モータースポーツ好きには堪らない!!憧れのステアリングチルトアップやクイックリリースを徹底解説!

2018年03月02日 (更新:2018年05月23日)

モータースポーツ好きには堪らない!!憧れのステアリングチルトアップやクイックリリースを徹底解説!

labelステアリング

モータースポーツ好きの皆さんならお馴染みの、ステアリングチルトアップやクイックリリース。いつか自分の車に付けてみたいと思っていた方も少なくないのではないでしょうか?今回はそんなステアリングチルトアップやクイックリリースのメリットデメリットの解説と、CARTUNEユーザーのカスタム例紹介。

ステアリングチルトアップやクイックリリースってナニ?

ステアリングチルトアップやクイックリリースは、モータースポーツが発祥です。バケットシートが装着されているレーシングカーでドライバー交代をする際、狭いコックピットで素早く乗り降りをするために開発されました。最近ではモータースポーツの影響もあってか、街中のスポーツカーでも見かけるようになってきました。

ステアリングチルトアップやクイックリリースのメリットとデメリット

メリット

バケットシートやスポーツタイプシートは、ドライビング中のホールド感が高い一方で乗り降りがしにくくなっています。バケットシートやスポーツタイプシートを装着している車では、ステアリングをチルトアップやクイックリリースをすることでスムーズな乗り降りが可能となります。またクイックリリースでは、盗難対策のキーロックができるタイプもあるので、一粒で二度おいしいカスタムといえるでしょう。

デメリット

ステアリングチルトアップやクイックリリースを装着することで、その機構分ステアリングが自分側に押し出されるという点です。シートポジションをもう一度考え直さなければならなくなってしまったり、場合によってはステアリングを変える必要が出てきたりしてしまう可能性があります。

CARTUNEユーザーのカスタム例紹介

朋さんのトヨタ86前期のカスタム例

引用元:CARTUNE

朋さんのトヨタ86前期はワークスベルのチルトアップボスを装着しています。専用のショートボスも装着しており、ハンドルが手前に近づく距離も最小限のものとなっています。まさにレーシングカーで良く見かける光景が自分の愛車でも実現されている一例と言えます。

TA93さんの三菱ギャランフォルティス CY3Aのカスタム例

引用元:CARTUNE

TA93さんはステアリングのチルトアップに憧れて導入しました。チルトアップの装置を装着した分、ステアリングが純正状態より手前に来てしまったようです。TA93さんは現在のステアリングポジションが合っていますが、もし合わない方はショートボスを装着することをお勧めします。

のりさんの日産シルビアS15カスタム例

引用元:CARTUNE
引用元:CARTUNE

のりさんはバケットシート導入に向けて、クイックリリースを装着しました。以前使っていたステアリングボスをそのまま利用して、今回はクイックリリース化しました。のりさんはバケットシートを装着してから、ショートボスを導入するか考えるようです。ショートボスが必要かどうかは、実際に取り付けてからでないとわからないことが多いので、このようなユーザーも多い様です。

おわりに

クイックリリースやチルトアップ化はモータースポーツ好きには堪らないカスタムと言えるでしょう。見た目だけでなく、機能面でも乗り降りはし易くなる上に、クイックリリースは盗難対策もできるモデルがあります。みなさんも愛車に憧れのチルトアップ化やクイックリリース化をしてみてはいかがでしょうか?