防犯効果も!カーポートに照明を付けるメリット

2019年06月14日

防犯効果も!カーポートに照明を付けるメリット

label便利グッズ

愛車を雨風から守ってくれるカーポート。そこに照明を設置することで、どのようなメリットがあるのか。照明をつけることでできるようになること、そしてどのような照明があるのか、ご紹介します。

カーポートに照明を付けるメリット

カーポートに照明を付けることで、考えられるメリットを挙げていきます。

カーポートの下が明るくなって足元が安全になる

カーポートに自転車や車の工具を置いている場合は、つまずいたり、ぶつけたりすることがあります。しかし、照明によって足元が明るくなるので夜間でも転んだりすることが無くなるでしょう。夜間の乗り降りも安心・安全に行うことができます。

防犯効果が高まる

カーポートが明るく視認性が高まると、盗難、いたずらなどを抑止する効果も期待できます。玄関前のあるような、人を検知して照明がつくようなものなら、なおさらです。

夜間でも車の整備をすることができる

カーポートに照明を設置することで、夜間の作業も行うことが可能になります。日中は仕事が忙しい、天気が悪い、涼しくなってから車を整備したいという方にはうれしいことではないでしょうか。ただ、カーポートの照明は上から照らすだけなので、下部をのぞき込むような作業や細かい作業には別途、照明が必要になるかもしれません。

このような充電式だと持ち運びも便利ですのでおすすめです。

カーポートへの照明設置に掛かる費用

照明をカーポートに設置するメリットを知って、検討している方も多いのではないでしょうか。気になるのは費用がどれくらいになるかということです。ここでは照明の費用や、設置費用について紹介していきます。

照明本体の費用

照明本体の価格については、メーカーによってピンキリです。数千円から、2万円くらいの照明まで多く販売されています。やはり、ソーラーパネルが付いていたり、センサーが付いていたりすると価格がアップする傾向があります。

業者に依頼した場合に掛かる費用

カーポートに照明を設置する作業は、通常10分ほどで完了する作業なので、順調だと工賃は数千円以内に収まるでしょう。しかし、カーポートによって配線が複雑になる場合や、照明を施工業者とは別に購入すると取り付けに必要な部品がわからないことも考えられるので、工賃がやや高くなることも考えられます。

Amazonで購入できるカーポート専用の照明製品

Amazonで購入可能な照明を紹介していきます。

どれも信頼できるメーカーの製品ですので、参考にしてみてください。

三協アルミ

こちらの三協アルミ製カーポート照明は、おしゃれなデザインが特徴です。後付けで設置しても馴染むようなデザインなので、外見重視の方にはおすすめです。しかし、明るさ的には整備には暗すぎるので、別途照明が必要になるでしょう。

価格は約23,000円と工賃となっています。

四国化成

こちらの照明はカーポートの柱や支柱に取り付け可能ですので、少しの知識があればDIYで取り付けも可能です。さらに、夜間でも虫が寄り付きにくいLEDを採用しているので、環境にやさしいだけでなく、夜間作業にもやさしいですよね。取り付ける位置によっては、補助照明がなくても夜間作業が可能でしょう。

価格は約15,000円です。

タカショー

コンパクトでシンプルなデザインですので、どのようなデザインのカーポートにも馴染むはず。幅が50mmということで、支柱が細いカーポートでも設置できるのは嬉しいポイントですね。また、拡散配光なので小さな照明でも広い範囲を照らしてくれ、その明るさに驚くはずです。

価格は約16,000円となっています。

まとめ

カーポート照明は後付けする場合が多いので、デザインにもこだわって設置したいですね。また、照明の明るさも間接照明程度から、しっかり明るい照明まであるので、カーポートでどういった作業をしたいか、照明にどのような効果を期待するかで、その明るさにもこだわって選んでみましょう。