ミシュランのスタッドレスタイヤの選び方を徹底解説!評判と特徴からおすすめタイヤを紹介!

2021年09月23日

ミシュランのスタッドレスタイヤの選び方を徹底解説!評判と特徴からおすすめタイヤを紹介!

labelタイヤ

国内で流通しているタイヤの第一線で活躍しているのは、国内メーカーが中心です。国内のタイヤメーカーは性能に優れており、世界にも多く流通しています。日本に流通している海外メーカーのタイヤは格安タイプが多くなっていますが、ミシュランスタッドレスタイヤに関しては高性能で高い人気がある海外のタイヤメーカーです。今回はミシュランスタッドレスタイヤの商品について紹介していきます。

ミシュランとは?

masaさんのNISSAN GT-RR35の画像
masaさんのNISSAN GT-RR35の画像
引用元:masaさんの投稿

ミシュランのタイヤをご紹介する前に、まずはミシュランとはどういう会社であるかをご説明します。

フランスのタイヤメーカー

「ミシュラン」はフランスに本拠地を置く世界最大級のタイヤメーカーです。19世紀末ごろに、ゴム製の空気入りタイヤいわゆる「ラジアルタイヤ」を世界で初めて実用化に成功した会社で、タイヤ製造は自動車向けのみならず、大型車両や農業用、飛行機やスペースシャトルのタイヤまで幅広く取り扱っています。

スタッドレスタイヤについてはミシュランは日本でスタッドレスタイヤを初めて販売したパイオニア。フランスのメーカーですがスタッドレスタイヤについては、世界でもっとも過酷な条件が揃うとの理由から日本で開発されています。

また、有名なグルメガイド誌「ミシュランガイド」を運営する会社でもあります。

ミシュランの特長

19世紀末から創業しているという長い歴史を持つミシュラン。タイヤに関するノウハウや技術は他社を引き付けない独自の技術を持っています。特に雨天時の濡れた路面に強く、その性能は晴れの日と変わらないといわれるほど。ミシュランのウェット性能はフランス国内のみならず全世界において高い評価を得ており、信頼がおけるといえます。

また、ミシュランは多くのタイヤブランドを持っていますが、特に上級ブランドに値する「PILOTシリーズ」のワイヤーの一本一本にまでこだわったきめ細かさが生み出すタイヤとしての高い性能とバランスの良さは、他社では真似できないものがあります。

ミシュランスタッドレスタイヤの特徴

freeph黒いスリッパさんのハイラックスGUN125の画像
freeph黒いスリッパさんのハイラックスGUN125の画像
引用元:freeph黒いスリッパさんの投稿

凍結している道路の走行機能

今でこそブリヂストンが世界ナンバーワンのタイヤシェアになっていますが、一昔前まではフランスタイヤメーカーのミシュランがもっとも多いタイヤシェアでした。ミシュランと言えば三ツ星レストランなどの格付けで有名ですが、これらのサービスを行っているのもミシュランタイヤなのです。

ミシュランのスタッドレスは凍結している道路の走行機能に優れており、スタッドレスの売り上げは多くなっています。アイスバーンの道路でも走行できるように、ASPテクノロジーという雪のないドライ路面での安定性を高めるためにタイヤ内部の剛性を高めています。

スタッドレスタイヤの種類

ミシュランスタッドレスで売り上げナンバーワンの種類は、X-ICEシリーズです。日本の北海道を意識して製造されたスタッドレスタイヤで、北欧や欧米にも輸出されている商品になります。シリーズに共通して言えるのは、乾燥路の走行性能や高速道路の走行性能に優れていることです。

タイヤの寿命

タイヤの性能はタイヤの素材やスペックによって変わってきます。タイヤの寿命が短いと、すぐに交換が必要になるので、タイヤ本体の金額が安くても意味がありません。また、スタッドレスタイヤは冬の危険な雪道やアイスバーンの路面を走れるように作られているので、夏タイヤに比べて走行性能はより重要な要素です。

ミシュランタイヤの寿命は、平均的な寿命である2万kmを上回っています。スタッドレスタイヤなので、使用する時期も短く、数年以上にわたって使用することができます。一つのタイヤを長く使うという意味でも、ミシュランスタッドレスはおすすめです。

ユーザーの評判

ミシュランスタッドレスの購入を考えている場合に、商品選びの判断材料の一つになるのがユーザーの評判です。ユーザーの評判は、実際に使ったことがある人の意見や口コミになるので、情報の信頼性に優れています。

ミシュランスタッドレスに対するユーザーの評判として多いのは、寿命が長いこと、乾燥路に優れていることへの高い評価です。一方、スタッドレスで必要となる雪道やアイスバーンの走行に関しては、意見が分かれます。ただし、スタッドレスとしての基本的な機能には満足している声が大半です。

雪道と乾燥した道路の走行比較

ミシュランスタッドレスは、タイヤの柔らかさと硬さの性能を兼ね揃えたASPテクノロジーが導入されています。タイヤの硬さはタイヤの強度が必要となる乾燥路、タイヤの柔らかさはタイヤの柔軟性が必要となる雪道に必要です。雪道でも乾燥した道路でも走行できるようになっています。

スタッドレスという位置づけのタイヤでありながら、機能性はオールシーズンタイヤのようになっています。気温が比較的高い西日本の日本海側のように、降雪頻度は高いものの乾燥路面の状態も多い地域に適しているタイヤです。

他社のスタッドレスタイヤとの比較

国内メーカーの主要のスタッドレスと比較して、ミシュランスタッドレスはやはり乾燥路の走行性能に優れています。トレッド面のブロックの剛性を支える機能がある縦方向のZサイプや路面を掻くようなエッジ効果を発揮する横方向のZサイプはブレーキ性能やグリップ力に貢献しています。

スタッドレス特有のやわらかい感じは抑えられており、夏タイヤの印象を持つと言うのが特徴です。他のスタッドレスタイヤと同様に雪道やアイスバーンも安定して走ることができます。気温が低下しているアイスバーンでもグリップ感があって安定しています。

ミシュランのスタッドレスタイヤ一覧

こちらがミシュランのスタッドレスタイヤのシリーズ一覧になります。X-ICEブランドでの最新は【X-ICE SNOW】となり、3+は1世代前、 XI3は2世代前のスタッドレスタイヤになります。

ブランド名 対象車種
X-ICE SNOW (エックスアイス・スノウ) 全般
X-ICE SNOW SUV (エックスアイス・スノウ) SUV
X-ICE 3+ (エックスアイス) 全般
X-ICE XI3 (エックスアイス) 全般
LATITUDE X-ICE XI2 (ラティチュード エックス アイス ) SUV
Agilis X-ICE ( アジリスエックス アイス ) バン・トラック

それではX-ICEシリーズの商品それぞれの特徴を見ていきましょう!

X-ICE SNOW / X-ICE SNOW SUV

ななしさんのRAV4MXAA54タイヤの画像
ななしさんのRAV4MXAA54タイヤの画像
引用元:ななしさんの投稿

X-ICE SNOWは、「氷も雪も全ての冬道に、長く続く安心感を届けるスタッドレスタイヤ」が開発コンセプトコンセプト。

新コンパウンドとなるEver Winter Grip(エバー・ウインター・グリップ)コンパウンドを採用。高剛性のポリマーベース材質をコンパウンドに配合、ベースコンパウンドとの摩耗差でより微小な凹凸生成しエッジ効果で水膜を破って接地。高次元でのアイスグリップ効果が生まれます。

X-ICE 3+の登場から3年後にリリースされ、X-ICE 4とする案もありましたがスノー性能を全面に打ち出すためにわかりやすく【SNOW】を取り入れた名称になっています。

X-ICE 3+との比較では、アイスブレーキング性能が9%向上したほか、雪上ブレーキング性能が4%向上。

メーカー公式のテスト走行動画も見てください!

CARTUNEユーザーの投稿

103のサムネイル
103

スタッドレスって雨の日滑ったり コーナーがぬるっとした走りですが ドライでもウエットでも安定した走りです♪

X-ICE 3+

おしょうゆさんのシロッコ13CAVタイヤの画像
おしょうゆさんのシロッコ13CAVタイヤの画像
引用元:おしょうゆさんの投稿

多くのユーザーに選ばれた大人気スタッドレスタイヤである「X-ICE 3」で得た高い技術を生かしつつ、「Mチップ」と呼ばれるコンパウンドを採用しました。これはタイヤの摩耗が進むたびにこのチップが溶け出し、トレッドの表面に細かな穴が空きます。

その穴が氷とタイヤの間にある水分を除去してくれるので、よりタイヤが氷に密着しやすくなるという原理になっています。摩耗しても新品のように氷に食いつくという設計となっています。

メーカー公式の雪上走行動画も確認してください!

CARTUNEユーザーの投稿

ま~さのサムネイル
ま~さ

スタッドレス : ミシュラン X-ICE 3 プラス まだ、数キロしか走っていませんが、夏タイヤと違いがわからない感じでした。 最近のスタッドレスは、進化していますね。 大変気に入っています。

X-ICE XI3

X-ICE XI3 は、ミシュラン独自の技術「トリプル・エックス・ブロック」を用いたモデルです。雪道やシャーベット状の路面での雪上性能はもちろん、非降雪時での高速安定性や静粛性といった点にもこだわっています。

どんな路面でもしっかり支えるMチップと呼ばれる物質、初期性能が長期にわたり持続マックスタッチ、あらゆる走行シーンで高いアイスブレーキング性能やアイストラクション性能を発揮するバリアブルアングルサイプなど、ミシュランのこだわりが詰まっているスタッドレスタイヤです。

接地面の除水を行う「マイクロポンプ」、グリップを増大するための「クロスZサイプ」、ブロックのエッジ効果を高める「ZigZagマイクロエッジ」の三つを備え、凍結面での強力なグリップを確保しています。

2世代前とは言え高次元での雪上性能を実現しています。スタッドレスタイヤは高めのタイヤになるのでコストパフォーマンスを考えると旧世代も選択肢になりえます。

その走行性能は動画でも確認できます!

LATITUDE X-ICE XI2

こちらはタイヤサイズの大きいSUV向けのスタッドレスタイヤです。ミシュランが独自に開発し生み出したオリジナルのトレッドパターン「アドバンス・トレッドブロック」の採用により、滑る原因である氷の水膜を除去しつつ道路の接地面をしっかり確保して、タイヤのグリップ力をあげる事ができます。また、雪の中でもかき分ける排水・排雪効果も高く、悪路走破性を高めるSUVらしい性能を引き出してくれます。

Agilis X-ICE

MICHELIN X-ICE3+と同時にリリースされたバン・トラック向けのスタッドレスタイヤがAgilis X-ICE (アジリスエックスアイス)。

耐久性と経済性に優れたバン・ライトトラック用サマータイヤで人気のAGILIS(アジリス)に、同シリーズのスタッドレスタイヤとしてラインナップに追加されました。

ドライ路面及び凍結路面や降雪時などの多様な路面状況に対する安全性能を確保されており、乗用車並みの氷雪性能と商用車向けの耐久性を併せ持っています。

Agilis X-ICEは3つの技術で強力なグリップを実現

  1. 【マイクロポンプ】縦横に配置されたクロスZサイプ(細かな溝)と連動して効果的に除水してしっかり路面を捉えてくれます。
  2. 【クロスZサイプ】Z状の細かな溝が路面をワイドに捉え水の膜を効率的に除去、摩擦力を向上させます。
  3. 【ZigZagマイクロエッジ】ブロックのエッジ部分に独自のカッティングを行い協力なアイスグリップを実現しています。

ミシュランスタッドレスタイヤの買い方

とみさんのコンパスM624タイヤの画像
とみさんのコンパスM624タイヤの画像
引用元:とみさんの投稿

通販サイトで購入

ミシュランスタッドレスの買い方として、通販サイトでの購入があります。大手ショッピングサイト、車パーツの通販サイトなどで取り扱いがされています。通販サイトで買うメリットは、同じ商品の中でも一番安い商品を選んで購入することができることです。

ミシュランスタッドレスは種類が多くないので、購入したい対象を絞って選ぶことができます。通販サイトによっては、タイヤの購入だけでなく交換や装着のサービスを行っているところもあります。事前に確認してから購入を進めていきましょう。

カー用品店で購入

ミシュランスタッドレスは、カー用品店でも多く取り扱われています。タイヤ専門店のようにタイヤのバリエーションは多くありませんが、取り扱っていればセールやポイントの対象になるのでお得に買えるケースもあります。

ミシュランスタッドレスが欲しい場合は事前に在庫や取り寄せについて確認しておく必要があります。カー用品店で購入する場合等は事前に在庫を確認しておきましょう。

まとめ

103さんのデミオ洗車の画像
103さんのデミオ洗車の画像
引用元:103さんの投稿

いかがでしたか?ミシュランスタッドレスは、雪道やアイスバーンの路面でも高い走行性能を発揮します。海外を代表するタイヤメーカーであり、日中も氷点下を切る世界の国々にタイヤを販売していることもあり、信頼性にも優れています。

雪道の経験が少ない初心者にも、ミシュランスタッドレスはおすすめです。