180系 クラウンアスリート 純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

2019年07月03日

180系 クラウンアスリート 純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

labelクラウン

18クラウンアスリートの純正タイヤサイズ、「225/45R18」サイズにオススメのタイヤ10選をご紹介!タイヤ選びでお悩みの方必見です!

180系クラウンアスリートの純正タイヤサイズ

180系クラウンアスリートの純正タイヤサイズは、前期・後期ともに225/45R18となっています。

225/45R18を装着しているグレード

  • アスリート
  • アスリート i-Four
  • アスリート Gパッケージ
  • アスリート i-Four Gパッケージ
  • アスリート プレミアムエディション
  • アスリート i-Four プレミアムエディション
  • アスリート 60th スペシャルエディション
  • アスリート i-Four 60th スペシャルエディション

225/45R18サイズの180系クラウンアスリートにおすすめタイヤ10選!

低燃費(エコ)タイヤ

ブリヂストン NEXTRY

ブリヂストン「NEXTRY(ネクストリー)は、スタンダードな低燃費タイヤという位置付けのモデルです。ラベリング制度では全サイズにおいて「転がり抵抗係数」が「A」、ウェットグリップ性能は「c」を実現しました。

ブリヂストン独自の技術であるナノプロテックを採用し、発熱によるエネルギーロスを抑制しています。これにより基本性能を犠牲にすることなく転がり抵抗を減らしています。この技術はメインテクノロジーとして同社の高性能低燃費タイヤにも採用されています。

価格は約¥13,000となっています。

ダンロップ enasave EC204

ダンロップのスタンダード低燃費タイヤ「エナセーブEC203」の後継して登場したこちらの「エナセーブEC204」は、前モデル比耐偏摩耗性能16%耐摩耗性能4%の向上を謳い長持ちさせることに力を注いで開発された低燃費タイヤです。

ラベリング制度では転がり抵抗係数「AA」、ウェットグリップ性能「c」を実現しています。ターゲットカテゴリーが広く、多彩なサイズラインナップも特徴の1つとなっています。

価格は約¥19,000〜となっています。

ファルケン ZIEX ZE 914F

この「ZIEX ZE914F」は、コンフォート低燃費タイヤである「ZIEX ZE914」からウェット性能を向上させた進化モデルです。さらに前モデルの「ZIEX ZE912」が2014年8月に低燃費タイヤ化を果たしてからわずか1年半で更なる進化を遂げたことになります。

低燃費性能を維持したままウェットブレーキ性能を9%向上し、ラベリング制度のウェットブレーキ性能は「c」から「a」にアップが15サイズ、「b」へアップしたのが44サイズで全59サイズが展開されています。

価格は約¥13,000となっています。

コンフォートタイヤ

TOYO proxes C1S

トーヨー「proxes C1S(プロクセス シーワンエス)」は、トーヨーのハイパフォーマンスブランド「proxes」なポジショニングされるモデルで、大型のセダンやハイパワー車をターゲットに、高速安定性を重視し、さらに乗り心地も兼ね備えたタイヤになっています。

また、エコ性能も捨てていないのがポイントで、従来品の「proxes CT01」比10%の転がり抵抗低減に成功しました。

価格は約¥16,000となっています。

ピレリ cinturato P7

このピレリ「cinturato P7」は、メーカーのエコタイヤシリーズ「cinturato」の中でプレミアムコンフォートにポジショニングされ、実質「P7」の後継モデルを謳うモデルです。左右非対称パターンやスポーツタイヤ「P ZERO」から継承する4本溝の採用などを採用し、従来品より転がり抵抗、静寂性、燃費性能、運動性能などをとトータル的にアップさせているといえます。

価格は約¥20,000となっています。

ナンカン NS-20

ナンカンの次世代スポーツタイヤとして登場した「NS-20」で、スポーツ性能にプラスして快適性も兼ね備えるのが特徴のモデルです。イメージとしては同メーカーのスポーツタイヤ、「NS-2」にコンフォート性をプラスしたもので、バランスの良さに長けているといえます。スポーティーセダンやスポーティーコンパクトなどをターゲットにし、新たな可能性を打ち出すタイヤを謳っています。

価格は約¥9,000となっています。

ブリヂストン REGNO GR-XⅡ

ブリヂストンのプレミアムコンフォート「REGNO GR-XⅠ」が進化、極上のコンフォート性能にさらに磨きがかかり「GR-XⅡ」が誕生しました。プレミアムコンフォートとしての役割を担いながら低燃費タイヤとしても対応し、ラベリング制度での転がり抵抗係数は「AA(一部A)」ウェットグリップ性能「b」を実現しています。

静寂性や乗り心地はもちろんのこと、ドライビング安定性も追求し、トータル性能を備えるタイヤといえます。

価格は約¥29,000〜となっています。

スポーツタイヤ

ミシュラン pilot sport 4

「pilot sport 3」の後継モデルとして登場したのがこの「pilot sport 4」です。モータースポーツで培った技術をフィードバックし、ドライ・ウェットでの性能の向上と高いハンドリング、高速安定性を実現しています。

特に、この「pilot sport 4」はEVのフォーミュラレースである「フォーミュラE」への参戦で磨かれた技術を応用したモデルです。

価格は約¥20,000となっています。

ATR sport 2

前モデルでもスポーツユースで人気を誇った「ATR sport」の後継モデルであり進化版がこの「ATR sport 2」です。従来品の特徴でもあったそのドライグリップの高さを大幅に進化させ、その他直進安定性や乗り心地、静寂性などトータル的に性能アップが図られたモデルでから、前モデルを超える人気が出るのではないでしょうか。圧倒的なコストパフォーマンスの高さも嬉しいポイントですね!

価格は約¥7,000となっています。

ダンロップ direzza dz102

ダンロップのスポーツタイヤブランド、「デレッツァ」の中でコンフォート性をプラスしたスポーツタイヤというポジションを担っていた「DIREZZA dz101」の後継であり進化モデルです。ストリートでの走行性能に重点を置いて開発されたこのタイヤは、静寂性も備えるスポーツタイヤです。

また、ブレーキング性能の向上にも力を入れていて、前モデル比でドライブレーキング性能は3%、ウェットブレーキ性能を5%を向上しています。

価格は約¥18,000となっています。

タイヤサイズはどこに書いてある?

今回ご紹介した180系クラウンアスリートの純正タイヤサイズが一体タイヤのどこに表記されているのか、それはタイヤの側面、メーカーやタイヤ名などが表記されている場所に同じく表記されています。

社外ホイールに交換されている場合は、純正サイズと異なるタイヤが装着されている場合があります。そんな時は、運転席ドアにもタイヤサイズの記載がありますのでそちらを確認してみてください。

まとめ

今回は「180系クラウンアスリート」の純正タイヤサイズにオススメのタイヤを10種類ご紹介しました。これはクラウンに限ったことではありませんが、低燃費タイヤからスポーツタイヤまで、タイヤには様々な用途に向けて開発されたものがあります。

「タイヤなんてどれを履いても大差ない」ということはありません!ぜひ愛車の使用用途に見合ったタイヤをチョイスしてみてください。さらにカーライフが充実したものになりますよ!