コペン用マフラーおススメ5選を紹介!

2019年07月29日 (更新:2021年01月12日)

コペン用マフラーおススメ5選を紹介!

labelコペン labelマフラー

今回は、軽自動車の中でも一際目を引くスポーツオープンカーとして人気の「ダイハツ・コペン」向けのマフラーをご紹介します。重低音を奏でる「音重視」か、エンジンスペックを向上させる「性能重視」、そして「見た目重視」で選ぶのか、マフラー選びは非常に重要、それでいて楽しいものです。当編集部は、コペンに似合う「見た目」「性能」「音」と3拍子すべてが揃っているマフラーを厳選してご紹介します。

コペンのマフラーを選ぶうえでの注意点

今回ご紹介するマフラーには「適合車種」を記載しています。コペンの形式は主に「L800K(初代)」もしくは「LA400K(2代目)」に分かれていますが、購入前には必ず適合車種や形式をよくご確認ください。

また、適合車種が合致していたとしても、社外のエアロパーツやカスタム等によってはマフラーを取り付けられない可能性もあるので要注意。

マフラーのスペックには「騒音基準」というものがありますが、これはマフラーを造る会社が独自で検査した数値であり、装着するコペンの性能もしくはお住まいの環境下では数値が異なる場合もあるので、こちらに関しても注意が必要です。

コペン用マフラーおススメ5選!

FUJITSUBO マフラー【 オーソライズ K 】ダイハツ L880K コペン

藤壺(ふじつぼ)マフラーは、日本生まれの老舗マフラーメーカーとして有名です。

厳選された素材と長き歴史で培った技術、そして現在でも多くの愛用者がいるほどの絶大な信頼と実績があります。

この「オーソライズK」は、軽自動車向けに排気効率やエンジンレスポンスを向上させつつ、排気量規制や騒音規制もクリアした実用性抜群のマフラーです。錆びにくい丈夫さと低音サウンドがよく響きやすいステンレス製が特徴です。

FUJITSUBO マフラー【 オーソライズ K 】:ユーザーレビューページ

HKS マフラー リーガマックスプレミアム ダイハツ コペン LA400K

引用元:https://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/15752

「HKS(エッチ・ケー・エス)」は、静岡に本社を置くチューニングブランドです。

幅広い取り扱い車種とマフラー・サスペンション・エンジンパーツ・エアロパーツなどのラインナップ数は、他社にも引けを取らない豊富さです。

この「リーガマックス・プレミアム」は、テールパイプのデザインと排気音にこだわり開発されたシリーズです。コペンのリアデザインをより引き締めるにはぴったりのアイテムです。

HKS マフラー リーガマックスプレミアム:ユーザーレビューページ

HKS マフラー リーガマックス ダイハツ コペン L880K

引用元:https://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/11805

真ん中2本出しのL880K型コペンには、同じHKSから販売している「リーガマックス」がおすすめです。

HKSの新たなマフラーブランドとして誕生したこのモデルは「性能」「デザイン」「静粛性」の3つに重きを置いてマフラーを開発。

見た目のインパクトとコペンのエンジン性能を存分に引き出す中で、消音材として能力を発揮する高級な「グラスウール」を使用し、厳しい騒音規制にもクリアしました。

HKS マフラー リーガマックス:ユーザーレビューページ

柿本改 ( KAKIMOTO ) マフラー【 GT box 06&S 】ダイハツ コペン LA400K

引用元:https://www.kakimotoracing.co.jp/products/detail_product.cgi?rid=447

柿本改(かきもとレーシング)もまた、マフラーやエキゾーストなどエンジンパーツを中心に開発・販売する有名メーカーです。

「GT box 06&S」シリーズは国が定める排気量規制や騒音規制を取り仕切るJASMA(日本自動車スポーツマフラー協会)公認マフラーという、いわば「お墨付き」の優れた商品です。

マフラーの性能はもちろん、中速域からの加速しやすさとエンジンのレスポンスを追求し、無駄な部分をそぎ落として軽量化にも貢献しています。

柿本改 ( KAKIMOTO ) マフラー【 GT box 06&S 】 & R:ユーザーレビューページ

BLITZ(ブリッツ) NUR-SPEC VSR(ニュルスペックVSR) マフラー コペン L880K

引用元:https://www.blitz.co.jp/products/exsystem/exhaust_reference.html?exhaust=&maker=9

BLITZ(ブリッツ)はHKSと同じく、様々な車種に向けてエンジン・足回り・エアロパーツ等のチューニングを施してくれるメーカーです。

そんなブリッツのマフラーシリーズがこの「NUR-SPEC VSR(ニュルスペックVSR) 」です。マフラー全体には鏡面仕上げのステンレス構造により、見た目にもしっかりこだわっています。

そしてテール部分にはよりスポーティーでアクセントになるチタン風の焼き付けが施されています。

BLITZ(ブリッツ) NUR-SPEC VSR(ニュルスペックVSR):ユーザーレビューページ

まとめ

コペン用カスタムマフラーをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?国産車では唯一の「軽自動車のオープンスポーツクーペ」として人気が高いコペンは、その交換マフラーの数もかなりのもの。

今回ご紹介したもの以外にも、魅力的なマフラーは数多く存在します。ぜひ一度、チェックしてみてはいかがでしょうか?

▶コペンの最新の投稿を見る