トヨタ・プリウス(3代目、30系)を編集部が徹底紹介!スペックから他車比較、カスタム例も!

2018年04月26日 (更新:2018年05月22日)

トヨタ・プリウス(3代目、30系)を編集部が徹底紹介!スペックから他車比較、カスタム例も!

labelプリウス labelエアロ

夢のハイブリット車として1997年に初代がデビューし根強い人気のトヨタ・プリウス。その中でも特に人気の3代目、30系をグレード別のスペックから気になるあのクルマとの比較、カスタム例まで徹底紹介します。

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE

プリウス(3代目、30系)ってどんな車?

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
「ヤッシー」さんのプリウス。

プリウスの3代目、ZVW30型は2009年に登場しました。初代でハイブリッドカーを世界で初めて実用化し、2代目がハイブリッドカーを身近な存在にしたのに続き、2009年4月に施行された「エコカー補助金」の波に乗る形で車両本体価格も引き下げて発売。たった一ヶ月で18万台を売り納車一年待ちというトヨタ史上類を見ないヒット商品となりました。

今では町中でプリウス、そしてハイブリッドカーを見ない日は無いと言っても過言ではないですが、その立役者がこの3代目と言えるでしょう。

新開発のハイブリッドシステム、「リダクション機能付THS-II」を採用し10・15モード燃費は38.0km/L(先代は35.5km/L)を実現しています。

前期、後期

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
こちらは前期型。(「どっかの誰か」さんのプリウス)
プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
こちらは後期型(「まめきち」さんのプリウス)

プリウス(3代目、30系)は2011年12月にマイナーチェンジが行われ、灯火類を中心にデザインに変更が加えられたことから、前期、後期に分けられます。

主な変更点は

  • ヘッドライトのHID化(S,G)
  • ヘッドライトのデザイン
  • フォグランプの位置
  • ポジションライトの形状
  • スポット溶接増しによるボディ剛性アップ
  • ショックアブソーバーの変更

等が挙げられますが、一番目立つ変更点はテールライトのデザインです。

プリウス(3代目、30系)のスペック&グレード別詳解

プリウス(3代目、30系)にはL、S、Gの3グレードに加え、走行性能を向上させた「ツーリングセレクション」の設定があります。後に追加されたスポーツ仕様「G SPORTS (G's)」も含め、そのスペック、装備の違いをご紹介します。

プリウス30系:Lグレード

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
「うっちー!」さんの前期型「L」

ハロゲン式ヘッドライトやオーディオ、リモコンキーといった基本装備に加え、他グレードではオプションとなるフロアアンダーカバーの標準装備や一部吸音材、シートリフター等の省略による軽量化がなされた燃費重視のグレードです。

プリウス30系:Sグレード

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
「こうき」さんの後期型「S」

大型のコンソールボックスやシートリフター、キーを持っていればドアノブに触れるだけで解錠が可能なスマートエントリーシステムといった快適装備を充実させた「売れ筋」モデルです。

タイヤサイズもLよりワンランク幅広の195/65 R15へと変更され乗り心地が向上しています。

プリウス30系:Gグレード

プリウス30系の画像
引用元:TOYOTA Global Newsroom (https://newsroom.toyota.co.jp/jp/prius20th/gallery/)

Sをベースに本革巻きステアリング、ファブリックシートなど内装の質感を向上させつつ、クルーズコントロールシステムを標準装備した上級グレードです。

2011年のマイナーチェンジではさらに電動パワーシートや雨粒を感知して動作するオートワイパーが加えられ差別化が図られています。

ツーリングセレクション

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
「ゆーすけ」さんの「S ツーリングセレクション」

S、Gそれぞれに追加設定されたグレードで、「ツーリング」と銘打つとおり走行性能を向上させています。

具体的にはフロアアンダーカバー、リアバンパースポイラーの標準装備で空力性能を高め、足回りでは215/45 R17の扁平タイヤにアルミホイールを組み合わせたほか、サスペンションに専用チューニングを施しています。

また、ヘッドライトにはLEDが採用されています。

G SPORTS (G's)

プリウス30系の画像
引用元:CARTUNE
「とにー」さんの「G's」

2011年に追加されたスポーツグレードで、「S ツーリングセレクション」をベースにスポット溶接増しや補強プレートの追加などでボディ剛性も高められ、プリウスとしては初の設定となるスポーツタイヤ(DUNLOP DIREZZA DZ101)とKYB製の強化サスペンションの組み合わせで操る楽しさを向上させています。

内外装に大きく手が加えられ、専用デザインのフロント・リアバンパーにLEDヘッドライト、スポーティなレッドステッチ入り本革巻きステアリング、専用スポーツシートやカーボン装飾、アルミ製ペダルが奢られています。

プリウス(3代目、30系)とプリウスα、姉妹車対決!

プリウスαの画像
引用元:CARTUNE
「kazuki.o」さんのプリウスα

プリウス(3代目、30系)デビューの2年後、姉妹車として登場したのがプリウスαです。

この2台を比較してみました。

プリウス vs. プリウスα~エクステリア編~

まず大きく異なるのがボディ形状です。5ドアハッチバックのプリウスに対し、プリウスαはドア数は同じながらもステーションワゴン(5人乗り)やミニバン(7人乗り)の形状をしています。

どちらも3ナンバーサイズとはなっていますがプリウスαではホイールベースは80mm延長され左右トレッドも拡大されています。

また、ホイールのPCDが変更になっており(100→114.3)ホイール選びには注意が必要です。

プリウス vs. プリウスα~インテリア編~

両車とも同一のエンジン、ハイブリッドシステム、足回りを採用していますが、車両重量増加に伴い、プリウスαではギア比の変更や冷却系統の強化がされています。

またどちらも5名乗車が可能ですがプリウスαにはさらに7名乗車タイプの設定もあります。なお搭載する電池の種類を変更することで重量増は10kgにとどまっています。

プリウス vs. プリウスα~燃費編~

両車ハイブリッドカーということでやはり気になるのは燃費。

同じJC08モードで比較すると、プリウス(L)で32.6km/Lに対しプリウスα(S)では26.2km/L。 重量増やボディ形状の変更で燃費的に不利な条件ということを考えればプリウスαも健闘しているといえます。

なお、最新型の4代目プリウス(E)では燃費はなんと40.8km/Lにまで向上しています。

プリウス(3代目、30系)のカスタム例紹介

CARTUNEには、たくさんのカスタム・ドレスアップされたプリウスが投稿されています。

そのなかから編集部チョイスのカスタム例を紹介します!

レクサス風!?プリウス

プリウス30系のカスタム
引用元:CARTUNE

「慎ちゃん」さんのプリウスは平成27年式のSグレード。

レクサスを思わせるスピンドルグリルは「AIMGAIN」のもの。まるで別車種のような存在感です。

オーバーフェンダー装着!エコに見えないプリウス

プリウス30系のカスタム
引用元:CARTUNE

「FPプリ30 シルバー」さんのプリウス。レーシーなオーバーフェンダーを装着し、巨大なGTウイングまで装着した過激派カスタムです。

メタリックなボディカラーが主張する大人のプリウス

プリウス30系のカスタム
引用元:CARTUNE

「OKAPRI」さん所有のプリウスは三菱・アイに設定されている「ジンジャーブラウンメタリック」に全塗装され、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。

強烈な個性!KRCエアロ装着プリウス

プリウス30系のカスタム
引用元:CARTUNE

インパクトのあるフロントフェイスが目を引くのは「えるぷり」さんのプリウス G's。「KRC」のエアロキットによるカスタムです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。プリウスはエコカーとしての魅力はもちろん、その高い人気により多数のカスタムパーツがリリースされているところも多くのクルマ好きを引き寄せるポイントでしょう。

実際、スーパーGT300クラス等でレースに参戦しているので、ドレスアップだけでなく走りのカスタムも全く違和感を感じさせません。

30系プリウスの可能性は無限大です。あなたもCARTUNEに自慢のカスタムマシンを投稿してみてくださいね!

関連するカスタム解説記事一覧

新着のカスタム記事

すべての新着記事から探す >>