30系プリウスにおススメのシートカバー、5選紹介します!

2019年07月30日

30系プリウスにおススメのシートカバー、5選紹介します!

labelプリウス labelシート label便利グッズ

今回は、30系プリウスのおすすめシートカバーを紹介!発売から10年が経つ30系プリウスは、使用や経年による痛みが目立ちがちです。シートカバーを装着あるいは交換することで、そういった目に見える痛みを一層するだけでなく、プリウスのインテリアを一新させることができます。

シートカバーの選び方

車の進化と同じように、シートの性能やデザインも常に進化しています。2009年デビュの30系プリウスのインテリアは、最新の50系プリウスに比べればどうしても見劣りしてしまうのは仕方がありません。だからといってシート自体を交換するのは非現実的。そこでシートカバーの出番です。

シートカバーなら純正シートの上にかぶせて使用するだけのため、費用は最小限で最大限のドレスアップ効果を生み出します。また、クッション性の高いカバーや撥水性に優れたカバーならば純正シートの足りない性能を補うこともできます。

長年の使用で毛羽立った表皮や、飲み物をこぼしてシミになってしまった箇所を隠すのにもシートカバーは効果的。シートカバーは、古くなった車のインテリアを生まれ変わらせることのできるもっとも手軽なアイテムです。

おススメシートカバー5選

Clazzio(クラッツィオ) シートカバー ダイヤステッチ ET-0126

シートカバーで定評のあるクライッツィオの、ダイヤキルトステッチがデザインされたシートカバーです。シート表皮は、通常の合成皮革よりも柔らかく仕上げたBioPVCを使用。 座面と背もたれのクッションは10mm厚のウレタンを使用し、乗り心地の向上も期待できます。

カラーラインナップはブラウン×アイボリーステッチ、ブラック×ホワイトステッチ、ブラック×レッドステッチの3種です。

Bellezza(ベレッツァ) カジュアルシートカバー

シートカバーブランドであるベレッツァの、豊富なカラーラインナップが特徴のシートカバー。ブラックとホワイトをはじめとした全6種類のカラーのほか、ブラウンやワインレッドなど4種のオプションカラーを用意することで、よりイメージに近いインテリアに仕上げることができます。

表皮はスタンダードなPVCながら、防水、抗菌・防臭加工が施され、縫製はダブルステッチ処理された高品質なシートカバーです。

レガリア 超撥水シートカバー

ファブリックシートながら驚異的な撥水性を発揮するシートカバーです。ファブリックシートの通気性を保ったまま、水滴がコロコロと流れるほどの撥水性が与えられています。

伸縮性にも優れ、装着のしやすさやフィット性にも配慮されており、抜群の機能を誇ります。夏は熱く、冬は冷たくなる本革やPVCカバーは避けたい方におすすめです。価格も安価であるため、撥水性が落ちてきたら気軽に新品交換できる点も魅力です。

Artina(アルティナ) スタンダードシートカバー

純正シートのみならずレカロシート用のカバーもラインナップするアルティナが販売するスタンダードモデルです。

表皮は一般的なPVCながら、高い難燃性とクッション性を備える4層構造。座面と背もたれには滑り止めの為のくぼみがつけられたティンブル生地を採用。2種の生地をダブルステッチで縫い合わせることで完成した、高級感ある優れたシートデザインが特徴です。

grace(グレイス) シートカバー エクスクルーシブライン

豊富なシートカバーラインナップを誇るグレイスの最上級シートカバーです。最大の特徴は、高級車にみられるボーダー形状のクッションデザイン。それにより前後方向の身体のズレを防ぎ、運転姿勢を保ちながら高いクッション性を確保しています。

取り付けしやすいように滑り止めやマジックテープ位置が設計されているのもポイント。やや高価ですが価格に見合った魅力のあるシートカバーです。

まとめ

シートは車内の広い面積を占めるため、シートカバーを装着することで30プリウスのインテリアを一新させることができます。シックな内装に仕上げるならブラックのシートカバーを選ぶのがもっともスタンダード。おしゃれにしたいならブラウンやベージュなどの落ち着きのある色合いのカバーがおすすめです。

表皮は耐久性や撥水性などの総合性能に優れる合成皮革(PVC)がもっとも一般的ですが、ムレが気になる方はパンチング加工されたカバーや、布製(ファブリック)を選ぶことで、より快適な運転環境を整えることができます。

30型は、歴代プリウスのなかでも販売台数がもっとも多いプリウス。他のプリウスとの差別化を図るためにも、シートカバーは有効な手段です。