【必見】編集部厳選!おすすめ車用スピーカーTOP5を公開!

2019年06月27日

【必見】編集部厳選!おすすめ車用スピーカーTOP5を公開!

車に乗っている際に、「スピーカーから流れる音」が気になることはありませんか?「音楽の音質が悪い」や「カーナビの音声案内が聞き取りにくい」など、純正のスピーカーでは色々と不満なところも多いはずです。そこで今回は、車用スピーカーを探している方向けに、当編集部おすすめの魅力あふれる車用スピーカー人気TOP5をご紹介します。

車用スピーカーを交換するメリットは?

まずはなぜ「スピーカー」を交換する必要があるのか、そのメリットをご紹介します。近年では純正状態でもスピーカーを装備している車種が非常に多くなってきましたが、純正スピーカーは音質がさほど良くない事が多いです。

また、ディーラーOPでも非常に良いスピーカーが用意されていますが、お気に入りのサウンドを聴いて車内環境を充実させたいのであれば、「車用スピーカーを交換する」ことをおすすめします。

車用スピーカー人気ランキングTOP5!

では続いて、多くのユーザーに選ばれている人気の車用スピーカー上位5種をご紹介します。

5位 KENWOOD KSC-SW11

「KENWOOD(ケンウッド)」は大手音響メーカーが手掛けるカーオーディオブランドということもあり、品質やユーザーからの信頼には絶大なものがあります。第5位に登場したこちらの商品は、「サブウーファー」と呼ばれるもの。「サブウーファー」とは、主に低音をより厚みが出るようにチューニングされたサブユニットで、メインスピーカーと一緒に装着すると、いつも聴いている音楽のクオリティが飛躍的に向上します。

サブウーファーは基本的に車内の後方もしくは座席下に配置するもので、KENWOOD製のこちらのサブウーファーは、付属しているコントロールリモコンで音量や音質の変更、そして音の打ち消しあいを防ぐ位相切り替えスイッチが操作可能です。

4位 ALPINE STE-G160C

「ALPINE(アルパイン)」はカーナビやカーオーディオのみならず、スマホスタンドやドライブレコーダーなど、様々なカー用品を取り扱うメーカーです。こちらの「STE-G160C」は、16cmの2ウェイタイプスピーカーでありながら、音質を鮮明にする特殊形状のツィーターと安定した磁気回路により、価格以上の優れた性能を誇ります。

また16cm以外にもサイズや種類が非常に豊富で、あらゆる車種にも合わせやすいのも、アルパイン製スピーカーの特徴です。

3位 Clarion SRT1633

「Clarion(クラリオン)」はカーナビやカーオーディオ専門メーカーで、コストパフォーマンスの高さに定評があるメーカーです。「SRT1633」は低音・中音・高音の3種をカバーする3Wayスピーカータイプながら、圧倒的安さを実現しました。ウーファーにはチタン製を用いることで、低音をインパクト強くかつ繊細に再現することが可能です。

他社のスピーカーに引けを取らないコストパフォーマンスとあらゆる音楽ジャンルも楽しめる高性能を合わせ持つクラリオン製スピーカーは、注目すべき存在です。

2位 KENWOOD KFC-RS173

2位にもKENWOODの商品がランクイン。こちらの「KFC-RS173」は、軽くて強靭なカーボンファイバー製のものを振動版に使用し、「ダイヤモンドアレイパターン」という独自の振動版の織り込みパターンにすることで、再生周波数帯域が25Hz~30000Hzと低めの周波数ながらも、非常に繊細で歪みを抑えた音質が特徴です。

日本車のほぼ全メーカーとフォルクスワーゲンに取り付けることが可能です。

1位 カロッツェリア(パイオニア) TS-F1740

1位はカロッツェリア製のスピーカー。カロッツェリアは大手音響メーカー「パイオニア」が手掛けるカー用品ブランドであり、KENWOOD同様、絶大な信頼と人気があります。こちらの「TS-F1740」は17㎝サイズの2ウェイスピーカーで、再生周波数帯域が30Hz~58 000Hzと低音から高音までクリアなサウンドが楽しめます。

また近年登場した、より立体的でリアルな音を再現する「ハイレゾ」にも対応。これほど高性能ながら低価格という圧倒的なコストパフォーマンスも人気の理由の一つです。

まとめ

今回は人気の車用スピーカーをランキング形式でご紹介しましたが、気になるものはありましたか?この他にも様々な種類や音に特性があるものなど数多く販売されています。気軽にインターネットにて購入することも可能ですが、本気で車内の音作りを良くしたいのであれば、カー用品店や専門店へ足を運び、直接耳で確かめて購入・装着してみることをおすすめします。