ランサーエボリューションXの純正タイヤサイズにおススメのタイヤ16選をご紹介します! | CARTUNEマガジン
ランサーエボリューションXの純正タイヤサイズにおススメのタイヤ16選をご紹介します!

2019年06月27日 (更新:2022年03月24日)

ランサーエボリューションXの純正タイヤサイズにおススメのタイヤ16選をご紹介します!

人気、知名度が共に高いランサーエボリューションX。4ドアのセダンタイプということで、様々な使い方ができるので、多様性のある車でありながらも、スポーツカーとしての側面も持っています。どんなタイヤを装着したらいいのか、おすすめタイヤをご紹介します。

ランサーエボリューションXの純正タイヤサイズ

さびテンさんのランサーエボリューションXの画像
さびテンさんのランサーエボリューションXの画像
引用元:さびテンさんの投稿

これまでにWRCなどに参戦してきた輝かしい経歴を持つ、ランサーエボリューションの最終型となる、ランサーエボリューションX。4WDのトラクションを生かしたパワートレインから、強靭な足回りやボディ剛性によって、ターマックだけでなくダートでも走行することができるポテンシャルの高さを持っています。街乗りでのデートカーとしても使用することができますし、サーキット走行をすることもできる、非常に使い道の幅が広い車と言えるでしょう。ランサーエボリューションXの純正タイヤサイズは以下の2種類です。

  • 245/40R18
  • 205/60R16

245/40R18を装着しているグレード

  • 4WD・2.0・GSR エポリューションX・TC-SST
  • 4WD・2.0・GSR プレミアムエボリューションX・TC-SST
  • 4WD・2.0・GSR エポリューションX・5MT

205/60R16を装着しているグレード

  • 4WD・2.0・RS エポリューションX・5MT

245/40R18サイズのランサーエボリューションXにおすすめタイヤ9選!

kjさんのランサーエボリューションXの画像
kjさんのランサーエボリューションXの画像
引用元:kjさんの投稿

ベースグレード、もしくは上級グレードに装着されているタイヤサイズが245/40R18です。このタイヤサイズは、スポーツ走行を視野に入れているサイズとなり、ハイグリップのスポーツタイヤをメインにご紹介していきます。ただ、デートカーとして使用する人もいたり、旅行に使用する方もいますので、低燃費タイヤやコンフォートタイヤも合わせて紹介しましょう。

低燃費(エコ)タイヤ

高出力のエンジンを搭載している関係上、燃費の方は期待できないのかと思いきや、スポーツセダンの中ではそこまで悪い燃費ではありません。出力と燃費のバランスが取れているエンジンなのでしょう。しかし、そこからもうワンステップ燃費の向上を目指すのなら、低燃費タイヤにすることをおすすめします。

FALKEN ZIEX ZE914F

ZIEX ZE914F 245/40R18 97W XL ファルケン FALKEN ジークス

スポーツ性能と低燃費性能を両立した、スポーツカーに相応しいタイヤ。確実なグリップによって、安定した操舵性を確保しながらも、低燃費タイヤの特性である転がり抵抗を低減して、燃費の改善にも役立ってくれます。

GOODYEAR EAGLE LS EXE

グッドイヤー イーグル LS エグゼ 245/40R18 97W XL EAGLE LS EXE GOODYEAR

長距離ドライブを前提に開発されたツーリングタイヤです。旅行の際、燃費が向上してくれればお財布に優しいですよね。ロングライフ性能にも優れており、耐摩耗性が向上しています。ツーリングタイヤとして、ドライ路面やウェット路面でも性能を発揮してくれるでしょう。

コンフォートタイヤ

街中を走ったり、旅行に行ったり、通勤に使う方もいらっしゃるでしょう。いろいろな場面で使用することを考えると、ドライ路面でも、ウェット路面でも確実な性能を発揮してくれて、高速走行での安定性も必要になってきます。走行性能やロングライフ性能といったタイヤの性能がバランスよく取れているのが、コンフォートタイヤです。

HAIDA HD921

HAIDA HD921 245/40ZR18 97W XL ハイダ エイチディー921 (245/40R18)

パターンデザインを独自のものとして、ステアリング性能の向上やタイヤから発生するロードノイズの低減を実現しており、そこに加えて、リムプロテクターによって衝撃を緩和した乗り心地と高速走行時の安定性にも優れているタイヤです。

DUNLOP LE MANS V

LE MANS 5 LM5 245/40R18 93W ダンロップ DUNLOP ルマン5 LE MANS V LM705 ファイブ

これまでのタイヤに比べて、より上質な快適性能と、ダンロップが推進して評価をもらっている低燃費性能の2つを高い次元で実現しました。耐磨耗性能を向上したことで、ロングライフ性能を可能として、幅広いユーザーに応えることのできるコンフォートタイヤです。

HANKOOK veNtus V12 evo2

245/40R18 97Y XL ハンコック ベンタス V12evo2 K120 HANKOOK VENTUS V12 evo2 K120

多くのモータースポーツシーンにタイヤを提供しているハンコックが、これまでのレースのノウハウを使って、バランスの良いタイヤを販売しました。独特のトレッドパターンにより、確かな排水性能を発揮することで、濡れた路面にも強く、様々なシチュエーションでも使うことができます。

プレミアムコンフォートタイヤ

ゆったりと景色を見ながら、音楽をかけてクルージングをしたい人や、車内に響くロードノイズを抑えたい人には、プレミアムコンフォートタイヤをおすすめします。トータル的なバランスの性能も良いですが、なんといっても静粛性の高さに注目します。タイヤから伝わるノイズを車内に響かせないように、ノイズを抑えた設計になっています。

BRIDGESTONE REGNO GR-XⅡ

ブリヂストン レグノ BRIDGESTONE REGNO GR-XII 245/40R18 93W ジーアール クロスツー

乗り心地、静粛性、走行安定性の3拍子が揃ったタイヤといえば、レグノでしょう。価格は多少高めではありますが、その分確かな性能を実感することができます。驚きなのは、装着した後の静粛性です。車内にこれまで入ってきていたロードノイズが低減されて、音楽をしっとりと聴くこともできます。

スポーツタイヤ

スポーツ走行をするなら、ハイグリップタイヤが必要になってくるでしょう。タイヤのグリップ力が向上することで、加速力、制動力、旋回性能といった車の「走る」「曲がる」「止まる」という基本性能を底上げ、もしくはポテンシャルを引き出すことができます。もちろん、街中やウェット路面でも走行できますが、ドライ路面でタイヤが温まった時にこそ、本領を発揮してくれます。

YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R

ADVAN NEOVA AD08RS 245/40R18 93W ヨコハマ YOKOHAMA アドバンネオバ

サーキット走行では、路面をしっかりと噛みこむことで生まれるグリップ力が必要です。しかし、柔らかいゴムを使ってしまっては、数周走っただけですぐにタイヤが磨り減ってしまい、使うことができなくなってしまいます。確かなグリップ力もありながら、長く使うことができる耐磨耗性能も兼ね備えているタイヤです。

BRIDGESTONE POTENZA RE-71RS

245/40R18 97W XL 18インチ ブリヂストン ポテンザ RE-71RS

サーキットの走行では、レースをすることもあれば、タイムアタックをすることもあります。そのどちらでも求めるのは、より速く走ること。これまでに培った技術を総動員して、リアルスポーツタイヤを作った結果、ハイグリップ、走行安定性のあるタイヤに仕上がりました。

DUNLOP DIREZZA Z3

DIREZZA Z3 245/40R18 93W ダンロップ DUNLOP ディレッツァZIII

ウェット路面の性能を程ほどにしながら、ドライ路面でのグリップ力を重視して、サーキットなどでタイムを出すために使用することが好ましいタイヤです。サーキット走行時はグリップ力の向上したランエボXに乗って駆け抜けることができます。

205/60R16サイズのランサーエボリューションXにおすすめタイヤ7選!

シュン.さんのランサーエボリューションXサスペンションの画像
シュン.さんのランサーエボリューションXサスペンションの画像
引用元:シュン.さんの投稿

一つのグレードにしか適応されませんが、扁平率が高めになっているので、スポーツ走行よりも普段乗りをしたり、旅行に行ったりすることに使うことが多い人が使用すると良い純正タイヤサイズです。幅が狭くなっており、インチも程よい大きさになっているので、価格もリーズナブルになってきます。

低燃費(エコ)タイヤ

扁平率が高くなると、タイヤが車両を支えているのでゴムがたわんでしまい、転がる抵抗が増えてしまいます。幅が狭くなっているので、ある程度は燃費が良くなるでしょうが、今よりももっと燃費の向上を狙いたいのであれば、転がり抵抗性能とウェット性能が一定以上ある低燃費タイヤをおススメします。

FALKEN SINCERA SN832i

SINCERA SN832i 205/60R16 92H ファルケン FALKEN シンセラ

低燃費タイヤの証明である、日本自動車タイヤ協会が定めるグレーディングシステムで、転がり抵抗性能とウェット性能のどちらもクリアしています。トレッドパターンを最適化して、ゴム素材を見直すことによって、高いレベルでの低燃費性能を実現しています。

BRIDGESTONE NEXTRY

205/60R16 ブリヂストン ネクストリー BRIDGESTONE NEXTRY

どちらかと言うと、コンフォートタイヤに近いくらいに、タイヤの基本性能が優れている低燃費タイヤです。ハンドリングの応答性が良く、耐摩耗性を向上してロングライフ性能にも優れているので、コストパフォーマンスの良い商品です。

MICHELIN ENERGY SAVER+

205/60R16 92H AO MICHELIN ミシュラン ENERGY SAVER +

これまでに販売されてきたENERGYシリーズを、さらに最新の技術を加えることによって進化した性能を発揮し、優れた安全性を誇るタイヤに仕上がっています。低燃費タイヤの性能だけでなく、タイヤの担う重要な要素である安全性を重視しています。

コンフォートタイヤ

いつも晴れた日に走行をするのであればいいですが、大雨が降ったりしたときでも運転しなければならないこともあるでしょう。ウェット性能が低いと滑ってしまいますし、距離を乗るとタイヤが減ってきてしまいます。そんなタイヤの基本性能を、多くのユーザーが満足できるようにしているのがコンフォートタイヤです。

PIRELLI CINTURATO P1

205/60R16 ピレリ サマータイヤ CINTURATO P1 92V チンチュラート・ピーワン PIRELLI

海外タイヤでも知名度の高いピレリタイヤは、主にヨーロッパの車メーカーで使用されることが多いタイヤです。良質なタイヤ性能によって、ドライバーと同乗者に安心感を与えてくれて、様々な路面環境にも対応できるようになっています。

TOYO TIRES TRANPATH mp7

TRANPATH mp7 205/60R16 92H トーヨータイヤ TOYO TIRES トランパス

左右非対称のパターンによって、タイヤのアウトサイド側の剛性を高めており、コーナリングでの踏ん張りがよくなって、高速走行時の安定性も向上しています。また、優れた耐磨耗性能により、長く使うことのできるタイヤです。

プレミアムコンフォートタイヤ

愛車をより快適に、より上質にするには、車体のカスタマイズも必要ですが、もっとも大事なのは、路面と直接的に接触しているタイヤです。タイヤが衝撃を吸収する役割もありますし、ロードノイズを発生させる原因にもなっています。タイヤに課せられた大事な使命を、静粛性や衝撃吸収性といった性能として発揮してくれるのが、プレミアムコンフォートタイヤです。

BRIDGESTONE REGNO GR-XII

205/60R16 92V ブリヂストン レグノ ジーアール・クロスツー BRIDGESTONE REGNO GR-XII GR-X2 GRX2

スポーツカーに乗っていても、高級車のような上質な空間を演出してくれるプレミアムなタイヤ。高い静粛性能によって、路面とタイヤの間から発生するロードノイズやパターンノイズをできる限り低減したことで、車内に不快な音が聞こえなくなり、快適に過ごすことができるようになります。

DUNLOP VEURO VE303

205/60R16 92H ダンロップ ビューロ DUNLOP VEURO VE303

高い静粛性能と、優れた操縦安定性能、そして低燃費性能までも実現したプレミアムタイヤ。走行中に感じる不安な車の横揺れを抑えて、安心感のある乗り心地を提供してくれて、雨の日でも安定した走行ができるウェット性能を発揮してくれます。

タイヤサイズはどこに書いてある?

タイヤのサイズはタイヤの側面に記載されています。側面に「245/40R18」という記載があれば、それがタイヤのサイズです。245が幅、40が扁平率、18が内径のインチです。純正タイヤサイズがわからない場合は、運転席か助手席のステップに記載されている、規定空気圧のステッカーを見てみましょう。そこに記載されています。

まとめ

アイス団長さんのランサーエボリューションXの画像
アイス団長さんのランサーエボリューションXの画像
引用元:アイス団長さんの投稿

三菱のスポーツカーといえば、ランサーエボリューションと応える人が多いでしょう。それほどまでに知名度も高く、人気のある車です。スポーツ走行だけでなく、街中で走行することも、旅行に使うこともあるでしょう。様々な使い方をする上で、タイヤをどれにするか決めるのは、性能も気になりますが、とてもワクワクするものです。この記事を参考にあなたの愛車にぴったりなタイヤを選んでみて下さい。

新着記事

おすすめ記事