ることができます。

3位 クェルサ(Crusar) お得なまとめ買い ワックスが塗りやすいスポンジ゙  ワックスアプリケーター ソフトワックススポンジ 光沢UPとキズから愛車を守る 【カー用品 車 洗車 ワックス WAX スポンジ】 12個セット [並行輸入品]

クェルサ(Crusar) お得なまとめ買い ワックスが塗りやすいスポンジ゙  ワックスアプリケーター ソフトワックススポンジ 光沢UPとキズから愛車を守る 【カー用品 車 洗車 ワックス WAX スポンジ】 12個セット [並行輸入品]

外部がソフト糸、内部が高密度スポンジの素材になっています。

均一高密度の材質で、スポンジのワックス吸収を大幅に減らしています。

ボディに傷をつけずに塗ることができ、綺麗にワックスを塗れるのでオススメです。

このようにワックススポンジにも種類があります。

車のボディやワックスに合った、ワックススポンジを選ぶようにしましょう。

まとめ

ワックスを塗るのにワックススポンジは欠かせない存在です。ワックススポンジは使い方次第で、ワックスを上手に塗ることができます。また、ワックススポンジを適切なものにして、ワックスを塗ってみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。