公道走行可能!ほぼレーシングカーなのに公道を走れる車たち | CARTUNEマガジン
公道走行可能!ほぼレーシングカーなのに公道を走れる車たち

2020年05月09日

公道走行可能!ほぼレーシングカーなのに公道を走れる車たち

label車雑学

公道をレーシングカーで走る、そんな不可能を可能にする車が世界にはあります。今回は、公道走行が可能なレーシングカーフォルムの車をご紹介します!

Schuppan Porsche 962C

この投稿の詳細を見る

かつてのグループCレーシングカーそのもののフォルムであるこのマシンは、ポルシェのワークスドライバーであるバーンシュパンによって製作されたロードゴーイングカー。

600馬力を発揮するポルシェのレーシングエンジンを搭載しており、最高速度は370km/hとも言われています。

BAC MONO

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

BAC MONOは、イギリスのBAC社が製造するひとり乗りのマシン。305馬力のフォード製NAエンジンと540kgの車重という驚異的な車体性能によって、0-100km/h加速は2.7秒を記録。

あのブガッティヴェイロンにも匹敵するパワーウェイトレシオを持ち、世界中のサーキットの記録を塗り替えています。

dallara stradale

この投稿の詳細を見る

ダーララ ストラダーレは、レーシングカーメーカーであるダラーラが製造するマシン。400馬力のツインターボ2.3L直4エンジンを搭載し、ボディやシャシーにカーボンを使用することで車重は855kgを実現。

レーシングカー同等の空力性能もあいまって、強烈なコーナリングを可能としています。

Radical

ラディカルSR4

この投稿の詳細を見る

こちらはラディカルRXC

この投稿の詳細を見る

ラディカルは、イギリスのレーシングカーメーカーであるラディカルスポーツカーズ社が製造するマシン。

スズキやカワサキのバイク用エンジンを搭載しており、出力は190馬力ほど。しかし、490kgという軽量な車体によって超スパルタンな乗り心地を味わうことができます。

Ariel Atom

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

アリエル アトムは、イギリスのアリエルモーターカンパニーが製造するマシン。250~300馬力にチューンされたホンダ製i-VTECエンジンを搭載しており、車重は600kgほど。

現在、フォーミュラマシンのように前後のタイヤがむき出しになっている市販車はほぼ無く、貴重な存在となっています。

KTM X-BOW

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

この投稿の詳細を見る

オーストリアのバイクメーカーであるKTM社が作った車がX-BOW(クロスボウ)。

ダラーラやアウディの協力を得て設計され、エンジンはフォルクスワーゲン製の240馬力。ロボットような見た目ですが、レーシングスペックのカーボンシャシーや優れた空力性能を持ち合わせています。

公道でレーシングカーは夢じゃない!

この投稿の詳細を見る

いかがでしたでしょうか?レーシングマシンと同等のスペックを持つクルマを公道ではしらせることができるなんて、まさに夢のようです。

CARTUNEには、様々なクルマの投稿が360万件以上!憧れの車の維持費や燃費、ちょっとした小ネタなどを探してみませんか?

▶︎CARTUNEでみんなの愛車情報を見る

新着記事

もっと見る >>

おすすめ記事