11系 ノート オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

2019年05月17日

11系 ノート オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

labelノート

11系ノートに、装着できるホイールのサイズやスタイルは、星の数ほど種類があります。また、気に入ったデザインでもノートに履けないホイールもあるなど、ホイール選びは意外と専門的な知識を必要とします。そこで、11系ノートに装着可能なホイールを、厳選してご紹介していきます。

11系ノートに装着可能なカスタムホイール10選!

quote here11系ノートは、カスタムパーツも熟成され、エアロ、ホイール、LEDなどの多くのパーツが販売されています。その中でも、車をカスタムする時に外せないアルミホイール。

インチアップをしたり、ホイールのカラーを変えることで、愛車のイメージがガラリと変わり、自分だけのノートに変える事ができる鉄板のカスタマイズといえます。

そこで、11系ノートに装着可能なおススメホイールを10個挙げてみました。

1、KYOHOクリエイティブディレクションCDS1

引用元:https://www.kyoho-corp.jp/products_a/cds1/

海外製の格安ホイールを選ぶなら、安全と信頼性のある国産品を選びたいものです。

KYOHOから販売されるホイールはリーズナブルなホイールがラインナップされており、このクリエイティブディレクションも国産でありながら、各国の車の純正ホイールを手掛けるENKEI が製造を担当している、間違いのない商品です。

設定サイズ

  • 14インチの価格:¥21,000消費税別
  • 16インチの価格:¥27,500消費税別

ホイール1本当たりの価格です。

カラーバリエーション

  • ピアノブラック

ノートをイメージチェンジするのに、ビジュアル的にもハイスペックモデルに引けを取らない高級感のあるカラーです。

2、KYOHO XF-55 monoblock

引用元:https://www.kyoho-corp.jp/products_a/xf-55-monoblock/

XF-55をモノブロック(一体成型)したホイールで、基本デザインは同じですが、モノブロックならではのディエールとデザインになっています。

スポーク面にU字を取り入れることで、圧倒的な剛性を誇ります。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥33,000消費税別
  • 17インチの価格:¥37,500消費税別

いずれもアルミホイール1本当たりの価格となります。

カラーバリエーション

  • ダイヤモンドフィニッシュ×ブラウンドブラック

ツートンカラーで、鋭いナイフをモチーフとしたデザインを引き立てています。

3、5ZIGENインペリオX5

引用元:http://www.5zigen.co.jp/products/wheel/x-5.html

5ZIGENは、ストリートパーツから競技用パーツまで販売するパーツメーカーですが、このインペリオX5は、ガチガチのスポーティーな雰囲気というより、ラグジュアリーな雰囲気のホイールになります。

ホイールは、レーシングパーツを開発しているメーカーなので、信頼度は間違いありません。

設定サイズ

  • 14インチの価格:¥19,000消費税別
  • 15インチの価格:¥21,000消費税別
  • 16インチの価格:¥25,000消費税別

いずれもアルミホイール1本当たりの価格となります。

カラーバリエーション

  • ブラックポリッシュのみ

4、WEDSレオニスNAVIA06

引用元:https://www.weds.co.jp/leonis/navia06.html

現行ノートのnismoのホイールと似たデザインのレオニスNAVIA06は、E11にも良く似合うデザインとなります。

スポークには段差が付いており、立体的なデザインが特徴です。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥32,000消費税別
  • 17インチの価格:¥36,500消費税別

・いずれもアルミホイール1本当たりの価格になります。

カラーバリエーション

  • マットガンメタ/マシニングカット
  • マットブラック/リムポリッシュ

どちらもつや消しカラーで、スポーティーな雰囲気となります。

5、Trafficstar DTX MONOBLOCK

引用元:http://www.hotstuff-cp.co.jp/wheel/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-dtx-%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/

ディッシュホイールは、1インチ上の大きさにホイールを見せることができ、どの車種にもマッチするホイールです。

ノートのボディーカラーに捉われず、高級なイメージに変えることができます。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥32,000(消費税別)

アルミホイール1本当たりの価格になります。

カラーバリエーション

ディスク面がシルバーの「マシニングフェイス」とブラックの「ノアールフェイス」の2種類が用意されています。

6、エンケイall eighteen

引用元:http://www.enkei.co.jp/wheels/all/eighteen/

COMPE8の復刻版として、販売されているall aighteenは、懐かしのバナナ型8本スポークです。バランスよく配置された8本スポークが、強度とデザインを両立させ、現代の車にもマッチします。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥29,000消費税別

アルミホイール1本当たりの価格になります。

  • センターキャップ1個¥4,000、
  • アルミバルブ 1個¥2,500

上記2点は別売りとなります。

カラーバリエーション

  • マシニングゴールド
  • マシニングシルバー

7、RAY’SボルクレーシングTE37グラベル

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=TE37GRAVEL

ラリーやダートトライアルといった競技に使用され、そのタフさが実証されているTE37グラベルは、軽さも備えており車の運動性能向上にも貢献します。

設定サイズ

  • 14インチの価格:¥37,000消費税

ホイール1本当たりの価格で、バルブとステッカーが付属しています。

カラーバリエーション

用意されているカラーはホワイトで、ノートをスポーティーに演出します。

8、OZ SPORT スーパーツーリズモ GT

引用元:https://www.ozracing.com/jp/wheels/oz-racing/sport/superturismo-gt

レースに使用されるOZ スーパーツーリズモ GTは、ノートをレーシーな雰囲気に変えてくれます。

一体鋳造のマルチスポークのデザインの美しさは、周りからの注目度も満点です。

設定サイズ

  • 15、16、17インチのサイズを履くことができ、価格は1本19,000円~となります。

カラーバリエーション

  • 艶消し黒のマットブラック
  • 艶消しシルバーのグラジオコルサ

9、BBS RE-L2

引用元:https://bbs-japan.co.jp/products/1103/

ノートのような、ライトウエイトカーに最適な1ピース鍛造のBBSのホイールです。軽量で剛性の高いBBSのホイールは、ハイエンドホイールとして説明はいらないでしょう。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥40,000~消費税別
  • 16インチの価格:¥45,000~消費税別

ホイール1本当たりの価格で、ホイールカラーにより価格が変わります。

カラーバリエーション

  • ダイヤモンドシルバー(DS)
  • ダイヤモンドブラック(DB)
  • ブラックダイヤカット(BKD)

3色用意されたホイールカラーは、どれをノートに装着しても高級感を高めてくれます。

10、SSR プロフェッサーSP1R

引用元:https://www.rd-tanabe.com/ssr/product/ssr-professor-sp1r/

時代の変化に流されない、安定したデザインはノートを高級かつスポーティーなデザインに仕上げることができます。何処にもないデザインと軽量で剛性の高いホイールは、本物志向の方にピッタリです。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥57,000~消費税別
  • 17インチの価格:¥65,000~消費税別

ホイール1本当たりの価格になります。

カラーバリエーション

  • シルバー
  • スーパーブラックコート
  • ブラック

シルバーとスーパーブラックコートは、濡れたような輝きを放ち、ブラックは艶消しとなります。また、ディスク面はオプションで全17色から好きな色にカスタマイズ可能です。

アナタはどんなデザインがお好み?11系ノートに似合うホイールデザイン

ホイールには、多くの種類のデザインがありますが、大きく分けるとスポーク、メッシュ、フィン、ディシュに分けることができます。そこで、ホイール選びをするときには、どのタイプのデザインにすることから始めると、ホイール選びを絞ることができます。

スポーク

スポークのホイールは、ノートの雰囲気をスポーティーに変えてくれます。特に白いスポークのホイールは、どのボディーカラーにも合うのも魅力です。

メッシュ

メッシュホイルは、ドレスアップ効果が高く高級感が出ますから、ノートをワンランク上にカスタマイズできます。メンテナンスに手間がかかるので、最近はあまり人気がなく商品も少なくなりました。だからこそ装着したいアルミホイールがメッシュタイプです。

フィン

フィンタイプのホールは、細くすらりと伸びたスポークがホイール中心からリムに向かって何本もあることから、ノートをラグジュアリーな雰囲気にカスタムすることができます。

CARTUNEユーザーから紹介!インチ別装着実例!

16インチ

16インチは、大きすぎず小さすぎず、ノートにはちょうど良いサイズです。スポーティーなデザインから、ラグジュアリーなデザインまでよく似合います。

17インチ

17インチは、ラグジュアリーな雰囲気を出すので、ノートでゆっくり街を流せば、周りから目を引くこと間違いありません。

11系ノートの純正ホイールサイズ

11系ノートの純正ホイールサイズは、14インチと15インチの2種類あります。

インチ数(大きさ) インセット J数(幅) タイヤサイズ
14インチ 40mm 5.0J 175/65R1482S
15インチ 45mm 5.5JJ 175/60R1581H

純正で履けるサイズは?

11系ノートは、全幅と足回りは全てのグレードで共通ですから、グレードに関係なく同じサイズのホイールを履かせることができます。ノーマルの状態で、履かせることができるのは、14インチ~17インチとなりますが、17インチはかなりの扁平タイヤにしなければ純正サイズ同等のタイヤの外径にならないので注意が必要です。

ホイール選びの上での注意点

純正サイズでホイールを選ぶ場合は、全く問題ありませんが、オプションを含めて純正で設定がないホイールサイズを選択する場合は、ホイールハウス内の各部にタイヤが干渉しないか、選ぶ時に十分注意する必要があります。

純正サイズより小さければブレーキ機構にホイールが干渉する恐れがあり、大きいホイールを装着すると、ハンドルを切った時にタイヤがホイールハウス内に干渉する恐れがあります。インチアップの場合は、17インチまでが装着ができますが、ホイールの作りによっては干渉する恐れがあるので、インチアップ時には販売店に相談して決めるのが良いでしょう。

また、ホイールの大きさが問題なくても、太いタイヤを履かせるとフェンダーからタイヤがはみ出てしまうので、インセットで逃げ切れないような太いタイヤの場合は、キャンバーを付けたり、オーバーフェンダーを付けるなどで対応する必要があります。

まとめ

ホイール選びは楽しく、自分の車がどのようにイメージチェンジするのか考えるだけでもワクワクします。しかし、11系ノートに選べるホイールサイズは決まっているので、ホイール選びに自信がなければ専門のスタッフと相談してホイール選びをしましょう。