ガラスコーティングの価格ってどのくらい?

2018年12月05日

ガラスコーティングの価格ってどのくらい?

label labelコーティング

最近、人気が出てきたガラスコーティング。車に良いコーティングと耳にしますが、コーティングとはいったい何か、よく知らない方も多いハズ。この記事では、コーティングのすべてを解説します!

ガラスコーティングとは?

ガラスコーティングとは、実際にガラスをコーティングするわけではありません。ガラスに使われている成分の二酸化ケイ素とシリカを化学結合させ、結晶化することで車のボディの表面をコーティングします。現在、車をコーティングする方法の中で一番性能が高いと言われています。

そのように言われるだけあって、自分で施工することはできず、お店に頼むことになります。それ故に決して安価ではありません。自分でできるガラスコーティングと宣伝しカー用品店またはホームセンターで販売してあるコーティング剤がありますが、こちらはガラス系コーティングで、成分の一部にガラス繊維を含んであるコーティング剤のことを言います。現在主流となっているガラス系コーティングまたはガラスコーティングですが、その前には主流だったポリマーコーティングと言われるコーティングが主流でした。

ポリマーコーティングとは

ではポリマーコーティングとはどんなものなのでしょうか?ポリマーとは、重合体のことを言います。様々な単量体が結合することで化学反応を起こし、網状または鎖状に結合しボディの表面を守ってくれます。多く使われる成分はフッ素やシリコンになります。これまで使われていたワックスは油脂系コーティングで雨により簡単に流されていました。フッ素・シリコンでできた皮膜はワックスと比べると耐久性・耐熱性が高く長い時間、車の艶を守ることで支持を得てきました。

時代は変わり

ガラスコーティングが登場した時はまだポリマーコーティングの方が艶があり、ガラスコーティングは艶が薄いと言われてきましたが、ガラスコーティングの技術が上がりポリマーコーティングに負けない艶が出せるようになったため、徐々にガラスコーティングの人気が上がっています。しかし、ポリマーコーティングに比べるとガラスコーティングの施工費用が高いため、ガラスコーティングをしたいが費用が・・と悩む人が多いのも事実です。

ガラスコーティングのメリット・デメリット紹介

ガラスコーティングがどのような物かはわかりましたが、もっとわかりやすくメリットとデメリットを見ていきましょう。

ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングの一番のメリットは、硬い皮膜に覆われているところです。一昔前になかった艶も手に入れたことで艶も長い時間持続されます。他にも、傷にも強く、油脂系・樹脂系コーティングと違い、雨や洗車の時にもガラス成分は流されることもなく、汚れだけが流されるだけです。

故に、日ごろの手入れも、水洗いだけで良いとされています。これまで、車がキレイじゃなければ許せないと、洗車とワックスをこまめに頑張っていた人には、その手間から解放されるので、最高のコーティングです。

ガラスコーティングのデメリット

ガラスコーティングのデメリットは、施工料金が高いことが挙げられます。ガラスコーティングは、車をキレイにし、ガラスコーティングを施した後、乾燥するまで十分な時間が必要となります。

乾燥の間、ごみやほこりが付かないようにしないといけないため、時間と場所が必要で簡単な作業ではありません。故に施工料金も高くなってしまいます。では、実際にどのような場所でガラスコーティングを引き受けてくれて、いくらぐらいかかるのでしょうか。

ガラスコーティングを施行してくれる場所!

ガラスコーティングを引く受けてくれる場所は、主にディーラー・ガソリンスタンド・カー用品店・専門業者です。では、どこに施行を依頼すれば良いのでしょうか。価格は後述するとして、それぞれの特徴を説明していきます。

専門業者

まずは、専門業者に依頼することをお勧めします。専門業者だけにアドバイスも的確です。施行する本人の話が聞けるので、どのように仕上がるか聞くことができます。信頼できる業者ならばメリットだけではなくデメリットも聞くことができます。注意が必要なのが、”信頼できる業者かどうか”というところです。

ガソリンスタンド

現在のガソリンスタンドは、車の様々なサービスを提供しています。ガラスコーティングを提供するガソリンスタンドも少なくありません。ガソリンスタンドでガラスコーティングと思われると思いますが、ガソリンスタンドの中にはコーティングの専門業者と提携しているスタンドもあり、信頼できる場合があります。ガソリンスタンドの従業員が信頼できるならば、見積もりを取ってみると良いです。

カー用品店

カー用品店は車に関してほとんどのサービスを提供しています。もちろんガラスコーティングも、施工していますが、注意が必要なのが自社でするか、専門業者へ依頼しているかです。

自社でガラスコーティングを施工している場合、上記にも記したようにごみとほこりが立たない場所を確保することも難しい上に、専門スタッフの確保の難しさを考えると技術があまり信用できません。コーティング専門業者と提携しているか、もしくは自社で施工している場合、どれくらいの経験を重ねた専門スタッフが、どのような環境で行っているか確認が必要です。

ディーラー

ディーラーのガラスコーティングは、タイミング的に新車時に勧められます。ディーラーは、社会的立場もありますので安心かと言うと、そうでもないようです。まず、費用が高いことが挙げられます。

また、ディーラーの営業マンも、ガラスコーティングの知識があまりないため、お客様がガラスコーティング対し、誤解が生じ、トラブルになることもあります。ディーラーにガラスコーティングを依頼する場合、どのような業者で施工するのか、また営業マンに知識があるかどうかも重要です。

ガラスコーティングの値段早見表

ガラスコーティングの値段を簡単にまとめてみました。色々調べてみましたが、地域や業者によって値段は様々でした。参考程度でお願いします。

専門業者 カー用品店
軽自動車 60,000円~ 40,000円~
乗用車 70,000円~ 50,000円~
1BOX 90,000円~ 60,000円~

まとめ

いかがでしたか?ガラスコーティングは、艶が出るようになってから人気が上がってきています。他にもガラスコーティングが洗車のわずらわしさから解放してくれるだけでなく、車の塗装を傷・劣化からも守ってくれます。

しかし、業者をどこを選べば良いのか、答えは難しいようですが、大事なのは多数から見積もりを取り、担当者と話を重ね、信頼できる業者を選ぶことです。決して安い金額ではないので、慎重に業者は選定しましょう。