ピレリのP ZEROシリーズの完全解説と選び方を紹介!

2022年11月23日

ピレリのP ZEROシリーズの完全解説と選び方を紹介!

labelタイヤ

ピレリのハイパフォーマンスタイヤと言えばP ZEROシリーズ。この記事ではP ZEROシリーズ全6アイテムを解説。タイヤ選びの参考にご覧ください!

P ZEROはピレリのハイパフォーマンスタイヤ

駝鳥さんの997の画像
駝鳥さんの997の画像
引用元:駝鳥さんの投稿

ピレリではタイヤのコンセプト別にブランドを展開しており、それぞれのブランドでタイヤの特徴が異なります。ピレリのサマータイヤのブランドは次の4ブランドになります。

  • P ZERO:ハイパフォーマンスモデル
  • CINTURATO:エコモデル
  • SCORPION:SUV/クロスオーバー専用
  • POWERGY:新世代エコタイヤ

上記の4ブランドの中でP ZEROは、モータースポーツから得られた技術を投入したピレリ独自の超高性能なタイヤシリーズです。その中でもP ZERO Corsa は、一般道路とサーキットの両方においてモータースポーツ技術の一番良いものを提供したタイヤで、あらゆる路面において極上のハンドリングと最高レベルの制動力、そしてトラクションを可能にします。

それでは、P ZEROシリーズ全6製品を見ていきましょう!

P ZERO (PZ4)

P ZERO (PZ4)

P ZERO (PZ4) はピレリのフラッグシップモデルとなるタイヤです。F1などにも提供されるP ZEROは様々な高級車にも純正採用され、惜しみなく注ぎ込まれた技術力とブランド力で消耗品のタイヤながら所有欲さえも満たしてくれるブランドタイヤです。

トレッドパターンは、従来モデルよりさらに深く幅広にした溝を増やし、排水性能を向上。横方向の耐ハイドロプレーニング性能を高められており、ウェットコンディションでのブレーキングをさらに安定させています。

またP ZERO (PZ4)は2016年に提供開始となっておりP ZEROの新型モデルとなります。

ドライ性能 ★★★★★
ウェット性能 ★★★★★
スポーツ性能 ★★★★☆
コンフォート性能 ★★★☆☆
寿命 ★★★★☆

ユーザーレビュー

GAKUのサムネイル
GAKU

ミシュラン PSSよりピレリPZ4の方が若干細く見えるのは、どうも角が丸いせいみたいです。とりあえず高速走ったけど、結構静かです。👍🏻

P ZERO

P ZERO

F1でもおなじみのピレリP ZEROです。ドライ・ウェット両方の路面で強力なグリップを発揮できるので、走る、止まる、全てにおいて最高性能を感じることができるでしょう。

ヨーロッパで主に使用されているピレリタイヤは、高級車に多く採用されております。数々の車の純正タイヤとして選ばれるほどに、性能レベルが高いものとなっています。

また非対称のトレッドパターンにより、確かな制動を発揮することができ、ハンドリングとコントロールの性能を向上させることができました。耐ハイドロプレーニング性能は高い排水性能によって、ウェット路面でも安心してアクセルを踏むことができます。

ドライ性能 ★★★★☆
ウェット性能 ★★★★☆
スポーツ性能 ★★★★☆
コンフォート性能 ★★★☆☆
寿命 ★★★☆☆

ユーザーレビュー

あいおうのサムネイル
あいおう

特に硬いという感じもなくしなやか。 高速で心配されたピレリノイズも感じず、 ロードノイズはうるさくはない。 走行距離はまだ500キロ程度。 寿命がどうかはまだ分からないが、 POTENZA 相当まで走れることを期待。 タイヤのリムガードが出ていないので外観は大人しい。

P ZERO CORSA (PZC4)

P ZERO CORSA (PZC4)

スーパーカーに装着された伝説のP ZEROから始まったストリートスポーツタイヤの長い歴史を誇るピレリ。F1のワンメイクタイヤとしても良く知られています。

ピレリのハイパフォーマンスタイヤはPゼロシリーズとなりますが、その中でも最高の走行パフォーマンスを誇るのがPゼロ CORSAです。

トレッドパターンはPゼロらしいイン側とアウト側での機能をわけたもの。イン側はデュアルコンパウンドとストレートグルーブによりドライとウェット両方でのグリップ性能を両立しています。

アウト側は大きなトレッドブロックとし、高速コーナリング時にもブロックの変形を抑えてトラクション能力を高められています。タイヤサイズは20インチを中心に19インチと21インチ径をラインナップ。タイヤ幅は最大355までを揃えるなど、サイズバリエーションからもスーパースポーツに最適です。

ドライ性能 ★★★★★
ウェット性能 ★★★★★
スポーツ性能 ★★★★☆
コンフォート性能 ★★★☆☆
寿命 ★★★☆☆

P ZERO CORSA SYSTEM

P ZERO CORSA SYSTEM

P ZEROコルサシステムは、ピレリが販売するタイヤの中では最高峰のスポーツタイヤです。ピレリと各スーパーカーのメーカーと共同で一般道路とレース場での使用を目的として開発されました。

P ZERO CORSA SYSTEM のコンセプトは方向性をもたせたトレッドパターンになっており高いパフォーマンスだけでなく、 スタイリングも向上させることにあります。

方向性のあるトレッドパターン(フロント)には、接触面からの水を跳ね返す縦溝を組み入れられ、より美しいトレッドパターンも形成させています。また非対称の設計 (リア用) は広い接地面を確保させより高い剛性のおかげで、スムーズなハンドリングを実現しています。

ドライ性能 ★★★★★
ウェット性能 ★★★★☆
スポーツ性能 ★★★★★
コンフォート性能 ★★★☆☆
寿命 ★★☆☆☆

P ZERO NERO GT

P ZERO NERO GT

中型から大型のセダン向けに開発されたタイヤで、グリップ力や静粛性などすべての性能において、平均以上となっており、コンフォートタイヤの優等生と言えるタイヤです。

「P ZERO NERO GT」はコンフォートタイヤでありながら、スポーティーな走行性能を目指して開発されたタイヤで、材料とトレッドデザインを最適化することで、ドライ路面だけでなくウェット路面でも快適かつスポーティーな走りを実現しています。

従来の製品と比べて走行安定性も向上しているため、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。

ドライ性能 ★★★★☆
ウェット性能 ★★★★☆
スポーツ性能 ★★★☆☆
コンフォート性能 ★★★☆☆
寿命 ★★★★☆
こうろきのサムネイル
こうろき

純正装着のPIRELLI P-ZERO ROSSOが、かなり減った(ワイヤー出てた・・)ので、交換です。 P-ZERO NERO GTを装着 ROSSOより、少しグリップが落ちる分寿命も少し長いとのことです。 確かに、少しグリップは落ちてるかなぁ~、という感じです。 ちなみに、P-ZERO ROSSOの方は、イエローハットやオートバックスでは1本5万したので、ネットでNERO GTを4本送料込み5万3千円で買いました。

P ZERO ROSSO

P ZERO ROSSO

P ZERO ROSSOは、中型から大型のスポーツカーに最適化されたタイヤで大排気量のエンジン等の重量でも受け止め、最適なトラクションコントロールが行えます。

また様々な電子的トラクションコントロールシステムにマッチするよう設計されており、P ZEROシリーズ中ではオールラウンドの性能を持つタイヤとなっています。

ドライ性能 ★★★★☆
ウェット性能 ★★★★☆
スポーツ性能 ★★★★☆
コンフォート性能 ★★★★☆
寿命 ★★★☆☆

タイプ別のおすすめと価格

ima-takuさんのフーガKY51タイヤの画像
ima-takuさんのフーガKY51タイヤの画像
引用元:ima-takuさんの投稿

ピレリのP ZEROについて各タイヤを見てきましたが、タイヤ選びは迷ってしまいます。そこで最後にドライバータイプ別おすすめと価格を掲載しましたので、ご自分にあったタイヤ選びの参考にご覧ください!

価格 ドライバータイプ
P ZERO (PZ4) 29,000円 オールラウンド性能重視
P ZERO 27,000円 オールラウンド&コスパ能重視
P ZERO CORSA (PZC4) 22,000円 走行性能より重視派
P ZERO CORSA SYSTEM 40,000円 最高走行性能重視派
P ZERO NERO GT 22,000円 P ZEROコスパ重視派
P ZERO ROSSO 30,000円 オールラウンド性能重視、大型車オーナー

※サイズは255/35R19基準で独自調査価格となります