BMWユーザーに人気の純正カスタマイズアクセサリー「M Performance パーツ」

2019年09月19日

BMWユーザーに人気の純正カスタマイズアクセサリー「M Performance パーツ」

label車雑学

BMWユーザーに人気の純正カスタマイズアクセサリー「M Performance パーツ」のラインナップと、人気の秘密である素材や仕上げの質感を確認してみます。

M Performance パーツとは

引用元:http://bmw-japan.jp

M Performanceパーツとは、BMWのモータースポーツ活動を担うM社のテクノロジーが投入された人気の純正カスタマイズアクセサリーです。BMW車、各シリーズ向けに専用設計されたエアロパーツを中心として、幅広い商品ラインナップを用意しています。

純正品ですので、品質に対するユーザーの評判がとても高いのも特徴です。車種によっては本物のドライカーボンを用いたエアロパーツやインテリアパーツも提供されています。

M Performanceパーツのラインナップを確認

多くのラインナップを取り揃えるM Performanceパーツをジャンルごとに確認してみましょう。

足回り関連

引用元:http://bmw-japan.jp/accessories/performance/index.html

足回り関連のパーツには、定番のサスペンションやホイールだけではなく、Mモデル向けにはカーボンセラミックブレーキがラインナップされているなど、他の自動車メーカーであればメーカーオプション扱いの本格的なパーツも提供されています。

保安部品であるブレーキ関連パーツをラインナップする点は、多くのテストに裏付けられた信頼性の表れとBMWの自信を感じさせます。

インテリア関連

引用元:http://bmw-japan.jp

インテリアパーツも豊富に用意されています。およそユーザーの目につくステアリングやシフトノブ、サイドブレーキ、ドアハンドル、フットペダル、フロアマットまでもM Performanceパーツでまとめることが出来ます。

引用元:http://bmw-japan.jp

ステアリングは上部にレーシング・ブルー・センターマークのレザー意匠が施されたアルカンターラ仕上げのものや、各種走行モードを切り替えて表示可能なEL&LEDディスプレイ付きのものもラインナップしています。

このディスプレイ付きステアリングでは、表示モードを切り替えることでLEDによるシフトタイミングなども表示可能です。まさにレーシングカーで採用されているような装備といえ、レーストラックにおけるM社の経験から開発されたのを物語るパーツです。

これらのステアリングにあわせるかのように、同じくMステッチ入りのアルカンターラ仕上げのシフトノブ、サイドブレーキ、センターアームレストなども用意。統一ある雰囲気に仕上げることが可能です。

エクステリア関連

引用元:http://bmw-japan.jp

エクステリア関連パーツには、フロントとリアのスポイラーやリアディフューザーを用意しています。これらのパーツもクリアコート仕上げのカーボン製で、価格は社外品よりも高価ながらもフィッティングやデザインとのマッチングは最高です。

その他にも人気のエクステリアパーツとしてはM Performanceブラック・キドニー・グリルがあります。これは通常ではメッキ調仕上げのキドニー・グリルをクリアブラック仕上げとすることでフロントフェイスの迫力を増し、全体的なフォルムもスポーティーに仕上げる効果があります。

BMW車のアイコンであるキドニー・グリルだけに、交換した場合の視覚的効果が大きいのも人気の理由でしょう。

アクセサリー関連

引用元:http://bmw-japan.jp

更にM Performanceパーツでドレスアップしたいというユーザー向けのアクセサリーも充実しています。

いつも身につけるキーケースはこちらもアルカンターラ製で、統一感のある仕上がりです。その他にも各種ステッカー類やストライプセットなども提供されていますので、最後の仕上げに他のM Performance パーツ装着車とは違う雰囲気を漂わせてみるのはいかがでしょうか。

取り扱い店舗

引用元:http://bmw-japan.jp

M PerformanceパーツはBMW Japanの販売する純正アクセサリーですので、購入は最寄りのBMWディーラーでOK。取り寄せや取り付けの相談も可能です。

まとめ

BMWユーザーに人気の純正アクセサリー、M Performanceパーツに注目してみました。エクステリアからインテリアまで、車両全体を統一感のある仕上がりとする豊富なパーツのラインナップが用意されているのがわかりました。

また、ドライカーボンやアルカンターラなど使用する素材にもこだわることで、実際にパーツを取り付けた後の満足度がかなり高いのも特徴です。

BMW車をカスタマイズするなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。