190系 レクサス・GS 純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

2019年06月11日

190系 レクサス・GS 純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

labelGS labelタイヤ

レクサスのミドルサイズセダンとして販売されているGS。フラッグシップモデルのLSに次いで、高い質感とプレミアム性を実現している車種です。現在は4代目GSが販売されていますが、今回は先代モデルにあたる3代目GS(190系GS)の純正タイヤサイズに適合する、おすすめタイヤを10種類紹介したいと思います。190系GSの足元にふさわしいタイヤを探している人はぜひ参考にしてください。

190系GSってどんな車?

トヨタの高級車ブランドであるレクサスのミドルサイズサルーンとして登場したGS。2代目モデルまではトヨタブランドから「アリスト」として販売されていました。レクサスブランドの日本市場投入に伴い、3代目モデル以降はレクサスブランドから販売されています。

190系GSは2005年に登場した4ドアセダンです。ひと目でアリストの正当な後継車種だとわかる、丸みを帯びたスタイリングと片側2灯のヘッドライトが話題になりました。フラッグシップモデルのLSに次ぐ高級セダンとして、高い質感が備わっています。

4代目モデルにあたる現行GSが登場してから7年が経過している現在、190系GSはやや古さが目立つようになりました。それでも、存在感のある流麗なデザインと圧倒的な上質感は色褪せることを知らず、今もなおカスタムベースとして人気を博しています。

190系GSの純正タイヤサイズ

今回は190系GSの純正タイヤサイズに適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。その前に、まずは190系GSに設定されている純正タイヤサイズをご覧ください。190系GSの純正タイヤサイズは以下の4種類です。

  • 225/50R17
  • 245/40R18
  • 235/45R18
  • 235/40R19

190系GSは、2005年から2012年までの7年間にわたって製造及び販売が行われていました。フラッグシップモデルのLSとエントリーセダンのISの間を埋める存在として登場した190系GSは様々なバリエーションが展開されています。

そのため、タイヤサイズのバリエーションも豊富です。190系GSのようなFR車は前後異径のタイヤサイズを設定することが多いですが、190系GSに関しては前後同径のタイヤサイズを採用しているため、銘柄選びで困ることはないと思います。

225/50R17 を装着しているグレード

まずは190系GSの中で225/50R17を装着しているグレードをチェックしましょう。225/50R17を装着しているグレードは以下の4種類です。

  • GS350
  • GS350 アートワークス
  • GS350 バージョンI
  • GS350 パッションネイトブラックインテリア

190系GSは大きく分けてGS350、GS430、GS460の3種類が存在します。その中でもGS350は190系GS全体のベースグレードを担うモデルです。そのため、GS350の大半は最も小径である225/50R17を装着しています。

245/40R18 を装着しているグレード

続いて190系GSの中で245/40R18を装着しているグレードをチェックしましょう。245/40R18を装着しているグレードは以下の6種類です。

  • GS430
  • GS460
  • GS460 バージョンI
  • GS460 バージョンL
  • GS460 パッションネイトブラックインテリア
  • GS460 メテオブラックインテリア

190系GSの量販モデル及び上級モデルであるGS430、GS460のほとんどが245/40R18を装着しています。タイヤ幅が大きくなって扁平率が下がったことで、よりスポーティーかつ安定感のある走りを実現しました。

235/45R18 を装着しているグレード

続いて190系GSの中で235/45R18を装着しているグレードを紹介しましょう。235/45R18を装着しているグレードはGS350バージョンLのみとなっています。

GS350バージョンLはベースモデルのGS350の中で最上級グレードに位置する存在です。そのため、標準のGS350よりもワイドかつ低扁平なタイヤサイズを設定しているのでしょう。

235/40R19 を装着しているグレード

最後に190系GSの中で235/40R19を装着しているグレードを紹介しましょう。235/40R19を装着しているグレードはGS350Fスポーツのみとなっています。

GS350Fスポーツは、GS350の中で最もスポーティー志向のグレードです。走りの性能だけでなくスポーティーなエクステリアを実現するために、ワイドで低扁平、標準よりも2インチ大きなリム径を採用しているのだと思います。

225/50R17 サイズの190系GSにおすすめタイヤ10選!

まずはGS350の多くのグレードに設定されている、225/50R17に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。このサイズは様々なタイプのタイヤが豊富に用意されているので、銘柄選びに困ることはないでしょう。

225/50R17では低燃費タイヤ、コンフォートタイヤ、プレミアムコンフォートタイヤ、スポーツタイヤ、スタッドレスタイヤ、格安タイヤの6カテゴリの中から1~2種類ずつピックアップしました。225/50R17のタイヤを探しているGS350オーナーは参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初に225/50R17の低燃費タイヤを紹介します。GS350におすすめの低燃費タイヤは以下の2種類です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)ECOS ES300

引用元:https://www.y-yokohama.com

まず初めに紹介する低燃費タイヤは「ECOS ES300」です。このタイヤは、日本を代表するタイヤメーカーのひとつであるヨコハマが製造及び販売を手がけています。トータルバランスに優れたタイヤですが、その中でも低燃費性能が特に秀でているタイヤです。

さらに、 低燃費性能と相反する性能であるウェット路面での走行性能も追求しました。そのため、雨に濡れた路面でも安心感のある走りを実現しています。

Amazonでの価格は1本あたり12,357円です。4本分の価格は49,428円となっています。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE

引用元:https://www.goodyear.co.jp

続いて紹介する低燃費タイヤが「EAGLE LS EXE」です。世界3大タイヤメーカーのひとつであるグッドイヤーが製造及び販売を手がけています。EXE専用技術を採用することで、低燃費性能だけでなく優れたハンドリング性能を実現しました。

さらに、低燃費タイヤとしては異例の優れたコンフォート性能も実現しています。耐摩耗性能も高く経済性に優れたコストパフォーマンス重視のタイヤです。

「EAGLE LS EXE」のAmazonでの価格は1本あたり11,448円、4本分の価格は45,792円となります。

コンフォートタイヤ

次に225/50R17のコンフォートタイヤを紹介します。GS350におすすめのコンフォートタイヤは以下の2種類です。

DUNLOP(ダンロップ)LE MANS V

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

まず初めに紹介するコンフォートタイヤが「LE MANS V」です。住友ゴム工業が展開しているタイヤブランドのひとつであるダンロップから販売されています。

自動車SNSサイトの年間ランキングで第1位を獲得するなど、大勢の人に親しまれているタイヤです。転がり抵抗を低減して低燃費性能を追及するとともに、特殊吸音スポンジを採用することで、優れた静粛性と心地よい乗り心地を実現しました。

「LE MANS V」のAmazonでの価格は1本あたり16,469円です。4本分の価格は65,876円となっています。

FALKEN(ファルケン)AZENIS FK510

引用元:https://www.falken.co.jp

続いて紹介するコンフォートタイヤが「AZENIS FK510」です。こちらも住友ゴム工業が展開しているタイヤブランドのひとつであるファルケンから販売されています。

ファルケンのフラッグシップモデルに君臨する、トータルバランスに秀でた製品です。高速域での操縦安定性や静粛性、ウェット路面での走行性能を追求しています。

「AZENIS FK510」のAmazon価格は1本あたり14,570円、4本分の価格は58,280円です。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に225/50R17のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。GS350におすすめのプレミアムコンフォートタイヤは以下の2種類です。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7

引用元:https://www.pirelli.com

まず初めに紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「Cinturato P7」です。モータースポーツなどで高い実績を誇るイタリアのタイヤメーカー、ピレリが製造および販売を手がけています。

「Cinturato P7」は190系GSの足元にふさわしいハイパフォーマンスタイヤです。スポーツタイヤとしてはやや役不足ですが、ドライ&ウェット性能を追求するだけでなく、優れた静粛性と快適な乗り心地、ロングライフ性能までも高い次元で実現しています。

Amazonでの価格は1本あたり20,190円です。4本分の価格は80,760円となっています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「REGNO GR-XII」です。日本が誇る世界最大手のタイヤメーカーであるブリヂストンが製造および販売を手がけています。

この製品は、圧倒的な静粛性と乗り心地を追求しています。プレミアムセダンの足元でこそ輝く上質感の虜になる人が後を絶ちません。新品時だけでなく摩耗が進んでいる時でも、新品時と同等の静粛性や乗り心地を維持してくれるところが最大の魅力です。

「REGNO GR-XII」のAmazonでの価格は1本あたり24,650円、4本分の価格は98,600円となります。

スポーツタイヤ

次に225/50R17のスポーツタイヤを紹介します。GS350におすすめのスポーツタイヤは以下の2種類です。

FALKEN(ファルケン)ZIEX ZE914F

引用元:https://www.falken.co.jp

まず初めに紹介するスポーツタイヤが「ZIEX ZE914F」です。ファルケンから販売されている製品で、スポーツタイヤとコンフォートタイヤの魅力を持ち合わせています。

それでいて、転がり抵抗の低減によって優れた低燃費性能を実現しているところが魅力的。ドライ路面での性能はもちろんですが、ウェット路面での性能も優れているようです。

「ZIEX ZE914F」のAmazonでの価格は1本あたり12,485円となっています。4本分の価格は49,940円です。

Continental(コンチネンタル)ContiSportContact 5

引用元:https://blobs.continental-tires.com

続いて紹介するスポーツタイヤが「ContiSportContact 5」です。ドイツに拠点を置くタイヤメーカーであるコンチネンタルが製造及び販売を手掛けている製品になります。

ハイパフォーマンスカーやラグジュアリーカーへの装着を想定して開発されたタイヤで、どんな路面状況にも対応するブレーキング性能を実現しました。さらに、卓越したグリップ力とハンドリング性能でコーナリング時の安定性も確保しています。

「ContiSportContact 5」のAmazonでの価格は1本あたり22,750円、4本分の価格は91,000円です。

スタッドレスタイヤ

次に225/50R17のスタッドレスタイヤを紹介します。今回ピックアップしたスタッドレスタイヤは以下の製品です。

MICHELIN(ミシュラン)X-ICE 3+

引用元:https://www.michelin.co.jp

225/50R17のスタッドレスタイヤとして、今回ピックアップしたのが「X-ICE 3+」です。世界3大タイヤメーカーのひとつであるミシュランが製造および販売を手がけています。

ミシュラン独自のテクノロジーを採用することで、新品時だけでなく摩耗時でも強力なアイスブレーキングを発揮できるようになっています。そのため、従来のスタッドレスタイヤと比べて安心感が段違いです。

「X-ICE 3+」のAmazonでの価格は1本あたり26,300円となっています。4本分の価格は105,200円です。

格安タイヤ

最後に225/50R17の格安タイヤを紹介します。今回ピックアップした格安タイヤは以下の製品です。

ROADSTONE(ロードストーン)CP672

韓国のタイヤメーカー最大手、NEXENが欧州市場を中心に展開しているロードストーン。そんなロードストーンブランドから販売されているのが「CP672」になります。

静粛性や快適な乗り心地を高い次元で両立したプレミアムコンフォートタイヤであるにも関わらず、リーズナブルな価格を実現しました。低燃費性能や高速安定性など、トータルバランスにおいても優れています。

「CP672」のAmazonでの価格は1本あたり7,690円です。4本分の価格は30,760円となっています。

245/40R18 サイズの190系GSにおすすめタイヤ10選!

続いて190系GSの上級モデルであるGS430及びGS460に設定されている、245/40R18に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。こちらも様々なタイプのタイヤが用意されているため、銘柄選びに困ることはありません。

245/40R18では低燃費タイヤ、コンフォートタイヤ、プレミアムコンフォートタイヤ、スポーツタイヤ、スタッドレスタイヤ、格安タイヤの6カテゴリの中から1~2種類ずつピックアップしました。GS430及びGS460オーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初に245/40R18の低燃費タイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめの低燃費タイヤは以下の2種類です。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE

引用元:https://www.goodyear.co.jp

まず初めに紹介する低燃費タイヤが「EAGLE LS EXE」です。グッドイヤーが製造および販売を手がけている製品で、低燃費タイヤでありながら走る楽しさを追求している個性的な製品になります。

楽しさをしっかりと感じ取れるハンドリング性能を実現しました。さらに、優れたコンフォート性能や経済性の高さなどトータルバランスに秀でた製品に仕上がっています。

「EAGLE LS EXE」のAmazonでの価格は1本あたり14,709円です。4本分の価格は58,836円となっています。

YOKOHAMA(ヨコハマ)BluEarth-A AE50

引用元:https://www.y-yokohama.com

続いて紹介する低燃費タイヤが「BluEarth-A AE50」です。ヨコハマが製造及び販売を手がけているタイヤで、ウェット路面での操縦安定性や高速安定性の追求による、安全性の高さをウリにしています。

ドライ路面での走行性能はもちろんですが、やはりこのタイヤを選ぶポイントとなるのはウェット路面での走行性能の高さでしょう。雨に濡れた路面でも高い制動力を発揮するだけでなく、優れた操縦安定性能も実現しています。

Amazonでの価格は1本あたり18,926円、4本分の価格は75,704円です。

コンフォートタイヤ

次に245/40R18のコンフォートタイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめのコンフォートタイヤは以下の2種類です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)Playz PX

引用元:https://tire.bridgestone.co.jp

「Playz PX」はブリヂストンが製造および販売を手がけているタイヤです。セダンやクーペなど、走行性能を重視した車種への装着を想定して開発されました。

ブリヂストンの最新テクノロジーを投入することで高い操縦安定性を実現しています。直進安定性はもちろん、コーナリング時の安定感も抜群です。さらに、接地圧の均一化によって疲れにくいドライビングを追求しています。

「Playz PX」のAmazonでの価格は1本あたり33,010円です。4本分の価格は132,040円となっています。

DUNLOP(ダンロップ)LE MANS V

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

自動車SNSのコンフォートタイヤ年間ランキング第1位を2年連続で獲得するなど、大勢のユーザーから圧倒的な支持を獲得している「LE MANS V」。住友ゴム工業が製造に携わっており、同社の人気ブランドであるダンロップから販売されています。

特殊吸音スポンジを採用したことで、コンフォートタイヤに求められる静粛性や乗り心地の良さを高い水準で実現しています。快適性を重視して開発されている190系GSの足元に装着することで、抜群の快適性を実現することができるでしょう。

「LE MANS V」のAmazonでの価格は1本あたり23,350円、4本分の価格は93,400円となります。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に245/40R18のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめのプレミアムコンフォートタイヤは以下の2種類です。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7

引用元:https://www.pirelli.com

まず初めに紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「Cinturato P7」です。ピレリが製造および販売を手がけている製品で、位置づけとしては同社のハイパフォーマンスタイヤとなっています。

多数の欧州車ブランドから承認を得るほど、優れた性能を誇るタイヤです。ドライ&ウェットでの走行性能を追求していながら、高いコンフォート性能とロングライフ性能を実現しています。

「Cinturato P7」の Amazonでの価格は1本あたり20,618円です。4本分の価格は82,472円となっています。

MICHELIN(ミシュラン)PRIMACY 3

引用元:https://www.michelin.co.jp

日本でも圧倒的な知名度を誇るタイヤメーカーのミシュラン。そんなミシュランがプレミアムコンフォートタイヤとして製造及び販売を手がけているのが「PRIMACY 3」です。

コンフォートタイヤに求められる快適性を高い水準で実現したうえで、高速域での走行性能を確保しています。高速域で車内に響き渡る振動やロードノイズを最小限に抑制しているので、私たちに快適な車内空間をもたらしてくれるでしょう。

「PRIMACY 3」のAmazonでの価格は1本あたり30,123円、4本分の価格は120,492円となります。

スポーツタイヤ

次に245/40R18のスポーツタイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめのスポーツタイヤは以下の2種類です。

MICHELIN(ミシュラン)PILOT SPORT4S

引用元:https://www.michelin.co.jp

世界3大タイヤメーカーのひとつであるミシュラン。ミシュランがこれまで培ってきた技術とノウハウを結集して新たに開発したスポーツタイヤ、それが「PILOT SPORT4S」です。

サーキットで思う存分走り込める圧倒的なドライグリップ性能、そして、濡れた路面でも安心して走行できるウェットブレーキング性能を両立しています。接地面の広さがもたらす走行性能と高速安定性能によってどんなシーンでもその実力を発揮してくれるでしょう。

「PILOT SPORT4S」のAmazonでの価格は1本40,106円となっています。4本分の価格は160,424円です。

DUNLOP(ダンロップ)DIREZZA DZ102

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

住友ゴム工業の人気ブランドであるダンロップのラインナップの中で、特に個性的かつ魅力的なタイヤが「DIREZZA DZ102」です。こちらの製品はスポーツタイヤですが、スポーツタイヤに相反する性能だといえる快適性能を追求しています。

どちらも高い次元で両立しているため、走りの性能だけでなくコンフォート性能も追求したいという欲張りなユーザーにおすすめの製品です。強靭な耐摩耗性能によって、経済性の高さにもこだわって開発されています。

「DIREZZA DZ102」のAmazonでの価格は1本22,048円、4本分の価格は88,192円です。

スタッドレスタイヤ

次に245/40R18のスタッドレスタイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめのスタッドレスタイヤは以下の製品です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)iceGUARD 6

引用元:https://www.y-yokohama.com

冬になると欠かせないアイテムであるスタッドレスタイヤ。タイヤメーカー各社から魅力的なスタッドレスタイヤが多数販売されていますが、今回はその中で、ヨコハマの「iceGUARD 6」をピックアップしました。

氷上および雪上での走行性能はもちろん、雨に濡れた路面でも優れた走行性能を発揮します。さらに、横浜独自のテクノロジーをふんだんに投入することで、スタッドレスタイヤでありながら低燃費性能も追求しました。

「iceGUARD 6」のAmazonでの価格は1本あたり39,680円、4本分の価格は158,720円です。

格安タイヤ

最後に245/40R18の格安タイヤを紹介します。GS430及びGS460におすすめの格安タイヤが以下の製品です。

NANKANG(ナンカン)NS-2

アジアンタイヤメーカーの中でも高い人気を誇るナンカン。ナンカンがラインナップしている製品の中でも、特に魅力的な性能を実現しているのが「NS-2」です。

この製品は、ナンカンのフラッグシップスポーティータイヤとして販売されています。ドライ路面での走行性能はもちろん、ウェット路面での走行性能も確保。さらに優れた操縦安定性も実現しました。

コンフォート性能も追求しているため、リーズナブルな価格でありながらトータルバランスに優れたタイヤとなっています。「NS-2」のAmazonでの価格は1本9,050円です。4本分の価格は36,200円となっています。

235/45R18 サイズの190系GSにおすすめタイヤ10選!

次はGS350の最上級グレードであるGS350バージョンLに設定されている、235/45R18に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。様々なタイプのタイヤが用意されているため、銘柄選びに困ることはないでしょう。

235/45R18では低燃費タイヤ、コンフォートタイヤ、プレミアムコンフォートタイヤ、スポーツタイヤ、格安タイヤの5カテゴリの中から2種類ずつピックアップしました。GS350バージョンLを所有しているオーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初に235/45R18の低燃費タイヤを紹介します。GS350バージョンLにおすすめの低燃費タイヤは以下の2種類です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)BluEarth-A AE50

引用元:https://www.y-yokohama.com

まず初めに紹介する低燃費タイヤが「BluEarth-A AE50」です。ヨコハマが製造および販売を手がけている製品で、タイヤに求められる基本性能を高い水準で実現しながら、低燃費性能を追求しています。

また、ドライ路面での走行性能はもちろんですが、ウェット路面での走行性能も確保しました。特に、ウェット路面でのブレーキング性能と操縦安定性に秀でています。タイヤの摩耗が進んだ後も静粛性が持続するノイズコントロールピッチを採用。

いつまでも快適な車内を維持することができます。Amazonでの価格は1本あたり19,528円です。4本分の価格は78,112円となっています。

DUNLOP(ダンロップ)VEURO VE303

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

続いて紹介する低燃費タイヤが「VEURO VE303」です。ダンロップから販売されているこちらの製品は、低燃費性能とロングライフ性能を追求した経済的なタイヤに仕上がっています。

もちろん、魅力はそれだけではありません。ダンロップ独自のテクノロジーであるサイレントコアを搭載することで、低燃費タイヤながら優れた構造と性能を実現しました。

さらに、操縦安定性の良さという魅力も備わっています。「VEURO VE303」のAmazonでの価格は1本あたり24,186円です。4本分の価格は96,744円となっています。

コンフォートタイヤ

次に235/45R18のコンフォートタイヤを紹介します。GS350バージョンLにおすすめのコンフォートタイヤは以下の2種類です。

DUNLOP(ダンロップ)LE MANS V

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

まず初めに紹介するのは「LE MANS V」です。住友ゴム工業が製造を担当して、同社の人気ブランドであるダンロップから販売されている製品になります。この製品の最大の特徴は、トータルバランスに秀でているところです。

コンフォートタイヤとしての静粛性や乗り心地はもちろん、低燃費&ロングライフという経済性の高さも追求しています。ロングライフ性能の高い低燃費タイヤとコンフォートタイヤの魅力を併せ持っているのです。

「LE MANS V」のAmazonでの価格は1本あたり20,500円となっています。4本分の価格は82,000円です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)Playz PX

引用元:https://tire.bridgestone.co.jp

日本が世界に誇るタイヤメーカーであるブリヂストンが製造及び販売を手がけている「Playz PX」。走行性能を重視しているセダン・クーペへの装着を想定しているタイヤで、ブリヂストン独自の最新テクノロジーがふんだんに盛り込まれています。

安心して運転できる快適な走行性能を実現すると共に、190系GSのようなFR車で不安を抱えることの多いウェット路面での走行性能に重点を置いて開発されました。パワートレッドゴムを採用することで、従来の製品よりもロングライフ性能を向上させています。

Amazonでの価格は1本あたり28,700円です。4本分の価格は114,800円となっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に235/45R18のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。GS350バージョンLにおすすめのプレミアムコンフォートタイヤは以下の2種類です。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7

引用元:https://www.pirelli.com

モータースポーツで培った技術やノウハウを、市販タイヤに積極的に投入しているピレリ。そんなピレリが製造及び販売を手がけているプレミアムコンフォートタイヤが「Cinturato P7」です。

路面状況に左右されることのない優れた走行性能と高い静粛性、快適な乗り心地を実現しています。それでいて、ロングライフ性能も追求しているところが魅力的です。さらに、ランフラットタイヤとなっています。

空気圧がない状態でも一定距離であれば走行することが可能です。「Cinturato P7」のAmazonでの価格は1本あたり21,894円、4本分の価格は87,576円です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XⅡ

引用元:https://tire.bridgestone.co.jp

ブリヂストンの人気タイヤである「REGNO GR-XⅡ」。プレミアムコンフォートタイヤとしてふさわしい静粛性と快適な乗り心地を実現しています。190系GSのようなラグジュアリーセダンの足元にうってつけの製品です。

最大の特徴は、タイヤが摩耗していても新品時と同等の静粛性や乗り心地を維持できるところ。これによって、タイヤの寿命が尽きるまで快適な車内空間を持続することができます。

さらに、高い操縦安定性を追求することでふらつきや振動が少なく、ドライバーが疲れにくいタイヤを目指しました。Amazonでの価格は4本セットで137,376円となっています。

スポーツタイヤ

次に235/45R18のスポーツタイヤを紹介します。GS350バージョンLにおすすめのスポーツタイヤは以下の2種類です。

MICHELIN(ミシュラン)PILOT SPORT 3

引用元:https://www.michelin.co.jp

まず最初に紹介するスポーツタイヤが「PILOT SPORT 3」です。スポーツタイヤの性能で定評であるミシュランが製造及び販売を手がけています。どんな路面状況であっても、安心感のある走行性能を実現している製品です。

スポーツパワーコンパウンドというミシュラン独自のコンパウンドを用いることで、ドライ路面だけでなくウェット路面でも優れたグリップ力を実現しました。接地面を最適化することで、ハンドリングやブレーキング時の安定性を高めています。

排水性も高いため、雨天時の走行も安心です。Amazon価格は1本あたり23,594円となっています。4本分の価格は94,376円です。

DUNLOP(ダンロップ)SP SPORT MAXX 050+

引用元:https://tyre.dunlop.co.jp

住友ゴム工業およびダンロップが輸入外車用ハイパフォーマンスタイヤとして開発した「SP SPORT MAXX 050+」。パフォーマンスカーや高級セダンの足元でこそ輝く製品です。非対称パターンと高剛性構造を採用することで優れた操縦安定性を実現しています。

非対称パターンは排水性も高めているので、ウェット路面での走行性能も問題ありません。輸入外車用となっていますが、輸入外車と同等の完成度を誇り、タイヤサイズも適合する190系GSにも問題なく装着することができます。

Amazonでの価格は4本セットで143,316円です。

格安タイヤ

最後に235/45R18の格安タイヤを紹介します。GS350バージョンLにおすすめの格安タイヤは以下の2種類です。

ZEETEX(ジーテックス)HP2000 vfm

ドバイに拠点を置くタイヤメーカーのジーテックス。 日本での知名度は低いですが、85カ国の地域で販売されているれっきとしたタイヤメーカーです。そんなジーテックスの製品である「HP2000 vfm」は、コストパフォーマンスの高いタイヤとして知られています。

大きく秀でている点こそありませんが、トータルバランスに優れているタイヤです。ドライ路面での走行性能はもちろん、ウェット路面での走行性能も追求しています。それでいて、高いコンフォート性能も確保しました。

Amazonでの価格は1本あたり7,120円です。4本分の価格は28,480円となっています。タイヤ代を節約したい人におすすめの製品です。

HIFLY(ハイフライ)HF805

引用元:http://hiflytire.jp

アメリカのユニコーンタイヤが中国ブランドとして展開しているハイフライ。 こちらもジーテックスと同様、日本での知名度はあまり高くありません。しかし、 親会社がアメリカのタイヤメーカーということで安心して装着できるブランドとなっています

「HF805」は、ハイフライがラインナップしている製品の中でハイパフォーマンスタイヤに位置づけられています。高速域での直進安定性やハンドリング性能が魅力で、安心感のあるタイヤです。

優れた静粛性と快適な乗り心地も備わっています。Amazonでの価格は1本あたり7,300円です。4本分の価格は29,200円となっています。

235/40R19 サイズの190系GSにおすすめタイヤ10選!

最後にGS350Fスポーツに設定されている、235/40R19に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。こちらのグレードは19インチということもあって、プレミアムコンフォートタイヤやスポーツタイヤが多い傾向にあるようです。

235/40R19では低燃費タイヤ、プレミアムコンフォートタイヤ、スポーツタイヤ、格安タイヤの4カテゴリの中から1~4種類ずつピックアップしました。GS350Fスポーツを所有しているオーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初に235/40R19の低燃費タイヤを紹介します。GS350Fスポーツにおすすめの低燃費タイヤは以下の製品です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)BluEarth-GT AE51

引用元:https://www.y-yokohama.com

日本を代表するタイヤメーカーのひとつヨコハマ。ヨコハマが独自技術であるブルーアーステクノロジーを採用して走行性能と低燃費性能を両立したタイヤが「BluEarth-GT AE51」です。190系GSの足元にふさわしいグランドツーリングタイヤとなっています。

トータルバランスに秀でている製品ですが、その中でもウェット路面での走行性能は高い水準を実現しています。どんな路面状況であっても快適かつ安心感のある走りが可能です。

それでいて、低燃費性能を追求されているところがありがたいですね。Amazonでの価格は1本あたり30,863円となっています。4本分の価格は123,452円です。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に235/40R19のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。GS350Fスポーツにおすすめのプレミアムコンフォートタイヤは以下の4種類です。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7

引用元:https://www.pirelli.com

様々な欧州自動車ブランドから承認を得ている「Cinturato P7」。イタリアの大手タイヤメーカーであるピレリが製造および販売を手がけています。同社の製品はスポーツ走行での性能を追求しているものが多いですが、この製品はそれらと比べるとスポーツ性能はイマイチです。

しかし、それを補って有り余る魅力がたくさん備わっています。ドライ&ウェット性能に優れていながら、高いコンフォート性能とロングライフ性能を実現しました。

ランフラットタイヤなので、パンクなどによって空気圧が低くなってしまっても一定距離なら走行可能です。Amazonでの価格は1本あたり24,603円となっています。4本分の価格は98,412円です。

Continetal(コンチネンタル)ContiSportContact 3

引用元:https://blobs.continental-tires.com

ドイツの大手自動車メーカーであるコンチネンタル。コンチネンタルは様々なバリエーションのタイヤを展開していますが、その中でもハイパフォーマンスカーへの装着を前提としたタイヤが「ContiSportContact 3」になります。

ハイパフォーマンスカーの足元にふさわしい優れたブレーキング性能を、どんな路面状況であっても発揮してくれます。 高速域での走行も安心感は段違いです。

さらに、 ウェット路面での走行性能も追及されています。「ContiSportContact 3」のAmazonでの価格は1本35,750円です。4本分の価格は143,000円となっています。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS Premium

引用元:https://www.goodyear.co.jp

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「EAGLE LS Premium」です。ブリヂストンミシュランと並ぶ大手タイヤメーカーであるグッドイヤーが製造及び販売を手がけています。プレミアムと名の付く通り、高い質感を追求したラグジュアリータイヤです。

プレミアムセダンの足元にふさわしい上質な乗り心地を追求しています。フラット感のある乗り味と高い静粛性を1度堪能してしまうと、ほかのタイヤでは満足できなくなるかもしれません。

それでいて、低燃費性能とロングライフ性能も両立している欲張りなタイヤです。Amazon での価格は1本あたり36,750円となっています。4本分の価格は147,000円です。

NEXEN(ネクセン)N-FERA AU7

最後に紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「N-FERA AU7」です。この製品は、韓国の大手タイヤメーカーであるNEXENが製造および販売を手がけています。

快適な走りと高い安全性能を目指したプレミアムコンフォートタイヤとして開発されました。ネクセン独自のサイレントテクノロジーを投入することで、不快なロードノイズを抑制。

シリカ配合のコンパウンド採用によって、優れたドライ&ウェット性能を実現しています。「N-FERA AU7」のAmazonでの価格は1本30,661円、4本分の価格は122,644円となっています。

スポーツタイヤ

次に235/40R19のスポーツタイヤを紹介します。GS350Fスポーツにおすすめのスポーツタイヤは以下の3種類です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)ADVAN Sport V105

引用元:https://www.y-yokohama.com

ヨコハマの人気ブランドであるアドバンが誇るスポーツタイヤ、それが「ADVAN Sport V105」です。低燃費性能はやや不足気味ですが、スポーツタイヤとしてふさわしいグリップ力、操縦安定性を実現しています。ウェット路面での走行性能も申し分ありません。

スポーツタイヤとして高い次元を追求しているにもかかわらず、静粛性や乗り心地も確保されている点が素晴らしいです。さらに、耐摩耗性能の向上によってロングライフ性能を追求。

スポーティーな走りと経済性を両立したタイヤに仕上がっています。Amazonでの価格は1本30,375円です。4本分の価格は121,500円となっています。

MICHELIN(ミシュラン)PIROT SPORTS 4S

続いて紹介するスポーツタイヤが「PIROT SPORTS 4S」です。モータースポーツとの関わりが深いミシュランが製造および販売を手がけています。これまでミシュランが培ってきた最新テクノロジーを惜しむことなく投入した結果、ハイスペックスポーツタイヤが誕生しました。

サーキット走行でも不足のない優れたグリップ性能を発揮。雨で濡れた路面であっても安心して走行できる高いウェット性能も実現しました。

広い接地面は、190系GSに高い走行性能と高速安定性をもたらしてくれます。Amazonでの価格は1本あたり26,509円、4本分の価格は106,036円となっています。

FALKEN(ファルケン)AZENIS FK453

引用元:https://www.falken.co.jp

最後に紹介するスポーツタイヤが「AZENIS FK453」です。住友ゴム工業が展開するブランド、ファルケンが総力を結集して開発したプレミアムスポーツタイヤになります。

そのため、ターゲットはハイパフォーマンスカーとなっていて、190系GSの足元にぴったりです。スポーツタイヤとしての走行性能の高さはそのままに、高いコンフォート性能を目指して開発されています。

ドライ&ウェット性能にも秀でており、静粛性などにもこだわっているトータルバランスに優れたタイヤです。 「AZENIS FK453」のAmazonでの価格は1本あたり18,800円となっています。4本分の価格は75,200円です。

格安タイヤ

最後に235/40R19の格安タイヤを紹介します。GS350Fスポーツにおすすめの格安タイヤは以下の2種類です。

NANKANG(ナンカン)AS-1

アジアンタイヤメーカーとして日本でも知名度のあるナンカン。ナンカンが製造及び販売を手がけている製品が「AS-1」です。タイヤに求められる基本性能を追求した上で、リーズナブルな価格を実現しているコンフォートタイヤになります。

特に高速域での直進安定性が魅力的です。コンフォートタイヤというだけあって静粛性や乗り心地もしっかりと確保されています。そのうえで、低燃費性能も実現しているのが大きなポイントです。

Amazonでの価格は1本13,760円となっています。4本分の価格は55,040円です。コストパフォーマンスの高さがウリのタイヤであることがわかると思います。

HIFLY(ハイフライ)HF805

引用元:http://hiflytire.jp

最後に紹介する格安タイヤが「HF805」です。中国ブランドのハイフライが製造および販売を手がけています。ハイフライのラインナップの中ではハイパフォーマンスタイヤとしてのポジションを担っているため、直進安定性やハンドリング性能を追求しました。

加えて、格安タイヤとしては十分な静粛性と快適な乗り味を実現しています。走行性能に重点を置いて開発されているため、安心感のあるアジアンタイヤです。

ウェット性能も考慮されている点も嬉しいポイントだと思います。Amazonでの価格は1本あたり11,730円です。4本分の価格は46,920円となっています。

タイヤサイズはどこに書いてある?

同じ車種でも年式やグレードによって大きく異なるタイヤサイズ。190系GSが複数の純正タイヤサイズを設定しているように、タイヤサイズが異なることで、車の特性自体も大きく変わってきます。今後、インターネットなどでタイヤを購入するつもりなら、最低限の知識としてタイヤサイズのチェックの仕方を知っておきましょう。

そもそもタイヤサイズはタイヤのどこに記載されているのでしょうか。タイヤサイズはタイヤの側面(サイドウォール)に刻印されています。 非常にわかりやすく刻印されているため、タイヤをひと目見ればそのタイヤのサイズを把握することができるはずです。

まとめ

今回は190系GSの純正タイヤサイズに適合する、おすすめタイヤを各10種類ずつ紹介しましたが、いかがだったでしょうか。190系GSはレクサスのラインナップの中でも、優れた質感とプレミアム性、快適性を併せ持った高級セダンです。

そのため、タイヤを選ぶ際は190系GSの魅力を損ねてしまうことがないように、できるだけ高い性能を有しているタイヤを装着した方がいいと思います。予算の都合で安いタイヤを検討している人は、今回おすすめしたタイヤを参考にしてください。