人気の高い18系クラウンマジェスタをカスタム!

2019年05月12日

人気の高い18系クラウンマジェスタをカスタム!

labelクラウンマジェスタ labelカスタム全般

トヨタの高級セダンとして名高いクラウン。クラウンマジェスタはそんなクラウンのなかでも最上級モデルに位置し、さすがはクラウンの最上級モデルというだけあって内外装ともに紛れもなく高級車であります。そんな高級車をカスタムするには、どういったカスタム方法があるのでしょうか?今回は、今なお人気の高い18系クラウンマジェスタのカスタム方法について、詳しくご紹介していきます。

厳選18クラウンカスタム!

はじめに、18系クラウンマジェスタのカスタム実例として、たくさんいるcartuneユーザーの中から、もっともカッコ良くカスタムされているユーザーさんを、ご紹介したいと思います。

カスタムユーザー紹介「柿ぴ」さん

全体のシルエットのまとまりが非常に良く、18クラウンの元ある高級感を上手に活かしているカスタムです。

また、エアサスを使用した極限のツラウチローダウンは、とても迫力を感じます。

「シンプル・イズ・ベスト」まさにこの言葉が良く似合います。

カスタムユーザー紹介「ひめの」さん

https://cartune.me/notes/nyMNAfAJDc

ボディをゴールドにオールペンし、極限のローダウン、そしてリムの深いBBSのホイールにキャンバーなどなど、すべてが「素晴らしい」の一言です。しかも車高調によるローダウンというのが驚きです。

また、グリルのフチをブラックで塗り分けしているところも程よくアクセントが効いて、とてもカッコ良いです。

クラウンマジェスタとは?

クラウンマジェスタの誕生は1991年10月。日産のシーマを対抗馬として、通常のクラウンが9代目へとフルモデルチェンジがおこなわれた際、同時に誕生した車で、ちょうど通常のクラウンとセルシオの間に位置づけられるモデルです。

このクラウンマジェスタのパワーユニットはセルシオと同じで4リッターV8エンジンを搭載し、フルモノコックボディを採用。その静粛性や走行性は世界最高レベルを誇り、マジェスタは紛れもなく日本を代表する高級車としてその名を確固たるものとしました。

その後マジェスタは、1995年に2代目、1999年に3代目、2004年に4代目、2009年に5代目、そして2013年に6代目へと引き継がれ、2018年4月27日をもって27年の歴史に終止符を打ちました。

いまだに高い人気を誇る18系クラウンマジェスタとは?

クラウンマジェスタは、1991年に初代が発売され、販売終了となった2018年まで約27年、合計6代引き継いできた車両となります。この6代が販売されてきたなかでも、もっとも人気の高いモデルが18系クラウンマジェスタで、現在でも高い人気を誇っています。

ちなみに、18系クラウンマジェスタは2004年~2009年の5年の間に発売されていた4代目となるモデルで、ちょうどその頃、通常のクラウンが「ZERO CROWN~かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる~」というキャッチコピーを掲げ、全く新しい12代目18クラウン「ゼロクラウン」にフルモデルチェンジ。多くの人気を博していた頃でした。

そして、全く新しいゼロクラウン同様にクラウンマジェスタでも大幅なデザイン変更が行われ、同じくヒット車となり、18系では今でも通常のクラウン、マジェスタ共に人気の高い車となっているのです。

グレード体系・ボディサイズ・価格

18系クラウンマジェスタについて概ね分かったところで、次に18系クラウンマジェスタのスペックをご紹介していきます。

なお、ここで紹介するモデルは2006年7月から発売された、最終の18系クラウンマジェスタのスペックとなり、特別仕様車を除いたものです。

【2006年7月発売・18系クラウンマジェスタ最終モデル】

グレード 型式 駆動方式 ボディサイズ(㎜) 本体価格
Aタイプ DBA-UZS186 FR 4975×1795×1465 567.5万円
Cタイプ DBA-UZS186 FR 4975×1795×1465 614.25万円
Cタイプi-Four DBA-UZS187 4WD 4975×1795×1475 642.6万円
Cタイプ Fパッケージ DBA-UZS186 FR 4975×1795×1465 661.5万円
Cタイプ i-Four Fパッケージ DBA-UZS187 4WD 4975×1795×1475 689.85万円

18系クラウンマジェスタの最終モデルはこのようなスペックになっており、本体価格を見てわかるように、もっとも安いグレードでも567.5万円となっているので、いかにマジェスタが高級車であるかが分かります。

〇〇万から買える⁉18系クラウンマジェスタの中古相場価格

18系クラウンマジェスタは、マジェスタのなかでも特に人気のあるモデルで、現在でもマジェスタの中古を探している方が多いです。

そこで、18系クラウンマジェスタの中古車は、現在どのくらいの価格で販売されているのか?という18系マジェスタの中古価格相場をご紹介していきたいと思います。

なお、ご紹介する中古価格相場は「走行距離が7万キロ以下、修復歴ナシ」という条件で、相場をご紹介していきます。

【18系マジェスタ中古価格相場(2019年4月現在)】

  • 2004年式の中古価格相場:75万円
  • 2005年式の中古価格相場:70万円
  • 2006年式の中古価格相場:85万円
  • 2007年式の中古価格相場:126万円
  • 2008年式の中古価格相場:90万円
  • 2009年式の中古価格相場:135万円

18系マジェスタの中古価格相場は以上のようになっており、もっとも高額でも140万前後となっているので、比較的お求めやすい価格相場となっているのではないでしょうか。

クラウンマジェスタのエアロパーツ

それでは続いて、18系クラウンマジェスタのカスタムについてご紹介していきます。なお、これはマジェスタに限ったことではなく、車をカスタムする際は「エアロ」「ホイール」「ローダウン」の3つのカスタムは行っておきたいところです。

そこで、まずは18系クラウンマジェスタのエアロパーツはどのようなものがあるのかを、いくつか見てみましょう。

VLENE(ブレーン)

出典:VLENE公式サイト

引用元:www.vlene.com

VLENE(ブレーン)はクラウンマジェスタをはじめ、レクサスや日産シーマなど、高級セダンを中心にエアロパーツを製造、販売しています。

画像でも分かるように、VLENEのエアロは比較的シンプルですが、全体的にまとまり感があって非常に上品さを感じるエアロデザインでカッコ良いです。

K.BREAK

引用元:k-break.com

エアロパーツをはじめ、車高調やマフラーなど様々な自動車用アフターパーツを開発・製造・販売を行っている「K.BREAK」。

そんなK.BREAKから販売されているこちらの18系クラウンマジェスタ用エアロ「プラチナム」も比較的シンプルなデザインです。

しかし、フロントとサイドにダクトメッシュが施されていたり、リアバンパーにはLEDマーカーが付いていたりなど、細かいところもしっかりこだわってい非常にカッコ良いエアロとなっています。

SENSE BRAND(センスブランド)

出典:SENSE BRAND公式サイト

引用元:www.sensebrand.jp

こちらのSENSE BRANDは、ワンオフマフラー製作を中心にエアロパーツなど各種自動車用アフターパーツを製造・販売しているメーカーです。

なおエアロに関しては18系マジェスタをはじめ、セルシオやクラウン、日産フーガなどの高級セダンを中心に販売しています。

また、このマジェスタ用のエアロは、フォグランプが左右2個ずつ計4つ付いている非常にスタイリッシュなデザインとなっている他、リアバンパーの下には今流行のディフューザーが付いているなど、スポーティらしさも兼ね備えています。

スポーティかつエレガントなエアロは、18系クラウンマジェスタにも良く似合います。

18系クラウンマジェスタにおススメのホイール

さて、エアロパーツの次はホイールです。「おしゃれは足もとから」と言われているように、車も足もとにこだわるのはカスタムの基本です。

そこで、18系クラウンマジェスタにオススメなホイールを、いくつかご紹介していきたいと思います。

WORK/ZEAST ST1

こちらのホイールはWORKからリリースされている「ZEAST ST1」で、リムまで長く伸びた6本スポークデザインが特徴で、とてもスタイリッシュで上品なホイールです。

またZEAST ST1はカラーも豊富で、シルバーやポリッシュ、マットブラックやゴールドなど好みに合わせて選ぶことが可能です。

スタイリッシュかつ高級感のあるZEAST ST1は、高級車18系マジェスタにオススメです。

SSR/EXECUTOR CV 01

こちらのSSR/EXECUTOR CV 01は10本スポークデザインで、ホイールリムからセンターに向けて落し込むデザインのコンケイブデザイン、通称「逆反り」が特徴です。

パッと見た感じは非常にシンプルなホイールですが、ディープな立体感がとても迫力のある足元を演出してくれます。

SSR/EXECUTOR CV 01のような、ディープで迫力のあるコンケイブデザインは、18系クラウンマジェスタのようなボディサイズの大きい車には、ピッタリなホイールであると言えるでしょう。

トラフィックスター/MZ

こちらのホイールは、アルミホイールメーカーのホットスタッフコーポレーションが製造・販売しているブランドの一つで「トラフィックスター/MZ」です。

ホイールのサイズは20インチということで、ボディサイズの大きい18系マジェスタにすごくマッチしています。

なお、こちらのトラフィックスター/MZは、すでに廃盤となってしまっているため、新品で購入することは難しいです。

しかし、トラフィックスターシリーズはとても上品なホイールばかりで、そのなかでも「トラフィックスター/STR」は、シンプルかつ圧倒的な高級感を醸し出しているホイールですので、間違いなく18系マジェスタにマッチするホイールです。トラフィックスター/STRはオススメです。

18系クラウンマジェスタ用車高調キット

それでは続いて、車高調についてご紹介していきます。まず車高調とは、車両をローダウンさせるためにおこなう方法のひとつで、純正のショックやバネをごっそり交換してしまう方法です。

車高調は低いまま走行することができるということで、ローダウンの方法のなかでも、もっとも人気のあるローダウン方法です。

では、18系クラウンマジェスタに使える車高調キットを、いくつかご紹介していきます。

AIMGAIN(エイムゲイン)【SEDAN DAMPER TYPE SP】

エアロをはじめ、車高調やマフラーを製造・販売しているメーカーAIMGAIN。こちらのAIMGAINから18系クラウンマジェスタ用として車高調が販売されており、定価は21.8万円となっています。

RS-R【Black☆i】

車高調やダウンサスなど、足回りを中心に開発・製造・販売を行っている「RS-R」。

こちらのBlack☆i は、RS-Rが販売する車高調のなかでも極限のローダウンが可能で、18系クラウンマジェスタの設定もしっかりとあります。なお、定価は22万円となっています。

IDEAL (イデアル)【TREUVA】

IDEALは、車高調をはじめ、エアサスやマフラー、ブレーキキットなど数多くの自動車用アフターパーツを取り扱っているメーカーです。

このIDEALからリリースされている車高調「TREUVA」は、車高調のなかでもベーシックモデルで、ローフォルムを実現しつつ、乗り心地も快適ですので、ローダウン初心者にも最適です。また価格も12.98万円と、車高調のなかでは比較的お求めやすい価格となっています。

まとめ

今回は、18系クラウンマジェスタのカスタムについて、詳しく解説してきました。

ここで紹介してきたとおり、18系クラウンマジェスタはクラウンの最上級モデルとして約27年間活躍し続け、そのなかでももっとも人気となったモデルであり今でも高い人気を誇っています。

また、18系クラウンマジェスタはとても高級感があり、ノーマルの状態で既にカッコ良さが出ている車ですので「エアロ、ホイール、車高調」この3つのカスタムをするだけでもカッコ良さが際立ってきます。

しかも、かつては新車で600万円以上した18マジェスタも、今では中古で150万円前後で購入することが可能というカスタムベース車としてもってこいの車でもあります。

ぜひ、トヨタの高級セダン18系クラウンマジェスタをカスタムして、誰よりもカッコ良いマジェスタにしていってください。