登録済み未使用車って何?中古車との違いを徹底紹介!

2019年08月14日

登録済み未使用車って何?中古車との違いを徹底紹介!

最近よく耳にする機会の多い登録済み未使用車。新車でないことは分かりますが、一体どのような車両のことを指しているのでしょうか。今回は登録済み未使用車と中古車の違いについて徹底解説したいと思います。

登録済み未使用車って一体どんな車なの?

通常、車を新車で購入すると、工場から出荷される際にオーナー(購入者)の名義で登録されるのが一般的です。しかし、登録済み未使用車はオーナーではなく、ディーラーの名義で登録された新車のことを指します。

ディーラーの名義で購入する理由は様々ですが、工場から出荷したあとにキャンセルが入った場合や、ディーラーの販売台数(ノルマ)が足りずディーラー自体が一時的に車を買い取った場合などが一般的だそうです。

以前は登録済み未使用車は「新古車」と呼ばれていました。しかし、新古車を新車や中古車と間違えて購入してしまう事例が多発したため、購入者側が間違えて購入しないように「新古車」ではなく「登録済み未使用車」と統一されたのです。

中古車とはここが違う!

登録済み未使用車と中古車はいったい何が違うのでしょう。中古車は一度でもオーナー(購入者)が所有した車のことを指します。何年・何万kmにわたって使用された車はもちろん、低走行車両や購入してからすぐに売却した車であっても中古車です。

登録済み未使用車は前述したようなワケがあって、ディーラーなど販売店の在庫として確保されています。そのため、車両の状態としては新車と一切変わらないのですが、たった一度でもナンバー登録された車両であればそれは登録済み未使用車になります。

特にわかりづらいのが、走行距離がごくわずかの中古車と登録済み未使用車の違い。登録済み未使用車はナンバー登録されているとはいえ、一度も公道走行していない新車同然の車両です。また、厳密にはディーラー所有ですが前所有者もいないことになります。

登録済み未使用車のメリット・デメリット

メリット

まずは登録済み未使用車のメリットをご紹介します。登録済み未使用車のメリットは以下の5つです。

  • 新車とほとんど遜色がないが低価格で販売されている
  • 初期法定費用がかからない
  • 納車までの時間が短い
  • 新車保証がついてくる
  • オプション・装備がすでについている場合がある

このように、登録済み未使用車にはたくさんのメリットがあります。できるだけ予算を抑えて新車を購入したい人は、登録済み未使用車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。登録済み未使用車はディーラーの店頭に置かれていることがほとんどです。

ディーラーとしては早く在庫を処分したいので、店頭の目につきやすいところにあります。登録済み未使用車を購入したい人は、ディーラーに尋ねてみると良いでしょう。また、近年は登録済み未使用車を専門に扱うショップなども存在しています。

デメリット

登録済み未使用車はたくさんのメリットが存在しますが、もちろんデメリットもあります。登録済み未使用車のデメリットは以下の4つです。

  • メーカーオプションを選択することができない
  • グレード・カラーを選択することができない
  • 台数が限られている
  • 初車検が3年より短い場合がある

新車とほぼ変わらない登録済み未使用車ですが、購入の流れは中古車と変わりありません。店頭の在庫限りの販売なので台数が限られていることはもちろん、在庫にないグレードやカラーを購入することは難しいです。

また、新車では選択できるメーカーオプションを選択することができないところも大きなデメリット。登録済み未使用車によってはメーカーオプションが選択されていることもあるので、詳細は販売店に尋ねてみることをおすすめします。

まとめ

今回は登録済み未使用車に関する基礎知識をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。登録済み未使用車は前述したデメリットさえ許容できれば、本当に魅力的です。実質的な新車を安く購入できるので、新車にこだわりのない人は登録済み未使用車の購入がおすすめ。

ただし、登録済み未使用車を購入するうえでひとつだけ注意点があります。実は、搬送中に傷がついてしまった車両なども登録済み未使用車として販売されることがあるのです。中身は新車同然ですが、傷がついてしまっていては中古車と変わりありませんよね。

もちろん、傷がついてしまった車両は通常の登録済み未使用車よりも安く販売されていることがほとんどです。傷の有無は購入する前に販売店が説明してくれるとは思いますが、万が一のため、登録済み未使用車を購入する際は傷の有無を確認するようにしましょう。