グロリア用マフラーおススメ5選紹介します!

2019年07月06日

グロリア用マフラーおススメ5選紹介します!

labelグロリア

かつて日産を代表する高級セダンとして、ラインナップに君臨していたグロリア。2004年の販売終了以降も大勢の人から親しまれており、今もなおカスタムベースとして高い人気を獲得しています。今回はそんなグロリアにおすすめのマフラーを5つピックアップしました。どれも魅力的な製品に仕上がっているので、グロリアのマフラーを探している人はぜひ参考にしてください。

グロリアのマフラーを選ぶうえでの注意点

日産を代表する高級セダンといえば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。近年であればシーマやフーガを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、40年以上に渡って日産の顔として販売されていた車種があります。それがグロリアです。

最終モデルにあたるY34型グロリアは1999年から2004年の5年間、販売されていました。質感の高い内装と優雅なスタイリングには今もなお大勢のファンが存在しています。高級セダンの定番カスタムであるVIP系カスタムを施している人も少なくはありません。

今回はグロリアのVIP系カスタムにおすすめのマフラーを5つご紹介します。グロリアは販売期間が長いため、それぞれの型式ごとに多数のマフラーが販売されていますが、自分のグロリアに適合しないマフラーを購入しないように注意しましょう。

グロリア用マフラーおススメ5選!

Butterfly System【ゲーペンマフラー】

引用元:http://www.butterfly-system.com

VIPカー向けのドレスアップパーツを多数販売しているButterfly System(バタフライシステム)。特に高級セダンのアフターパーツには定評のあるButterfly Systemですが、そんな同社がグロリア向けに販売しているマフラー「ゲーペンマフラー」です。

VIPカーが奏でるにふさわしい迫力のあるサウンドが、グロリアにラグジュアリーな雰囲気をプラスしてくれます。シンプルな左側1本出しマフラーは、控えめながらもたしかな存在感を感じることができるでしょう。

ユーザーレビューページ

K-BREAK【KB-SNIPER】

引用元:http://k-break.com

幅広い車種向けにアフターパーツを展開しているK-BREAK(ケー・ブレイク)。K-BREAKはグロリア向けのマフラーを4種類も展開しています。まずはじめにご紹介するのが、「KB-SNIPER」です。

近年のトレンドでもあるトライバルデザインをダブル出しで実現した、スタイリッシュなマフラーになります。テールエンドに刻まれた「K-BREAK」の刻印が、グロリアのリア周りにラグジュアリーな主張を放ってくれるでしょう。

ユーザーレビューページ

K-BREAK【KB-TRIBAL】

引用元:http://k-break.com

続いてご紹介するK-BREAKマフラーが「KB-TRIBAL」です。150×70Φのはす切りオーバルデザインを採用したマフラーになります。

片側1本出しということで、デザイン自体の主張は控えめですが、「K-BREAK」の刻印が個性を演出。オーソドックスなデザインながらも魅力的な製品です。価格は88,000円(税抜)となっていて、気軽にマフラー交換を楽しめる製品に仕上がっています。

ユーザーレビューページ

K-BREAK【KB-W・BURST】

引用元:http://k-break.com

続いてご紹介するK-BREAKマフラーが「KB-W・BURST」です。90×70Φのはす切り楕円マフラーをダブル出しに仕上げた製品になります。

全体的にシンプルなデザインを採用していますが、ダブル出しデザインによる押し出し感の強さが魅力的です。グロリアのリアビューに上質感とスポーティーな印象をプラスしてくれるマフラーに仕上がっています。

ユーザーレビューページ

K-BREAK【KB-DISIRE】

引用元:http://k-break.com

最後にご紹介するK-BREAKマフラーが「KB-DISIRE」です。昨今は楕円タイプや丸型タイプのテールエンドが主流ですが、こちらの製品はスクエア形状のテールエンドを採用。

グロリアのリアビューをレトロかつ硬派に演出してくれる個性派モデルに仕上がっています。58,000円(税抜)というリーズナブルな価格を実現しているところも魅力的です。「KB-DISIRE」には刻印ではなく、4種類のオリジナルプレートを選ぶことができます。

ユーザーレビューページ

まとめ

今回はグロリアにおすすめのマフラーを5つご紹介しました。今回ピックアップした製品はすべてY34型グロリア用マフラーで、Y33型以前のモデルには適合しません。Y33型以前のグロリアオーナーは誤って購入しないように注意してください。

マフラーは製品によって異なる特性・味付けがなされています。性能・サウンド・デザインなど、マフラーに求める要素は人それぞれ違いますが、自分の求めている要素が備わっていないマフラーを購入しないようにしましょう。

今回ピックアップしたマフラーはすべて、グロリアのリアビューを彩るにふさわしい、洗練された製品に仕上がっています。グロリアのマフラー選びに迷っている人は上記でご紹介している製品を購入してみてはいかがでしょうか。