発炎筒がないと車検に通らない!?使い方も紹介

2019年05月10日

発炎筒がないと車検に通らない!?使い方も紹介

アナタの愛車には発炎筒がきちんと装備されていますか?普段はなかなか使う機会もないので、発炎筒の存在自体を知らない方もいるかもしれませんね。そこで今回は、発炎筒の重要性と使い方について解説していきます。

発炎筒ってなに?

そもそも「発炎筒」とは略称。正式には「自動車用緊急保安炎筒」といいます。

この発炎筒は日本工業規格により厳しく性能が定められており、国産車・輸入車問わず車には搭載されているものです。

公道上での自動車の故障や事故等が発生した際に、「発炎」が付く名前の通りに赤い炎を発し、周囲に存在を伝える信号として機能します。1度の使用で5分以上燃焼を続け、日中であっても600m以上、夜間であれば2km以上も離れた場所からでも視認できるほど強い光を発生させます。

LED非常信号灯

現在では純正の発炎筒の代用品として、炎を発しない「LED非常信号灯」も使われることがあります。

こちらを代用品とするメリットとしては、発炎筒と違い使用期限がないことが挙げられます。

また、発火に際し火薬の代わりに電池を使用するため点灯時間が大幅に延長されていることもメリットの一つ。前述したように従来の発炎筒は5分程度の発火ですが、LEDの場合は20時間ほども点灯する製品も存在しています。

使用法もキャップをひねるだけというカンタンさも、LEDの非常信号を選ぶユーザーが増えている一因でしょう。

発煙筒がないと車検に通らない!

厳密にいうと、車検項目に「発炎筒」の検査は含まれていません。

しかし、「非常信号灯の有無」は項目として存在しています。道路運送車両法において、発炎筒は非常信号灯に該当しているので、搭載していない車両は車検を通すことができません。

逆に言えば、発炎筒、LED非常信号灯どちらであっても、JIS規格を満たしている非常信号灯が、すぐ使用できる場所に装備されてさえいれば車検には通すことが出来るのです。

発煙筒の期限・規格

発炎筒の使用期限は4年です。

車検場の検査官が、車検時に発炎筒の使用期限などを調べることもありませんが、期限切れの発炎筒は内部の劣化が進んでいる可能性があり、いざという時にしようできない恐れがあります。愛車の発炎筒の期限が切れていたら、速やかに交換することをおススメします。

規格はJIS規格(D5711)により決められており、発炎剤・保安炎筒共に細かく適合に条件を設けられています。基本的な部分をかいつまんで説明するとすれば、

  • 燃焼時間:5分以上
  • 光度:平均140cd以上

となっています。

発煙筒の使用方法

発炎筒の使い方は、大きなマッチをイメージすると分かりやすいかと思います。

  1. ケースから本体を取り出す
  2. 発炎筒本体、先端部分をキャップ摩擦面に擦る
  3. 火が付いたら設置する

手順としては簡単ですが、炎の勢いはかなり強いため発火時のヤケドに注意しましょう。

また、発火した後は立てておく必要はありません。地面に寝かせて置いておいても大丈夫です。

ただし、設置する箇所は故障などで停止している車両の50m以上後方です。追突などの二次災害を防ぐための発炎筒なので、後続の車両に早めに気が付いてもらう必要があるからです。

設置する際も、車道を歩くのではなくガードレールの外や路側帯に出てから設置するようにしてください。何よりも、まず自分の身の安全が最優先です。

発炎筒を搭載しよう

発炎筒もLED非常信号灯も、現在は通販でも購入できるようになっています。非常時への備えのために必要な発炎筒を一部ご紹介します。

日産純正部品『ハイフレヤー5』

一部の純正発炎筒はamazonでも購入することができます。このハイフレヤー5もその一つ。純正品のため、最もポピュラーでお馴染みの形ではないでしょうか。

エーモン『非常信号灯』

カー用品の中でも特にDIY用の製品を多数販売している、エーモンのLED非常信号灯です。

高輝度の赤色LEDを採用し、連続使用可能時間も約20時間という高性能な製品。単4アルカリ電池2本で使うことができ、点灯テスト用の電池が付属しているので使い方が不安だという方も安心して使うことが出来ます。価格は641円~。

小林総研『LED非常信号灯』

小林総研が販売する非常信号灯は、本来の役割以外にも1発だけ仕込まれた白色LED球により、緊急時のライトとしても使用できる機能が備わっています。価格は1,070円~となっています。

まとめ

発炎筒は車検に必要なだけではなく、突然のトラブルへの対策として欠かせない立派な部品の一部です。ガソリンスタンドやカー用品店で購入できる手ごろなものなので、車検に対応したリーズナブルなものを購入することをおススメします。命を守る発炎筒、今すぐチェックしてみてください。