大人気メーカーのおすすめカーコンポ(カーオーディオ)を紹介!

2019年06月27日

大人気メーカーのおすすめカーコンポ(カーオーディオ)を紹介!

labelオーディオ

今回は、数多くあるカーコンポ(カーオーディオ)の中から、当編集部が厳選したおすすめ機種をご紹介します。人気メーカー4社に焦点を当て、その会社の特性がよく出ているおすすめのカーオーディオを4機種選んでみました。

カーコンポの選び方

カーコンポ(カーオーディオ)には大きく「1DIN型」と「2DIN型」に分けられます。「DIN」というのはオーディオサイズの規格を表す表記で、幅が180㎜のまま高さがそれぞれ「50mm」が1DIN、「100mm」が2DINとなります。

2DINサイズでは、オーディオ機能にプラスして液晶画面が付いたものなどもあり、音楽再生とは別にDVDなどを楽しむことが出来る機種もあります。しかし2DINサイズは車種によってはオーディオスペースに入らないものもあり、値段も上がります。なので、車種や使用用途、また好みの音質によって、慎重に選ぶ必要があります。

メーカー別おすすめカーコンポ(カーオーディオ)を紹介

続いては、数多く存在するカーコンポの中でも選りすぐりの機種をご紹介します。カーオーディオ業界の中でも人気メーカー4社に焦点を当て、メーカー別におすすめ機種を集めてみました。

KENWOOD CD/USB/iPod/Bluetooth®レシーバー DPX-U740BT

まずはカーオーディオメーカーとしても有名な「KENWOOD(ケンウッド)」のカーコンポです。「DPX-U740BT」は、2DINサイズのもので、CDやワイドFM対応ラジオチューナーのみならず、USB接続によりiPodやMP3プレーヤー、AUX端子から音楽を再生することも可能で、さらにはBluetooth内蔵によりBluetooth対応のiPhoneやAndroidからでも音楽を再生できます。

本体には50W×4 アンプが搭載されているので音質をより豊かに広げることができ、迫力あるサウンドが楽しめます。

カロッツェリア FH-9400DVS

車向けの音響製造メーカーの中でもとりわけ優れているのが、この「カロッツェリア」です。「カロッツェリア」を取りまとめているのは大手音響メーカーの「パイオニア」ですから、その信頼感は言うまでもありません。

この「FH-9400DVS」は、カーナビに近い2DINのタッチパネル操作タイプのオーディオです。CDやラジオ、USB・AUX端子からの音楽再生に加え、DVDの映像再生にも対応しています。

またBluetoothも内蔵しておりスマートフォンからの遠隔再生も可能。さらに驚くべきところは、最新のiPhoneやAndroidスマホと接続して、「音楽再生・停止」「ナビを起動し道順を調べる」「メールを送受信する」「電話をかける・受ける」などがオーディオ本体上で操作できる「AppleCarPlay」「AndroidAuto」を内蔵しているという点。非常に優れたオーディオです。

ALPINE iPod/CDヘッドユニット CDE-145J

「ALPINE(アルパイン)」は車向けオーディオのみならず、カーナビやドライブレコーダーなど、カーライフをより充実したものにするカー用品メーカーです。この「CDE-145J」はスリムな1DIN型ユニットとなっていますが、通常の音質調整よりもさらに事細かく、車種に合わせて音の広がり方や音質を変えられる「9バンド・パラメトリックイコライザー」を搭載。

また、イルミネーションを4色変えることができるほかに、一部のiPhoneとUSB接続しクリアなサウンドを聴くことができる「APP Direct Mode」も搭載しています。

Clarion CX315 USBスロット/Bluetooth®搭載 2DIN CDレシーバー CX315

「Clarion(クラリオン)」もまた、カーオーディオに非常に力を注いでいるメーカーです。2DINユニット型の「CX315」の特徴は、頻繁に使用する操作パネルを本体中央に寄せることで実現した、操作のしやすさ。音楽再生はCD・USB端子のほかにもBluetoothやAUX端子からでも可能です。

別売りの「ワイヤレスリモコン」もしくはお乗りになっている車に「ステアリングリモコン」が装備されていれば、それらとリンクさせることで遠隔操作ができるという非常に画期的なものとなっています。

まとめ

今回はカーオーディオの人気メーカーごとに、おすすめの機種を1種ずつご紹介しました。もちろん、この4つ以外にも優れたカーオーディオは数多く存在します。ぜひ、シチュエーションや好みに合ったお気に入りのカーオーディオを見つけてみてはいかがでしょうか?