デミオのオイル交換時期は?交換費用についても詳しく解説!

2018年04月29日 (更新:2018年05月22日)

デミオのオイル交換時期は?交換費用についても詳しく解説!

labelデミオ labelオイル交換

マツダから製造・販売されているコンパクトカー「デミオ」。デビュー以来、変わらぬ人気を誇っています。今回は、デミオのオイル交換について解説していきます。交換時期から交換費用について、詳しくご説明します!

デミオのオイル交換時期は?

デミオ オイル交換時期
引用元:CARTUNE

エンジンオイルには、エンジンの働きをなだらかにする役割を担っています。

潤滑作用、洗浄作用、衝撃吸収、密封作用など様々な役割を果たすので、エンジンオイルはエンジンにとって欠かせないものとなっています。

オイル交換を怠ってしまうと、汚れや酸化でオイルが劣化し、異音や燃費が悪くなるなどのエンジントラブルが発生する恐れがあるので、定期的にオイル交換を行うようにしましょう。

デミオには、ガソリンモデルとディーゼルモデルがあります。

モデルによってオイル交換時期が異なります。

マツダによると、デミオのガソリンモデルの交換時期は、標準では15,000 km、もしくは1年ごと。

シビアコンディションの場合は、7,500 km、もしくは6か月ごとが理想とされています。

一方、デミオのディーゼルモデルの交換時期は、標準では10,000 km、もしくは1年ごと。

シビアコンディションの場合は、5,000 km、もしくは6か月ごとが理想とされています。

ディーゼル車は、軽油で硫黄成分が含まれているので、ガソリン車よりもオイル交換をこまめに行う必要があります。

また、寒冷地での走行が多い方はエンジンオイルが劣化しやすいので、早めのオイル交換をおすすめします。

デミオのオイル交換費用はどのくらい?

デミオのオイル交換費用は、オイル交換費用とオイルフィルター交換は別途必要となり、カーショップやディーラーによって異なります。

オイル交換時は、店舗にオイル交換費用を確認するようにしましょう。

また、ガソリンモデルのデミオは普通のガソリン車と費用はあまり変わりませんが、ディーゼルモデルのデミオは、ガソリン車よりも頻繁にオイル交換をする必要があるので、費用が高くなります。

ディーゼルモデルに関しては、専用のエンジンオイル「ディーゼルエクストラSKYACTIV-D」を使用する必要があります。

このエンジンオイルは高価なので、他の車と比べてオイル交換費用が高くなります。

デミオのオイル交換時期・交換費用まとめ

デミオのオイル交換時期・交換費用について解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

デミオだけに限らず他の車にも言えることですが、エンジンオイルはエンジンの働きを円滑にする役割を担っており、快適に車を走行させるためになくてはならないものです。

オイル交換をさぼってしまうと、オイルが劣化し燃費の悪化、異音などのエンジントラブルの原因となります。

いつまでも車が健康でいられるようにこまめなオイル交換を行うようにしましょう。

交換時期は、ガソリンモデルとディーゼルモデルとで変わります。

ガソリンモデルの場合は、15,000 km、もしくは1年ごと。(シビアコンディションの場合、

7,500 km、もしくは6か月ごと)

ディーゼルモデルの場合は、10,000 km、もしくは1年ごと。(5,000 km、もしくは6か月ごと)

オイル交換の費用に関しては、ディーラーやカーショップによって異なるので、事前に店舗へ料金確認を行うことをおすすめします。

ディーゼルモデルのデミオは、ディーゼルエンジンの性質上、ガソリンエンジンよりもオイル交換をこまめに行わなければならず、費用がかかってしまうことを頭に入れておきましょう。