オートバックスでオイル交換、工賃や料金、持ち込み金額を調査しました

2018年04月23日 (更新:2020年10月09日)

オートバックスでオイル交換、工賃や料金、持ち込み金額を調査しました

labelエンジンオイル labelオイル交換

最新のオートバックスのオイル交換工賃を、編集部が実店舗で徹底調査!工賃や持ち込みオイルの交換可否などを徹底解説します!

オートバックスでオイル交換するメリット

オートバックスでオイル交換するメリットには、次のようなものがあります。

  • 好みのオイルに安価で交換することができる
  • メンテナンス会員になれば工賃が無料になる

好みのオイルに安価で交換することができる

オイル交換しました。

オートバックスの店員さんに相談したら、私のカスタムではこれくらいいれとけ。夏冬関係ないとのこと。メタル痛めるって言葉にびびって素直に従いました笑

オートバックスでのオイル交換の一番のメリットは、やはり「自分で好みのオイルを、安く入れてもらえる」ということです。

店舗で様々なブランドのオイルを選ぶことができるため、余分な費用なしで好みのオイルへ交換が可能。専門スタッフがあなたの愛車に適合するオイルや必要な量などをきちんと把握しているのも嬉しいポイントです。

ディーラーやガソリンスタンドでは持ち込み料金を取られる

ディーラーの場合は純正オイル、ガソリンスタンドではプライベートブランドの商品の取り扱いしかないなど、エンジンオイルをこだわりのブランドや性能で選ぶことはなかなか難しいもの。ディーラーやガソリンスタンドへオイルを持ち込むことは可能ですが、持ち込み料として2,000円程の工賃を取られる場合がほとんどです。

メンテナンス会員になれば工賃が無料になる

オートバックスには会員制度が存在しています

また、入会費1,000円、継続料500円(1年更新)のメンテナンス会員になればポイントも貯まる上、オイル交換をはじめ下記10種類の作業工賃が無料になります。頻繁に走らせていて年数回オイル交換を行うという方であれば断然お得です。

  • エンジンオイル交換基本工賃
  • オイルフィルター交換基本工賃
  • エアフィルター交換基本工賃
  • バッテリー交換基本工賃
  • ワイパー交換基本工賃
  • タイヤパンク修理基本工賃
  • タイヤローテーション基本工賃/年1回まで
  • ワンコインメニュー基本工賃/年1回まで
  • ウォッシャー液 点検・補充
  • タイヤ空気圧 点検・補充

(ワンコインメニューは、スピードガラス撥水、車内除菌消臭、エンジンルーム艶出し、サイドガラス撥水のうちいずれか)

オートバックスでオイル交換するデメリット

オートバックスでオイル交換するデメリットには、次のようなものがあります。しかし、解決策があるためトータルで見ればプラスとなりそうです。

  • オイルを必要な分だけ購入できない(オイルは繰り越し可能なため問題なし)
  • オイル本体の販売価格が若干高い(工賃が安いので最終的にはお得)

オイルを必要な分だけ購入できない

デメリットには、オイルを必要な分だけ購入できないという点が挙げられます。

オートバックスでのオイル販売は、プライベートブランド以外のものは1L~4Lの缶に詰めてあるものがほとんど。愛車が4Lぴったりのオイル量ならいいのですが、少し余ったり、逆に0.5L足りずにもう一缶買い足したりと、無駄が出てしまう可能性は否めません。

オイルを保管しておけば次回入れてもらえる

余った新品のオイルは捨てるしかないように思えますが、ご安心を。

オートバックスでは、以前オートバックスで買ったオイル(レシートを取っておきましょう)なら、次回の交換時に残りのオイルから入れてもらうことが可能です。(事前に最寄り店舗に確認が必要)

頻繁にオイル交換を行う方には嬉しいサービスです。

オイル本体の販売価格が若干高い

もう一つデメリットとして挙げられるのが、店頭で販売しているオイル単価が若干高いこと。

しかし、オートバックスのエンジンオイル交換工賃は550円(税込)と格安であり、メンテナンス会員になれば作業工賃は無料になります。トータルで見ればお得な買い物と言えるでしょう。

オートバックスのオイル交換工賃

サービス内容 目安工賃(税込) 目安時間
エンジンオイル交換 550円~ 15分~
オイルフィルター交換 550円~ 15分~

なお、この作業はメンテナンス会員ならどちらも無料となります。

オートバックスの売れ筋オイル

最近売れ筋のオイルをランキングで見てみましょう。

順位 メーカー オイル商品名 粘度 内容量
1 カストロール マグナテック 0W20 4L
2 カストロール マグナテック 0W20 3L
3 カストロール マグナテック 5W30 3L
4 カストロール EDGE 5W30 3L
5 カストロール GTX UC 5W30 3L

2020年4月現在。参考:オートバックス オイル売れ筋ランキング

2020年4月現在、オートバックスではカストロールが人気のようです。4L缶の購入が多いのは量が多い方がコストを抑えられるからと思われますが、オートバックスならオイルが余っても繰り越せるため安心です。

オートバックス公式HPでは、車種やオイルの粘度・容量から簡単に自分にあったオイルを選ぶことができるので、試してみてください。

オイル適合検索

オイル交換までの流れ

オートバックスでのオイル交換は、Web予約または電話予約が可能です。Web予約なら30分刻みで枠の設定があり、空きがある日時が一週間分表示されます。

このとき、一緒にオイルを購入してしまうことも可能です。

予約さえ済んでしまえば、あとは車をピットに持ち込むだけです。

オイル交換だけなら15分程度の作業で済みますので、事前予約しておけば待たされる心配もないでしょう。予約の少し前に来店して、スタッフと相談しながらオイルを選ぶのも楽しみの一つです。

Web予約サイト、電話番号はこちらです。

オートバックスで納得のいくオイル交換を!

日本最大規模のカー用品チェーン店であるオートバックス。それだけに商品の品揃えはもちろん、ピット作業の実績も豊富で、オイル交換をしてもらうにはうってつけの場所と言えるでしょう。

交換工賃もリーズナブルですし、いままでオイル交換をDIYでやっていた方も、次回のオイル交換はオートバックスで検討してみてはいかがでしょうか。

エンジンオイルは「クルマの血液」というくらい、車にとって重要なもの。エンジン各部の潤滑をはじめ、様々な大切な役目を担っています。トラブルフリーで快適なドライブを楽しむためにも、定期的な交換を心がけたいところですね。

前回の交換から半年以上経っていて走行距離も伸びたとなれば、そろそろオイル交換の時期かもしれません。