低燃費・高コスパ!燃費の良い軽自動車8選を紹介します!

2019年08月19日

低燃費・高コスパ!燃費の良い軽自動車8選を紹介します!

label車雑学

2019年上半期、国内販売台数でN-BOXが13万台を突破。この数字は、軽自動車の人気をよく表した例でしょう。環境性能の高さがウリの軽自動車。今回はその中からピックアップした低燃費で高コスパな軽自動車8選をご紹介します。

低燃費・低コストな軽自動車をご紹介!

軽自動車に乗るメリットとして、真っ先に挙げられるのが燃費の良さです。軽自動車は、セダンやSUVと比べ、ボディが小さい=重量が軽くエンジンも小型。そのため、走行するために必要なエネルギーや燃料を少なく抑えることができます。

軽自動車以外のモデルも年々環境性能の向上していますが、それでも軽自動車の燃費性能は普通車と比べると高い水準にあります。また、税金などの維持費の安さも忘れてはいけません。軽自動車の税金は10,800円であることに比べ、コンパクトカーに相当する排気量である、1,000cc超1,500cc以下のモデルでは34,500円となります。

こういった面からも、軽自動車のコストパフォーマンスの良さは強力な武器。軽自動車のニューモデルが、続々と市場に投入されるのもうなづけます。それでは、低燃費で高コスパを誇る軽自動車たちを見ていきましょう。

スズキ・6代目『ワゴンR ハイブリッド』

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

特徴

2017年に登場した6代目ワゴンRは、スティングレーと共にベースグレード以外は全てマイルドハイブリッド搭載モデルとしてデビューしました。

先代の一部グレードにのみ搭載されていた、「Sエネチャージ」をさらに発展させ、ハイブリッドシステムの高出力化とバッテリーの大容量化により、さらなる環境性能を発揮するモデルとなっています。

また、エクステリアデザインにおいて、フロントフェイスをグレードによって異なるデザインとしたこともトピックスでしょう。「ハイブリッドFZ」には「FA」や「ハイブリッドFZ」とは異なる専用のフロントデザインが与えられており、軽自動車としては珍しい「3フェイス(スティングレー含む)」での展開となっています。

インテリア・実用性

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

ワゴンRハイブリッドの室内は、従来よりもホイールベースを35mm延長したことでとても広く感じられます。それは新世代プラットフォームである「Heartect」を採用したことによる恩恵であり、後部座席の居住性も確保されています。

現行型より初採用となったセンターメーターも目新しく、運転席の解放感と数字以上の快適性をもたらしました。フロントシートはベンチ式となっており、助手席座面下には取っ手付きのシートアンダーボックスが配置されています。

ラゲッジスペースは後席のスライド調整や分割機構などにより、さまざまなアレンジが可能。積み込む荷物のサイズや用途に合わせて、自由自在に使い分けることができるようになっています。

走行性能・燃費

ワゴンRハイブリッドのグレード「FX」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1650mm
車両重量 770kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力 エンジン:38kW(52PS)/6500r.p.m.モーター:3.2kW(3.1PS)/100rpm
最大トルク エンジン:60N・m(6.1kgf・m)4000/r.p.m.モーター:50N・m(5.1kgf・m)/100rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD(前2輪駆動)
燃費(JC08モード) 33.4km/L
新車販売価格 1177200円~

ダイハツ・8代目『アルト』

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

特徴

47万円という価格で大きな話題を呼んだ初代アルトがデビューしたのは1979年。今年で40周年を迎えたアルトは、すでに8代目を数えるロングセラーモデルです。

2017年には国内累計販売台数500万台を突破するなど、日本の軽自動車の金字塔とも呼べるクルマ。そんな現行アルトは、ハイブリッド車を除く車種の中でナンバーワンとなる37.0km/Lという圧倒的な燃費性能で注目を浴びました。

圧倒的な低燃費を実現させた理由は、ボディ構造の変更やシートフレームの改良などによる軽量化が主な要因。先代に搭載されていた同型のエンジンを高効率化して搭載したことも、現行型アルトの高い燃費性能に貢献しています。

インテリア・実用性

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

全高が低いアルトは狭苦しいクルマだと思われがち。しかし、実際はそうではありません。先代より全長をほぼ変えないまま、ホイールベースを延長。

室内幅も拡大されたことで、室内は、一見しただけでは分からない快適な空間が広がっています。これがアルトが圧倒的な低燃費を誇る所以。本来、背が高くなれば車重も増加します。車重が増えるほど燃費性能が下がるのは当たり前のこと。また、全高が高くなれば、ゴンドラ型の立体駐車場に入るのも難しくなります。

燃費性能や取り回しの良さがウリであるはずの軽自動車のジャンルとして、ハイトワゴンが流行しているのは、そもそも矛盾が生じています。トレンドは追わず、燃費と実用性という軽自動車が持っていてしかるべき要素を追及しているのが、新型アルトというモデルなのです。

走行性能・燃費

アルトのベースグレード「F」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×14755mm
車両重量 620kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力 エンジン:38kW(52PS)/6500r.p.m.
最大トルク エンジン:63N・m(6.4kgf・m)/4000r.p.m.
トランスミッション 5AGS
駆動方式 2WD(前2輪駆動)
燃費(WLTCモード) 29.6km/L
新車販売価格 847800円~

スズキ『ハスラー』

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

特徴

ハスラーは、トールワゴンとSUVという2つの異なるジャンルのコンセプトを融合させた、軽クロスオーバーです。アウトドアやスポーツのために自動車を利用するユーザーをピンポイントに対象としており、本格的なクロカンにも用いられるジムニーとうまくすみ分けがなされています。

とはいえ、ハスラーもジムニーに負けるとも劣らぬ悪路走破性を備えています。それは、当時の軽自動車としては初採用された、急坂での速度を制御するヒルディセントコントロールや滑りやすい路面でのトルクコントロールやブレーキングを容易にするグリップコントロールによるもの。

Aピラーを立てたロングルーフと鮮やかなボディカラー、個性的なフロントフェイスで派手な印象のあるハスラーですが、高い実力を秘めたモデルなのです。

インテリア・実用性

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

ハスラーのインテリアは、遊び心と使い勝手を両立したインテリアとなっています。特徴的なのは、色鮮やかなカラーパネルでしょう。

ボディカラーに合わせてホワイト・イエロー・オレンジの3色が組み合わせられるインストルメントパネルは汚れにも強く、汚れてもすぐに掃除ができるプラスチック樹脂性。シートもボディに合わせて5色のパイピングが施され、視覚的にも快適性をアップさせます。

シートアレンジもハスラーの実用性をアップさせている重要な要素。サーフボードやスキー板などの長物も、後席と助手席を倒すことで積載可能です。フロントシートを最大まで倒すことで、フルフラットの車内も実現することができます。

走行性能・燃費

ハスラーのグレード「A」CVTモデルの基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1665mm
車両重量 750kg~
乗車定員 4名
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力 エンジン:38kW(52PS)/6500r.p.m.
最大トルク エンジン:63N・m(6.4kgf・m)4000/r.p.m.
トランスミッション インパネシフトCVT
駆動方式 2WD(前2輪駆動)
燃費(WLTCモード) 26.6km/L
新車販売価格 1100520円~

ダイハツ・2代目『ミライース』

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

特徴

ミライースは、ダイハツの軽自動車ラインナップの中でもエントリークラスとされるモデル。ハイブリッドやEVに次ぐ、「第三のエコカー」として2011年にデビュー。リーズナブルな価格もさることながら、ライバル車であるスズキのアルトと燃費性能を競い合ったことでも注目を浴びました。

現行型ミライースは2017年に誕生。現行ムーヴより採用されているプラットフォーム「Dモノコック」を用いながらも、ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの設計思想を先取りしたボディ構造を採用。

先代より80kgほども軽量化されたボディと走行抵抗の軽減により、ジャンルトップクラスの低燃費を実現し、走りの質感も高められています。

インテリア・実用性

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

デジタルメーターも視認しやすく、スイッチ類にも手が届きやすいコクピットは、非常に運転しやすい運転席になっています。シートをヘッドレスト一体型のハイバックシートへ変更されているものの、背もたれや座面に包み込まれるような感覚は丁寧な作りこみを感じさせてくれます。

後席も、座った膝先には十分な余裕がある設計になっているのに加え、頭上スペースも確保されているため、大人でも窮屈さを感じることが少ない居住空間になっています。

ラゲッジスペースは、後席スペースの犠牲となっているため、最小限の広さにとどまっていますが、後席シートを倒すことにより荷室は拡大。十分実用的な容量を確保することができます。

走行性能・燃費

ミライースのベースグレード「B」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1500mm
車両重量 650kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力 エンジン:36kW(49PS)/6800r.p.m.
最大トルク エンジン:57N・m(5.8kgf・m)/5200r.p.m.
トランスミッション CVT
駆動方式 FF(前2輪駆動)
燃費(JC08モード) 35.2km/L
新車販売価格 842,400円~

ダイハツ『キャスト』

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

特徴

現行型キャストは2015年にデビューしました。「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに、丸形ヘッドライトや愛着の湧きやすいエクステリアと、高い質感の内外装を持つモデルとして開発されました。

キャスト最大の特徴は、なんといっても異なる3つのバリエーションで、ユーザーのスタイルに応じたモデルチョイスができるようになっている点です。

悪路走破性を高めたSUVとして使える「アクティバ」、洗練された上質さと都会的な雰囲気をアピールする「スタイル」、チューニングされた足回りや専用のエアロパーツを装備する「スポーツ」という3つのバリエーションで展開するキャストは、価格をリーズナブルに抑えたまま、同モデル内で差別化が図られている個性的なクルマです。

インテリア・実用性

引用元:https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

インテリアもチョイスするモデルにより、カラー等が大きく異なります。例えば、「アクティバ」や「スタイル」ではオプション扱いとなるインテリアパッケージの「プライムインテリア」が標準装備となっていたり、「スタイル」ではバーガンディがオプションとして設定できるといった具合。内装も、自分仕様に仕上げられるよう配慮されています。

ベースとなったムーヴよりもわずかに狭い室内となりますが、それでも居住性は上々。ボディカラーと組み合わせられるカラーパネルやツートン生地シートが装備され、雰囲気も上質そのもの。水平基調でシンプルに使いやすくまとめられたコンソール類が、キャストの都会的な印象を加速させてくれます。

走行性能・燃費

キャストのグレード「スタイル X」の基本的なスペックは以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1600mm
車両重量 840kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷直列3気筒
最高出力 エンジン:38kW(52PS)/6800r.p.m.
最大トルク エンジン:60N・m(6.1kgf・m)/5200r.p.m.
トランスミッション CVT
駆動方式 FF
燃費(JC08モード) 30.0km/L
新車販売価格 1,225,800円~

ホンダ・2代目『N-BOX』

引用元:https://www.honda.co.jp/?from=auto_header

特徴

現在、日本国内で最も売れているのがこのN-BOXです。初代が販売されたのは2011年で、それより2013年、2015年、2016年と軽自動車カテゴリーで最多の販売台数を記録しました。

2代目N-BOXは現行型となり、リリースされたのは2017年。基本的なデザインを初代より引き継いで、安全に関する装備をさらに充実したものにされています。

普通車と同等の安全運転支援システムであるHonda SENSINGを搭載し、アダプティブルクルーズコントロールも装備されたことで高速道路走行時の快適さも向上しています。さらに、環境性能はもとより、動力性能も向上。プラットフォームが刷新されていることから、走行安定性も改善されています。

インテリア・実用性

引用元:https://www.honda.co.jp/?from=auto_header

N-BOXは、広大な室内空間で人気を不動のものにしたモデルです。エンジンをダウンサイジングし、ホイールベースを延長したことにより、軽自動車らしからぬ居住性を獲得しました。

さらに、燃料タンクの位置を前席下部にすることで、後部座席を低床化することに成功。荷室容量も軽自動車カテゴリーでトップクラスの広さを誇っています。

また、助手席には助手席スーパースライドシートを採用。助手席を前後に570mmも稼働させることができ、先代よりさらに室内の使い勝手も向上させています。

走行性能・燃費

N-BOXのベースグレード「G・Honda SENSING(ベンチシート仕様車)」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1790mm
車両重量 890kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷直列3気筒横置
最高出力 エンジン:43kW(58PS)/7300r.p.m.
最大トルク エンジン:65N・m(6.6kgf・m)/4800r.p.m.
トランスミッション 無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
駆動方式 FF
燃費(JC08モード) 27.0km/L
新車販売価格 1385640円~

ホンダ・2代目『N-WGN』

引用元:https://www.honda.co.jp/?from=auto_header

特徴

2019年8月9日より、フルモデルチェンジを受けて販売開始となる現行型N-WGNは、日本で最も売れているクルマ・N-BOXやビジネス、レジャーなどシーンを選ばずに使える軽バンとして人気が高いN-VANから続くホンダの「N for Life」の第三弾です。

依然として需要が高いハイトワゴン市場に投入される新型N-WGNは、面で構成された箱型のボディデザインとなっており、余計な加飾を省いたシンプルで親しみやすいエクステリアを強調。

丸いヘッドライトや、大型化したグリルは機能的な軽自動車であることがアピールされています。N-BOXと共に、軽自動車市場をけん引していくことが期待されるモデルとなっています。

インテリア・実用性

引用元:https://www.honda.co.jp/?from=auto_header

インテリアは、先代でも評価の高かった質感をさらにブラッシュアップ。上品さと座り心地の良さが両立されているだけでなく、独特のセンタータンクレイアウトが居住性を大きく向上させています。

荷物の積み下ろしが楽なラゲッジスペースは、搭載されているボードを利用することで荷物を並べるのではなく、上下二段の積みわけを可能にするなど、独自の工夫が見られます。

先進・安全装備の面では、軽自動車として初の「パーキングセンサーシステム」を採用。リヤバンパーに装着された超音波センサーが、車両後部への障害物の接近をアラームとディスプレイ表示で知らせてくれるようになっています。

駐停車時の安心感は、従来までのモデルでは感じることができないレベルにまで達しているといえるでしょう。

走行性能・燃費

N-WGNのベースグレード「G・Honda SENSING」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1675mm
車両重量 850kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷直列3気筒横置
最高出力 エンジン:43kW(58PS)/7300r.p.m.
最大トルク エンジン:65N・m(6.6kgf・m)/4800r.p.m.
トランスミッション 無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
駆動方式 FF
燃費(JC08モード) 29.0km/L
新車販売価格 1,274,400円~

スズキ・2代目『スペーシア ギア』

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

特徴

スペーシアギアは、2018年に誕生した同ブランドのスペーシアに、SUVのテイストを加えて仕上げられたモデルです。スーツケースをモチーフにした箱型のシンプルな外見を持ち、無骨さが感じられるマットな質感のスチールホイールやフロント周りなど、「ギア感」を感じることができるアイデアが各所にちりばめられています。

また、全車に搭載されるモーターと発電機が搭載されるISGにより、発進・加速がスムーズに行え、燃費の向上にもつながっています。モーターのみで走行ができるようなシステムではないものの、アイドリングストップからの再発進が静かに行える点なども、スペーシアギアの大きな魅力の一つでしょう。

インテリア・実用性

引用元:https://www.suzuki.co.jp/

黒を基調としたインテリアには、スペーシアギアの「道具」としての有用性を演出するツールボックスモチーフのインパネアッパーボックスを装備。高級車のそれとは全く異なる、遊び心に溢れた演出がなされています。メーターやステッチに施されたカラーの加飾が、その最たる部分でしょう。

さらに、シートには撥水加工が施されたことで、汚れをふき取りやすい防汚タイプのラゲッジフロアと共に室内の清掃も楽に行えるほか、パーソナルテーブルや助手席の背面にあるシートバックポケットなどで、収納性も強化。助手席を倒すことでフラットになるシートのおかげで、長物の積載も可能となっています。

走行性能・燃費

スペーシアギアのグレード「HYBRID XZ」の基本的なスペックは、以下のようになっています。

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395mm×1475mm×1800mm
車両重量 880kg
乗車定員 4名
エンジン 水冷4サイクル直列3気筒
最高出力 エンジン:38kW(52PS)/6500r.p.m.モーター:2.3kW(3.1PS)/100rpm
最大トルク エンジン:60N・m(6.1kgf・m)/4000r.p.m.モーター:50N・m(5.1kgf・m)/100rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD(前2輪駆動)
燃費(JC08モード) 28.2km/L
新車販売価格 1614600円~

まとめ

クラシックなハッチバックスタイルのモデル、ハイトワゴンを超えたスーパーハイトワゴンと呼ばれるモデル、アクティブなユーザーをターゲットとしたSUVテイスト溢れるモデル…というように、一口に軽自動車といってもさまざまなコンセプトで開発された、魅力的なモデルが数多く存在しています。

燃費がよくて、車内が快適なのは当たり前。そんな現代人のニーズに合わせて、各メーカーはプラスアルファの要素を持ったクルマを市場に投入しています。これまでは軽自動車に興味がなかった方も、この機会に驚くような環境性能を持った軽自動車たちに触れてみてはいかがでしょうか。