カーオーディオスピーカーってどれがいいの?おすすめのスピーカーや選び方を紹介!

2019年06月18日

カーオーディオスピーカーってどれがいいの?おすすめのスピーカーや選び方を紹介!

labelスピーカー labelオーディオ

退屈な運転を盛り上げるために、音楽を聴きながら運転している人は多いと思います。ですが、音楽も毎日聴いていればいずれは飽きてしまうもの。そんなときにおすすめしたいのがカーオーディオスピーカーへの交換です。純正スピーカーからカーオーディオスピーカーへと交換することで、臨場感のある良質なサウンドを楽しむことができるようになります。今回はAmazonで人気のスピーカーを5つピックアップしたので、ぜひ参考にしてください。

カーオーディオスピーカーを交換して気分を変えよう!

日々の退屈な運転を盛り上げたい人におすすめなのが、カーオーディオスピーカーの交換です。カーオーディオスピーカーとはいわゆる車用スピーカーのこと。

スピーカーをはじめとする音響システムは運転に直接関係する部分ではないため、あまりこだわっていない人も多いと思います。しかし、スピーカーを純正品から社外品へと交換すれば、車内で臨場感のあるサウンドを楽しむことができるようになるのです。

スピーカーは自分で交換することもできます。退屈な運転を楽しいドライブに変えるために、あなたもスピーカーを交換してみてはいかがでしょうか。おすすめのスピーカーを紹介する前に、まずはスピーカーの基本的な選び方についてお伝えします。

カーオーディオスピーカーの選び方は?

カーオーディオスピーカーには様々な種類が存在しています。同じメーカーからでも複数のスピーカーが販売されているため、どれを選べばいいのかわからないという人が多いのではないでしょうか。難しそうにも感じるスピーカーの選び方ですが、実際はとても簡単です。

製品によっては知識を必要とするものもありますが、それほど強いこだわりがないのであれば、最低限の知識だけで十分です。カー用品店の店員に相談してみるのも良いでしょう。今回は、スピーカーを選ぶにあたって押さえておきたいポイントを2つ紹介します。

予算を決める

スピーカーに限らず、カーオーディオは性能やブランドによって価格帯が大きく異なります。費用がいくらかかっても問題ないのであれば自分の求める音響システムを実現することができますが、現実はそういうわけにはいきません。

まずは自分がスピーカーにどのくらいの予算を充てることができるのか、というところから考えてみましょう。カーオーディオは基本的に価格と音質が比例する傾向にあるため、一概には言えませんが、カーオーディオ初心者なら5万円前後の予算があれば十分です。

まずは少ない予算で自分の求める音響システムに近いものを組み立て、それから本格的な音響システムを追求しても遅くはないと思います。まずは比較的リーズナブルな製品で、純正品との違いをしっかりと味わってください。

実際に視聴する

カーオーディオスピーカーは 車用品店やオーディオ専門店だけでなく、インターネットでも購入することが可能です。車用品店やオーディオ専門店に比べると、インターネットで購入した方が出費を抑えることができます。

しかし、個人的にはインターネットでの購入はおすすめしません。スピーカーはブランドや製品によって個性があるため、どうしても音質に違いが出てしまいます。音質をどのように受け取るかは人それぞれなので、単純な良し悪しで計ることはできません。

理想をいえば、自分の耳で実際に試聴して良いと感じたものを購入するのがベストです。スピーカーを実際に視聴させてくれる店舗などで製品を購入するようにしましょう。とはいえ、それが難しいこともあります。万が一、インターネットで購入する際はしっかりと検討を重ねた上で購入してください。

おすすめのカーオーディオスピーカーを紹介!

カーオーディオスピーカーの選び方を知ったところで、いよいよスピーカー本体に迫っていきたいと思います。今回はAmazonで販売されているスピーカーの中から、高い評価を獲得しているおすすめの製品を5つピックアップしました。

車内の音響システムにこだわっている人にとっては、物足りなさを感じるかもしれません。それでも純正スピーカーと比べると臨場感のあるサウンドを満喫することができます。これからスピーカーを交換しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

carrozzeria(カロッツェリア)TS-F1740

まず最初に紹介するカーオーディオスピーカーが「TS-F1740」です。この製品は、カーナビやカーオーディオで高いシェアを誇っているカロッツェリアが製造および販売を手がけています。クリアで力強いサウンドを発するコアキシャルタイプのスピーカーです。

カロッツェリアのエントリーモデルとして販売されている同製品ですが、カロッツェリアがラインナップする上位モデルから受け継いだノウハウを活かして、立体感のあるサウンドと高指向特性を実現しています。

さらに、このスピーカーはハイレゾ音源にも対応。低音域から超高音域までを余すことなくしっかりと表現してくれるスピーカーに仕上がっています。また、ツイーター部とウーファー部が一体化されているため、比較的簡単に交換することが可能です。「TS-F1740」のAmazonでの価格は5,801円となっています。

KENWOOD(ケンウッド)KFC-RS173

続いて紹介するカーオーディオスピーカーが「KFC-RS173」です。この製品は、カロッツェリアと同じく、カーナビやカーオーディオで定評のあるケンウッドが製造及び販売を手掛けています。国内の自動車メーカーを中心に、幅広い車種へと対応している2ウェイ2スピーカーシステムです。

「KFC-RS173」はケンウッドのラインナップの中でエントリーモデルを担っている製品になります。クリアで歪みの少ない高音、軽やかな低音をリーズナブルな価格で満喫することが可能です。振動板に高性能カーボンファイバーを配合したことで、優れた音質を実現しました。

こちらも上記の製品と同様、コアキシャルタイプのスピーカーとなっています。ツイーターとウーファー部が一体化されているため、比較的簡単に交換することができますよ。ぜひDIYでの取り付けにチャレンジしてみましょう。「KFC-RS173」のAmazonでの価格は4,455円です。

ALPINE(アルパイン)X-170S

続いて紹介するカーオーディオスピーカーが「X-170S」です。この製品は、カロッツェリアやケンウッドとカーナビ・カーオーディオ部門で競合しているアルパインの製品になります。2016年24年ぶりのフルモデルチェンジを遂げた最新のスピーカーです。

ツイーター部の振動板にカーボングラファイトを採用したことで、あらゆる音の違いをしっかりとかき分けてくれます。アルパイン独自のテクノロジーによって、磁気回路の駆動力を大幅に向上。パワー感に溢れた力強いサウンドを表現できるようになりました。

ウーファー部にはナノファイバー振動板を採用しており、明瞭なレスポンスと心地よいクリアなサウンドを実現。立体感のある音を堪能することができます。ゴールドを用いたデザイン性の高さも大きな魅力です。

また、ハイレゾ音源にも対応しています。まるで目の前で演奏しているかのような臨場感のある音楽を楽しむことができるスピーカーです。「X-170S」のAmazonでの価格はツイーター×2、ウーファー×2、必要配線がセットになっていて、24,394円となっています。

Clarion(クラリオン)SRT1033

続いて紹介するカーオーディオスピーカーが「SRT1033」です。カーオーディオ機器の製造手掛けているクラリオンが販売している製品になります。大口径ミッドレンジを搭載した10cmマルチコアキシャル3Wayスピーカーです。

大口径ミッドレンジを搭載したことで、ボーカルの声を含めてくっきりと広がりのあるサウンド実現しました。臨場感のあるサウンドはまるでライブに参加しているかのようです。クラリオンの先進技術の採用により、迫力の重低音が車内に響き渡ります。

ピエゾドームツイーターには軽量かつ高剛性アルミ蒸着PEIを採用。50kHz再生を可能にしています。「SRT1033」のAmazonでの価格は5,011円です。必要配線もセットになっているため、安心して購入することができます。軽自動車への装着を想定した製品ということだけ、注意が必要です。

ALPINE(アルパイン)STE-G160S

最後に紹介するカーオーディオスピーカーが「STE-G160S」です。この製品は、X-170Sと同じアルパインが製造および販売を手がけています。

16cmセパレートの2Wayスピーカーです。アルパイン独自のテクノロジーを投入したハイパワー磁気回路によってリニアな音を実現しています。

ハイパワー磁気回路は電気信号を正確に変換してくれるため、高音域だけでなく低音域までリアルなサウンドを再現。さらに、イコライザーを振動板の前部に配置し、一切の歪みがない洗練された音を表現することが可能です。

こちらの製品は、DIYで取り付けを行うユーザーに向けて車種専用取付情報を取扱説明書に記載しています。車種にもよりますが、内張りはがしのみで簡単に取り付けることが可能です。「STE-G160S」のAmazonでの価格は10,800円となっています。

まとめ

今回はカーオーディオスピーカーを選ぶ上で最低限抑えておきたいポイントと、Amazonで販売されている製品の中でおすすめのスピーカーをピックアップして紹介しました。スピーカーを含むカーオーディオは非常に奥が深くなっています。

人によっては最初から多めの予算を確保した上で最高の音響システム作りに取り組むという人もいますが、カーオーディオ初心者にとってはなかなか勇気が必要ですよね。

個人的にはカーオーディオの魅力を知るためにも、まずは少ない予算で少しずつ音響システムを最適化していくことをおすすめします。