車種別!レンタル可能なオープンカーをご紹介

2019年08月16日

車種別!レンタル可能なオープンカーをご紹介

label車雑学

全国のオープンカーを取り扱うレンタカーを、車種別で紹介します。オープンカーは実用性の観点から実際に所有するのは難しい車。しかし、観光地の空気を思う存分楽しむのならオープンカーをレンタルするのが最適です。

HONDA S660

ホンダ S660は屋根部分のみが脱着可能なタルガトップの2シーター・オープンカー。最大の特徴はレーシングカーのようにリアミッドシップにエンジンを搭載していることです。それにより、S660の走りは軽自動車ながらスポーツカーそのもの。

ただし、収納スペースが少なく、実用性に欠けるため、レンタカーとして取り扱う店舗はそれほど多くありません。しかし、一人旅なら助手席をラゲッジスペースにできるため必要z十分。オープンカーで一人旅を満喫したい方におすすめです。

おもしろレンタカー

主に関東圏でスポーツカーのレンタル業を行う「おもしろレンタカー」では、千葉県「野田本店」にてホンダ S660(6速MT)の貸出を行っています。レンタル料は6時間 7,610円から。お盆期間中は割増料金となります。

Jネットレンタカー

全国展開する「Jネットレンタカー」では静岡県のなかでも、「静岡店」と「静岡駅新幹線口店」の2店舗のみで、期間限定の「ホンダ S660体感キャンペーン」を実施中。当日返却料金7,560円でS660を体感できます。

ホンダレンタリース

ホンダオートレンタリース北海道の「札幌駅東口店」と「新千歳空港ラベンダー店」は夏の北海道レジャーに向けてホンダ S660のレンタルを行っています。ただし、レンタルするには免許取得3年以上が条件。当日返却料金は9,720円(7〜8月中は12,960円)です。

ホンダオートレンタリース

神奈川県でS660をレンタルできるのは、ホンダオートレンタリース神奈川。免許取得3年以上の条件つきですが、当日返却料金11,800円でS660をレンタルすることができます。CVTなので、MTの運転に自信のない方でも安心です。

ホンダカーズ東京中央

東京都内に72店舗を構える「ホンダカーズ東京中央」では、MTのS660がレンタル可能。料金は6時間 14,040円から。レンタルの際は事前予約のうえ、都内のどの店舗でも乗り出すことが可能です。初音ミクとのコラボカー(CVT)のレンタルも受け付けています。

MAZDA ロードスター

マツダがつくる世界一ハイコストパフォーマンスを誇る2シーター・オープンスポーツカーがマツダ ロードスター。徹底した軽量化と、FRらしいハンドリングに重点をおいて設計される歴代ロードスターは、車の本質をドライバーに教えてくれます。

タイムズレンタカーでは、ほぼ全国の店舗でマツダ ロードスターを取り扱います。おもしろレンタカーでは、歴代ロードスターを取り扱うため、乗り比べることも可能。いずれのロードスターも、2人分の軽い荷物なら積めるトランクルームを備えるため、2人での小旅行が可能。開放感あふれるオープンカーとしても一級品です。

タイムズレンタカー

レンタカー大手「タイムズレンタカー」では、ND型マツダ ロードスターを全国的に広く取り扱っています。トランスミッション形式はATが主流。しかし、地方や店舗によってはMTや、電動リトラクタブルトップのロードスターRFのレンタルもおこなっています。レンタル料金は6時間 16,632円からです。

おもしろレンタカー

関東圏を中心に、スポーツカーのレンタルをおこなう「おもしろレンタカー」では、最新のNDロードスターをはじめ、初代NAロードスター、3代目NCロードスターも取り扱っています。

ただし、すべてMTであることには注意が必要です。 ND型ロードスターを取り扱うのは「野田本店」「成田空港店」。レンタル料金は6時間 8,020円からです。

BMW MINI コンバーチブル

2001年にBMWによってリメイクされたブリティッシュコンパクトカーの「MINI」。屋根を取り払ったコンバーチブルモデルは、4人が乗車可能で小旅行なら十分こなせる居住性を備えます。ハンドリングはクイックで、まるでゴーカートに乗っているようなスポーティで開放的な気分が味わえます。

取り扱い店舗は少ないものの、観光地では人気の車種。キュートなスタイリングは女子旅のよき相棒となるでしょう。

おもしろレンタカー

豊富なスポーツカーを取り揃える「おもしろレンタカー」では、「東池袋店」でMINIコンバーチブルを扱っています。

しかも、レンタルできるのはターボで出力を強化したMINI クーパーS。キュートなスタイリングには不釣り合いの刺激的な走りが楽しめます。レンタル料金は6時間 7,776円からです。

エクセルレンタカー

那覇空港から5.5kmに位置する「エクセルレンタカー」は、豊富なMINIラインナップが特徴。

なかでも一番人気はMINIコンバーチブル。電動幌の開閉は20秒で完了するため、急なスコールでも安心。琉球の風を思う存分感じられる1台です。レンタル料金は当日返却で14,800円からです。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ

1938年に生産を開始してから、3代にわたって特徴的なスタイリングをほとんど変えることなく「ビートル」の相性で親しまれ続けるフォルクスワーゲンの看板車種。運転席からでもわかる独特の丸いボディは、観光地でレンタカーで旅をしていることを強く意識させられます。

4人乗りのカブリオレであるため、開放感と居住性は十分。北海道や沖縄などの観光地でも人気のレンタカーです

アスクスポーツ

北海道札幌市内に店舗を構え、おもに輸入車のレンタカーを取り扱う「アスクスポーツ」は、2代目ニュービートルをラインナップしています。

1世代前の車とはいえ、北海道の空気を楽しむには十分。事前予約をしておけば、新千歳空港や宿泊ホテルへの配車・引取にも対応してくれます。繁盛期のレンタル料金は6時間10,000円からです。

DIREX

東京都でフォルクスワーゲン ザ・ビートルをレンタルできるのは、南葛西に店舗をおく「DIREX東京」。

先代よりもややシャープなデザインで先進的なスタイリングになったザ・ビートルは都会の景観にもよくマッチします。レンタル料金は1日(9:00〜19:00)16,800円からです。

セレクトレンタカー

沖縄の海と空に似合うライトブルーのザ・ビートルを取り扱うのは、那覇空港から車で5分に位置する「セレクトレンタカー」。ほかにも4色のザ・ビートルを取り扱っています。

電動幌の開閉はわずか10秒で完了するため突然のスコールもなんのその。レンタル基本料は6,900円からとリーズナブル。「セレクトレンタカー」女子人気No.1車種です。

BMW Z4

ロングノーズ・ショートデッキの造形とボディのプレスラインが美しいBMWの2シーター・オープンカーがZ4。2003年の初代Z4の登場以来、BMWを代表するロードスターとして高い認知度を誇ります。

エレガントなスタイリングとBMWの優れたハンドリングは、普段のドライブコースの雰囲気が一変。各レンタカーでは新旧Z4を広く取り扱い、いずれのZ4も贅沢な旅を演出します。

おもしろレンタカー

「おもしろレンタカー」の千葉県「野田本店」で取り扱うのは、2.5L直列6気筒エンジンを搭載した2代目Z4。屋根は20秒で収納可能な電動ハードトップを備え、必要に応じて自在に開閉が可能です。レンタル料金は6時間 10,080円からです。

DIREX

東京都内で2代目BMW Z4をレンタルできるのは、東京都南葛西にある「DIREX東京」。グレードは、スムースネスに吹き上がる自然吸気の2.5L直列6気筒エンジンを搭載した23i。利用年齢対象21歳以上の制限があるものの。1日(9:00〜19:00)19,600円からレンタルすることができます。

アスクスポーツ

北海道でZ4を取り扱うのは札幌市内に店舗をおく「アスクスポーツ」。車両は初代BMW Z4とはいえ、3.0Lの231PSを発揮する直列6気筒エンジンで、パワフルな加速をします。事前予約をしておけば、新千歳空港や宿泊ホテルへの配車・引取にも対応。繁盛期のレンタル料金は6時間12,000円からです。

ユーロクラブ

306PSを発揮する3.0Lターボ+7速DCTの2代目BMW Z4をレンタルできるのは、高級車レンタカーを専門に取り扱う「ユーロクラブ」。東京だけでなく加盟店を通して北海道、大阪、名古屋、沖縄でもレンタルすることが可能です。レンタル料金は1日300kmの制限つきで28,000円です。

ACS

沖縄でBMW Z4を借りるなら、那覇空港から車で5分にある「ACS」。車両はシャンパンゴールドカラーの2代目Z4。事前予約で那覇空港、もしくは最寄り駅まで配車してくれます。レンタル料金はシーズンによって異なり、1日10,000〜19,000円まで変動します。

ポルシェ ボクスター

ポルシェ ボクスターは、リアミッドシップに水平対向エンジンを搭載した2人乗りのオープンモデル。そのハンドリングの切れ味は、オープンボディながら本家ポルシェ 911以上ともいわれます。

高級オープンカーであるだけに、ボクスターのレンタル料金は総じて高額です。しかし、ポルシェ ボクスターでの贅沢な旅は、何物にも代えがたい思い出となることでしょう。

DIREX

東京都南葛西の「DIREX東京」で扱うのは2004年に登場した2代目987型ボクスター。水平対向6気筒エンジンを搭載し、オープンエアでポルシェのボクサーサウンドが聴けるモデルです。

スポーツカーとはいえ、電動アクティブサスペンションを装備するため乗り心地は良好。レンタル料金は1日(9:00〜19:00)29,500円です。

おもしろレンタカー

「おもしろレンタカー」の東京都目黒区にある「祐天寺店」でレンタルできるのは、ひときわ目立つイエローボディの2代目987型ボクスターです。

レンタル料金は6時間 12,700円から。年齢23歳以上、運転免許取得後3年以上がレンタル条件です。

ネクストワン

兵庫に本社をおき、東京・名古屋に合計3店舗を展開する「ネクストワン」では、2016年に登場した982型718ボクスターのレンタルが可能です。

現在、24時間単位でレンタルできるのは兵庫本店のみ。1カ月単位であれば東京でもレンタルすることができます。レンタル料金は24時間 48,600円です。

タステックレンタリース

東京・神奈川・埼玉を中心に18店舗を展開し、高級輸入車を専門に扱う「タステックレンタリース」では、2016年登場の982型718ボクスターをレンタルすることができます。乗り出し店舗は18店のなかから選ぶことが可能。レンタル料は24時間49,680円からです。

まとめ

観光地で車をレンタルするなら、観光地の空気を身体全体で感じることのできるオープンカーがおすすめです。電動トップを装備したオープンカーなら、屋根の開閉はボタンを押して、わずか数十秒で完了するため、急な天気の変化にも十分に対応できます。

屋根のないオープンカーでの旅は、より日常からの開放感を演出し、旅の雰囲気をいっそう盛り上げるでしょう。