ブッシュ?強化ブッシュ?足回りを支える、強化ブッシュについて徹底解説!

2018年03月16日 (更新:2018年05月23日)

ブッシュ?強化ブッシュ?足回りを支える、強化ブッシュについて徹底解説!

足回りのブッシュ類は走りのしなやかさを支えています。サーキットでのスポーツ走行などではそれらのブッシュ類に大きな衝撃がかかることとなります。そんな大きな衝撃にも耐えられる、強化ブッシュについて今回は徹底解説します!

強化ブッシュってなに?

ブッシュ/強化ブッシュとは

ゴムブッシュとは車の足回りなどの金属部品同士をつなげるゴム製部品のことを指し、人間の体に例えるならば、骨(金属部品)をつなぐ軟骨(ゴムブッシュ)であると言えます。ゴムがよじれたり潰れたりして走行中の上下の振動を吸収することで、しなやかな車の挙動を可能にしています。

強化ブッシュとは、そのゴム部分の硬さを固くしたものを言います。シビアなコントロールをする競技車などでは、ダイレクトなドライビングを実現するために、強化ブッシュに交換するといったチューニングをしているものも少なくありません。

引用元:CARTUNE
左:ノーマルブッシュ 右:強化ブッシュ

ブッシュ管理には要注意!

ゴムブッシュは車の重量や振動などの負担を受け続けているため、劣化が常に起こっています。これは人間にも言えることですが、ゴムブッシュ(軟骨)が劣化してくると足回りの動作(骨の動作)に大きな悪影響を及ぼします。ブッシュの劣化には様々な段階がありますが、ブッシュのゴム部分がちぎれてしまいそうな状態になる前に交換することをお勧めします。また、車が走行していなくてもゴムの素材上の特性で劣化は進むため、年月の経過に応じて、定期的に交換すると良いでしょう。

強化ブッシュのメリット・デメリット

メリット

ノーマルゴムブッシュでは、ゴム部分が柔らかく強度が弱いため、スポーツ走行などでの激しいドライビングに耐えられません。その点、強化ブッシュのメリットとしてはゴムの部分が固い素材になっているため、強い衝撃にも耐えられる仕様になっています。強化ブッシュの最大のメリットとしては、自分の思い通りに車をコントロールをすることができるダイレクトな足回り環境を作ることができるという点でしょう。

デメリット

強化ブッシュのデメリットは、振動を吸収するゴムの部分が硬化されているため、振動が吸収されなくなるという点でしょう。また、サーキットでは路面が綺麗に舗装されているので良いのですが、街乗りでの段差などの振動の影響で、フレームへの衝撃が伝わってしまう恐れがあります。スポーツ走行を目的としない、安易に強化ブッシュに交換することは避けたほうが良いでしょう。

CARTUNEユーザーの強化ブッシュカスタム例紹介

大二郎さんの日産 シルビア S14 Ksカスタム例

引用元:CARTUNE
左:新 右:旧

大二郎さんの日産 シルビア S14 Ksはメンバーブッシュをニスモの強化ブッシュに交換しました。古い方のブッシュはかなりの劣化がみられます。大二郎さんはドリフトをされているようで、かなりブッシュにも負担が掛かっていたものと思われます。このように、スポーツ走行を行っている車体のブッシュは激しく劣化している傾向にあります。スポーツ走行をメインにしている方は特に注意が必要です。

まーじさんのホンダ シビックタイプR FD2 カスタム例

引用元:CARTUNE
ブッシュの打ち替え作業
引用元:CARTUNE
新しい強化ブッシュ

まーじさんのホンダ シビックタイプR FD2はミッションのオーバーホールのついでに、足回りのブッシュ類も強化品に交換しています。ブッシュの打ち替えにはこのような専用の圧入機が必要となります。写真のように綺麗に新しい強化ブッシュに交換することができました。

まるさんの スバル BRZ RA Racing カスタム例

引用元:CARTUNE
ワンメイク指定部品使用
引用元:CARTUNE
足回りを強化ブッシュへ

まるさんの スバル BRZ RA Racingは86・BRZのワンメイクレース参戦車輌を製作しています。レギュレーションに適合した強化ブッシュへと交換しています。まるさんが「ブッシュの交換は地味で手間のかかる分効果が大きい」とおっしゃっております通り、強化ブッシュ交換はスポーツ走行においては効果絶大です。

おわりに

いかがだったでしょうか。足周りの軟骨に当たるブッシュ類は走行フィーリングを司っています。ブッシュの打ち替え作業は大掛かりな作業となることが多いためお手軽とは言えませんが、走行距離の多い方やスポーツ走行の控えている方はぜひ新品のノーマルブッシュや強化ブッシュに交換してみてはいかがでしょうか?