ワゴンRのオイル交換を詳しく解説!交換時期・費用について

2018年04月23日 (更新:2019年02月13日)

ワゴンRのオイル交換を詳しく解説!交換時期・費用について

labelワゴンR labelオイル labelエンジンオイル

長年、軽自動車のトップを走り続けてきたスズキのワゴンR。ワゴンRを愛用している方も多いですよね。今回は、ワゴンRのオイル交換(交換時期・費用)についてご紹介していきたいと思います。

ワゴンRのオイル交換の時期(タイミング)は?

エンジンオイルは、エンジンの熱を逃がす冷却作用や、金属の摩擦を減らす潤滑作用、サビを防ぐ防錆作用といった役割を果たします。エンジンにとって必要不可欠なエンジンオイルですが、ワゴンRのオイル交換時期はいつなのでしょうか?

一般的なオイル交換時期の目安として、走行距離が5,000km、もしくは1年とされています。ですが、軽自動車であるワゴンRは、普通車よりも搭載されているエンジンが小さく、速度をキープするために高速で回転させなければいけません。そのため、エンジンオイルの劣化が普通車に比べて早くなる傾向にあります。カーショップやディーラーによれば、ワゴンRのオイル交換時期は、3,000kmを推奨しているようです。

しかし、3,000km超えていない場合でもワゴンRの異変に気付いたときは、交換時期ではなくても一度カーショップやディーラーに点検してもらうようにしましょう。

シビアコンディションの場合は、早めのオイル交換を心がけましょう

ワゴンRの画像
引用元:CARTUNE

ワゴンRのオイル交換時期の目安は3,000kmとお伝えしましたが、車にとって負担のかかるような使い方をしている場合は、この目安よりも早めにオイル交換を行う必要があります。下記に当てはまる方は、こまめにオイル交換を行うようにしましょう。

  • 山道などの上り下りが激しい道の走行が多い
  • 雪道や砂利道、ほこりの多い場所を走行することが多い
  • 1回の走行距離が8km未満で短距離走行が多い
  • 年間走行距離が2万キロ超えている
  • 高地での走行が多い
  • 高速道路での走行が多い
  • ターボ車

上記のような車にとって負担のかかるような使い方のことを「シビアコンディション」と言います。シビアコンディションの場合、オイルだけでなく部品などの劣化を早める可能性があるので、1つでも当てはまる方はオイル交換時期関係なく、こまめに点検することをおすすめします。

ワゴンRのオイル交換費用は?

ワゴンRのオイル交換について気になることと言えば、交換費用ではないでしょうか?ワゴンRは、普通車に比べてこまめにオイル交換をする必要があるため、費用がどのくらいかかるか心配になる方も多いはず。

オイル交換費用は、カーショップやディーラーによって異なりますが、スズキディーラーでのオイル交換の場合、だいたい3,000円程度で行えるようです。ただし、同じ系列のディーラーでも店舗によって料金の変動はあるので、オイル交換をする前に料金確認をしっかり行うようにしましょう。

まとめ

ワゴンRオイル交換の画像

ワゴンRのオイル交換についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ワゴンRは軽自動車なので、普通車よりもエンジンが小さく速度をキープするために高速で回転させなければいけません。そのため、エンジンオイルの劣化が普通車に比べて早くなる傾向があるので、こまめに点検・オイル交換を行うようにしましょう。

また、車にとって負担のかかる使い方(シビアコンディション)の方は、交換時期問わず車の異変に気づいたら、点検をするように心がけてください。エンジンオイルの劣化だけでなく、部品までも劣化を早める可能性があります。

オイル交換費用も、カーショップやディーラーによって変動はありますが、3,000円程度で交換できる店舗が多いようです。手頃にオイル交換も行えるので、ワゴンRを快適に走行できるように日頃からメンテナンスをするようにしましょう。