カローラレビンAE110/AE111用マフラー5選紹介します! | CARTUNEマガジン
カローラレビンAE110/AE111用マフラー5選紹介します!

2019年07月26日 (更新:2020年08月20日)

カローラレビンAE110/AE111用マフラー5選紹介します!

labelカローラレビン labelマフラー

1995年から2000年にかけて生産・販売されていたトヨタのカローラレビンAE110型とAE111型は今でも人気のある車種です。今回はこれら2つの車種にオススメのマフラーを5つ紹介します。AE110/AE111型レビンの購入を検討している方や、すでに所有していてこれからマフラーを交換したいと考えている方にオススメの内容です。

カローラレビン AE110/AE111のマフラーを選ぶうえでの注意点

masaさんのカローラレビンAE111の画像
masaさんのカローラレビンAE111の画像

カローラレビン AE110/AE111型のマフラーを選ぶ上で注意するべきことは以下の3点です。

まず1つ目は適合を確認することになります。販売期間は同じですので、AE110型に適合するのか、それともAE111型に適合するのかどうかを必ず確かめましょう。車体は同じで両者の互換性率は高いので、バンパー形状の違いの有無などを確認すると良いです。

2つ目は車検に適合するかどうかを確かめることです。街乗りで使用する場合には車検に適合するマフラーを使用する必要があります。車検適合の可否については製造メーカーのホームページを利用するなどして確かめましょう。

3つ目はマフラー部分で最低地上高9cm以上確保することです。マフラー部分で最低地上高が9cm以上ないと車検に通らないので、その点も確かめておきましょう。

カローラレビン AE110/AE111用マフラーおススメ5選!

フジツボ Legalis R

フジツボ Legalis Rは低中回転域におけるトルクアップならびに高回転域における優れた効率性を達成したマフラーです。街乗り向けからレーシング仕様の車両まで、幅広く使うことができます。GF-AE111型でエンジン型式4A-GEのカローラレビン装着可能です。価格は税込84,240円となっています。

フジツボ Legalis R:ユーザーレビューページ

公式サイト

柿本改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev.

引用元:www.kakimotoracing.co.jp

柿本改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev.は1995年5月~1998年4月の年式のE-AE111型カローラレビン向けオールステンレスマフラーです。車検対応ですが、GF-AE111型レビンへ装着の場合は車検不対応となります。価格は税込86,400円です。

柿本改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev.:ユーザーレビューページ

公式サイト

柿本改 Kakimoto.R

柿本改 Kakimoto.Rは年式1995年5月~1998年4月のE-AE111型カローラレビンと年式1998年4月〜2000年7月のGF-AE111型に装着することのできるオールステンレスマフラーです。どちらもJASMA認定マフラーで車検対応、価格は税込81,000円になります。

柿本改 Kakimoto.R :ユーザーレビューページ

公式サイト

5ZIGEN ボーダー304スピード

引用元:www.5zigen.co.jp

5ZIGEN ボーダー304スピードは競技専用マフラーとして5ZIGENから販売されているマフラーです。メーカーによれば、年式1995年6月~2000年8月のE-AE111に装着できるとなっています。GF-AE111型への装着の可否は要確認です。価格は税込81,000円となっています。サウンドだけでなく性能もマフラーに求める方にオススメです。

5ZIGEN プロレーサーZZ

5ZIGEN プロレーサーZZは年式1995年6月~2000年4月の型式E-AE111・エンジン4A-GE向けのオールステンレスマフラーです。車検対応のマフラーとなっています。価格は79,920円です。

公式サイト

まとめ

つかやまさんのスプリンタートレノAE111の画像
つかやまさんのスプリンタートレノAE111の画像

今回はトヨタ カローラレビン AE110/AE111用マフラーでオススメのマフラーを5種類紹介しました。メーカーのホームページを見たところでは111型カローラレビン用として販売されていることが多いので、110型レビンのオーナーで装着可能な社外マフラーを探している場合には互換性を確かめる・バンパー形状の違いを確かめるなどすると良いでしょう。

111オーナーの場合には、年式によって車検対応となる場合とならない場合があるので、その辺りはメーカーに問い合わせてみてください。ルールを守ってマフラーチューニングを楽しみましょう。

新着記事

もっと見る >>

おすすめ記事