HKSのおすすめマフラー!マフラーを交換して「音」を楽しもう

2018年11月20日

HKSのおすすめマフラー!マフラーを交換して「音」を楽しもう

label labelマフラー

吸排気チューニングで、絶対に欠かすことのできないマフラー。マフラーは走行性能を向上させるだけではなく、そこから繰り出される排気サウンドは、ドライバーに走る愉しさをも与えてくれる、優れたチューニングパーツです。そこで今回は、アフターチューニングパーツのパイオニアとして名高い「HKS」のおすすめマフラーを、ご紹介していきます。

HKSマフラーfor sports

それでは早速、HKSの人気マフラーをいくつかご紹介していきます。はじめにご紹介する「for sports」シリーズは、スポーツマフラーならではの排気効率向上に加え、心地よいエキゾーストサウンドが特徴のスポーツマフラーとなります。

HKSハイパワー スペックL

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:64,800円(税込)〜213,840円(税込)※車種により価格変動あり

HKSハイパワー スペックLは、「軽量化」にこだわって開発されたマフラーで、ステンレスマフラーでありながらも、チタンマフラーに匹敵するほどの軽量化を実現しています。

一般的にマフラーは、デザインや消音性能をメインに製作すると、どうしてもマフラー自体の重量が重くなってしまいます。しかしスペックLは、パイプ材やサイレンサー外板など、部材ごとの厚さを細かく調整し、純正と比べて約半分の重さにまで軽量化されています。

また、テールエンドにカーボンを巻くなど、視覚的にも軽さをイメージさせるデザインとなっているので、よりスポーティ感を演出することができます。このHKSハイパワー スペックLは、運動性能と排気効率ともに向上させてくれる、高性能軽量スポーツマフラーです。

HKSスーパーターボマフラー

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:84,240円(税込)〜213,840円(税込)※車種により価格変動あり

こちらのHKSスーパーターボマフラーは、低排圧と静粛性を兼ね備えた高性能なターボマフラーで、ノーマルからタービン交換仕様のハイパワー車両(約600PS)にまで、幅広く対応しています。このマフラーの良いところは、アクセルを踏めば踏むほど、搭載されるエンジンの独特なサウンドを奏でてくれるというところです。

また、アクセルを踏み込まない日常での「街乗り」や「アイドリング」時などの低回転域では、しっかりJASMAの基準をクリアするレベルまでの静粛性が保たれています。普段使いの街乗り走行では「静かで快適に」、サーキットなどでの非日常走行では「迫力のあるサウンド」に。HKSスーパーターボマフラーは、まさに「一つで二つを堪能することができる」そんな優れた高次元ターボマフラーです。

HKSスーパーサウンドマスター

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:178,200円(税込)〜313,200円(税込)※車種により価格変動あり

このHKSスーパーサウンドマスターは、HKSが「音」に最大限のこだわりをもって開発されたマフラーで、メーカー曰く「音を操るマフラー」として、世に送り出しているマフラーです。マフラーというのは、走行性能を向上させるチューニングパーツでありながらも、マフラーが奏でるサウンドも非常に重要なポイントとなります。

スポーツ走行を楽しみたい時は、迫力のあるサウンドで走行したい。仲間とドライブするときは、会話をしっかり楽しみたい。早朝、深夜など静寂な住宅街を走行するときは、迷惑にならずに静かに走りたい。

このように「走行シーンによってサウンドも変えたい!」というマフラーに対するオーナさんの思いを、HKSが持つ最先端のサウンドコントロール技術を駆使し、見事カタチにしたのが、HKSスーパーサウンドマスターです。「爽快かつ迫力のサウンド」+「静寂で上品なサウンド」を合せた、スペシャルなマフラーをご堪能ください。

HKSマフラーfor stylish & basic

次にご紹介するのは「for STYLISH & BASIC」です。このシリーズは、どちらかというとドレスアップ志向の方に向けたマフラーになります。よりスタイリッシュなリアビューにドレスアップしたい方にはオススメです。

HKSリーガマックスプレミアム

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:58,320円(税込)〜313,200円(税込)※車種により価格変動あり

こちらのリーガマックスプレミアムは、とにかく適合車種が豊富にあるというところが、ドレスアッパーには大変喜ばしいところでしょう。また、マフラーのデザインについても、しっかりインパクトを与えつつ、非常にバランスのとれた、最適なテールデザインとなっているので、スタイリッシュで上品なリアビューを演出してくれます。

ちなみに、このリーガマックスプレミアムの素材は、ステンレスのなかでも代表格となっている「SUS304」を使用しているので、見た目の美しさはもちろん、耐久性にも優れているマフラーです。

HKSクールスタイル

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:51,840円(税込)〜79,920円(税込)※車種により価格変動あり

センター出しのブルーグラデーションテールが特徴的なHKSクールスタイルは、リアビューからの印象を大きく変える効果があり、ドレスアップ志向の方には最適なマフラーです。ちなみに、ブルーグラデーションのテール部分にはチタン素材が使われているなど、非常にクールでスタイリッシュなマフラーとなっています。

また、このクールスタイルはマフラー音にもこだわっており、社外マフラーにありがちな、不快に感じる車内のこもり音を軽減し、心地よく軽快なスポーツサウンドが楽しめるよう設計されています。

そしてさらに嬉しいのがコスパの良さでしょう。このクールスタイルは、SUH409ステンレスを主要素材としているので、非常にリーズナブルな価格となっており、まさに「スタイリッシュ」&「リーズナブル」なマフラーです。

HKSリーガル

引用元:www.hks-power.co.jp
メーカー希望小売価格:45,360円(税込)〜118,800円(税込)※車種により価格変動あり

こちらのHKSリーガルは、HKSのマフラーのなかではベーシックモデルに位置づけられているモデルで、今なお絶大な人気を誇るロングセラーマフラーです。このHKSリーガルは、高級感ある上品なデザインに加え、サウンドに関しても「純正+α程度」と、静粛性を追求したマフラーで、非常に品のある大人な雰囲気が漂うマフラーです。

ただし、純正+α程度のサウンドだといってもそこはHKS。しっかり純正と差が出るよう、低音域をしっかり強調した、純正とはひと味違ったスポーツサウンドを奏でてくれます。落ち着いた大人なデザインに加え、上品なサウンドを兼ね備え、トータルバランスに優れたマフラーなので、控えめかつお洒落なドレスアップを目指す方には最適です。

CARTUNEユーザーのHKSマフラーカスタム

さて、ここまでオススメのHKSマフラーをご紹介してきましたが、実際にHKSのマフラーを装着すると、どのようになるのでしょうか?続いて、HKSマフラーを装着しているCARTUNEユーザーさんを、いくつかご紹介していきたいと思います。

S.KobayashiさんのHKSハイパワースペックL

トヨタ 86に「HKSハイパワー スペックL」を装着している、CARTUNEユーザーの「S.Kobayashi」さん。こちらのハイパワー スペックLでは、前述のとおり「軽量」をコンセプトに開発されたマフラーで、テールにはカーボンが巻かれた非常にスポーティなマフラーです。また、マフラーのデザインも砲弾タイプとなっているので、迫力のあるリアビューで、とてもカッコ良くキマっています。

FUKUYA(Fromテツ)さんのHKSスーパーターボマフラー

三菱 ランサーエボリューションに「HKSスーパーターボマフラー」を導入しているCARTUNEユーザーの「FUKUYA(Fromテツ)」さん。実際に装着しているのを見ると、改めてHKSスーパーターボマフラーの迫力さがわかりますね。リアビューが凄く引き締まって、とてもカッコ良いです。また、このスーパーターボマフラーは、アクセルを踏み込めば踏み込むほど独特なサウンドを奏でてくれるマフラーなので、スポーティ志向の方には最適なマフラーです。

カリブの侍さんのHKSリーガマックスプレミアム

ホンダ シビック FK7に「HKSリーガマックスプレミアム」を装着しているCARTUNEユーザーの「カリブの侍」さん。こちらのマフラーは、ドレスアップ志向の方には特に人気となっているモデルで、存在感のある迫力のリアビューを演出してくれます。

特にカリブの侍さんが取り付けられているマフラーは、センター2本出しタイプということで、スポーティかつ上品な雰囲気が感じられ、全体的にバランスの取れた、大変カッコ良い仕上がりになっています。

まとめ

さて、今回はHKSの人気マフラーについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。今回ご紹介してきたHKSというメーカーは、総合チューニングパーツメーカーとして、非常に有名なメーカーで、カーチューニングの初心者から上級者まで幅広く対応した、様々な商品をラインナップしています。

なかでもHKS製のマフラーは、排気効率の向上はもちろんのこと、「音」や「品質」にもしっかりこだわって開発されているので、限りなく理想に近いマフラーに出会えるはずです。今後マフラーを導入しようと検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、マフラー選びにお役立てください。