未使用車はお買い得?購入の際のメリットとデメリットを解説!

2019年08月14日 (更新:2021年08月06日)

未使用車はお買い得?購入の際のメリットとデメリットを解説!

label車雑学

未使用車。中古車販売店で目にすることが多くなってきた未使用車とは何か?本当に安いのか?購入の際のメリット・デメリットを確認して購入の際の参考にしてください!

未使用車とはどんな車?

たつやんさんのカムリAVV50の画像
たつやんさんのカムリAVV50の画像

通常、車を新車で購入すると、工場から出荷される際にオーナー(購入者)の名義で登録されるのが一般的です。しかし、登録済未使用車はオーナーではなく、ディーラーの名義で登録された新車のことを指します。

ディーラーの名義で購入する理由は様々ですが、工場から出荷したあとにキャンセルが入った場合や、ディーラーの販売台数(ノルマ)が足りずディーラー自体が一時的に車を買い取った場合などが一般的だそうです。

以前は登録済み未使用車は「新古車」と呼ばれていました。しかし、新古車を新車や中古車と間違えて購入してしまう事例が多発したため、購入者側が間違えて購入しないように「新古車」ではなく「未使用車」と統一されたのです。

未使用車と中古車との違い

noboさんのスープラJZA80ライトの画像
noboさんのスープラJZA80ライトの画像

未使用車と中古車はいったい何が違うのでしょうか?中古車は一度でもオーナー(購入者)が所有した車のことを指します。何年・何万kmにわたって使用された車はもちろん、低走行車両や購入してからすぐに売却した車であっても中古車です。

登録済み未使用車は前述したようなワケがあって、ディーラーなど販売店の在庫として確保されています。そのため、車両の状態としては新車と一切変わらないのですが、たった一度でもナンバー登録された車両であればそれは登録済未使用車になります。

特にわかりづらいのが、走行距離がごくわずかの中古車と登録済み未使用車の違い。登録済未使用車はナンバー登録されているとはいえ、一度も公道走行していない新車同然の車両です。また、厳密にはディーラー所有ですが前所有者もいないことになります。

未使用車購入のメリットとデメリット

メリット

ぴな@LEVORGさんのレヴォーグVM4の画像
ぴな@LEVORGさんのレヴォーグVM4の画像

まずは登録済み未使用車のメリットをご紹介します。登録済み未使用車のメリットは以下の5つです。

  • 新車とほとんど遜色がないが価格は安く販売されている
  • 初期法定費用がかからない
  • 納車までの時間が短い
  • 新車保証がついてくる
  • オプション・装備がすでについている場合がある

このように、登録済み未使用車にはたくさんのメリットがあります。できるだけ予算を抑えて新車を購入したい人は、未使用車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。未使用車は大手中古車販売店などでよく販売されています。

デメリット

Яуота。さんの86ZN6の画像
Яуота。さんの86ZN6の画像

未使用車にはたくさんのメリットが存在しますが、もちろんデメリットもあります。未使用車の主なデメリットは以下の4つです。

  • メーカーオプションを選択することができない
  • グレード・カラーを選択することができない
  • 台数が限られている
  • 初車検が3年より短い場合がある

新車とほぼ変わらない未使用車ですが、購入の流れは中古車と変わりありません。店頭の在庫限りの販売なので台数が限られていることはもちろん、在庫にないグレードやカラーを購入することは難しいです。

また、新車で選択できるメーカーオプションを選択することができないところもデメリットになります。未使用車によってはメーカーオプションが選択されていることもあるので、詳細は販売店に尋ねてみることをおすすめします。

まとめ

キミシャンさんのコペンL880Kの画像
キミシャンさんのコペンL880Kの画像

今回は登録済み未使用車に関する基礎知識をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。未使用車は前述したデメリットさえ許容できれば、本当に魅力的です。実質的な新車を安く購入できるので、新車にこだわりのない人は未使用車の購入がおすすめ。