デミオのガソリン車グレード15Cの燃費はどれくらい?

2019年06月03日

デミオのガソリン車グレード15Cの燃費はどれくらい?

labelデミオ label車購入

現在販売されているマツダのデミオですが、高い人気を維持しています。そこで今回は、ガソリン車のベースグレードである15Cにスポットを当てていきます。評判や、ディーゼル車と比較してどのような差があるのかなどをご紹介します。

基本事項

デミオ15Cとはいったいどのようなスペックを有しているのでしょうか?まずはデミオ15Cの基本事項を確認し、どのような性能を秘めているのかを確認していきましょう。FFタイプと4WDモデルがありますので、その2つをご紹介します。

FFモデル 4WDモデル
排気量 1,496cc
外寸(全長×全幅×全高) 4,060×1,695×1,500(mm) 4,060×1,695×1,525(mm)
重量 1,050kg 1,140kg
乗車定員 5人
馬力 110ps
トルク 141N・m
価格 1,393,200円(税込) 1,598,400円(税込)
カタログ燃費(WLTCモード) 19.0km/L 17.2km/L

ご覧いただくとお分かりの通り、日常的に使用するのであれば十分なスペックだということはお分りいただけると思います。価格を見ても、非常に魅力的なモデルです。

15Cデミオの実燃費

それでは、15Cデミオの実燃費を見ていきます。WLTCモードではFFモデルで19.0km/Lですが、実際のところはどれくらいの燃費か気になりますよね。それでは、15Cの燃費をご紹介します。

FFモデル 4WDモデル
17.41km/L

FFモデル・4WDモデルともに実燃費は17.41km/Lでした。WTLCモードは市街地モードの計測が厳しいので、長距離や信号の少ない市街地を走っている方に関してはカタログ燃費よりも良い場合もあります。

燃費はどんな運転をするのか、どんな環境で運転するのかによって違いが大きく出るので実燃費も平均値であることを忘れないでください。そのことを考えても、燃費はかなり良いと言えるのではないでしょうか。

ユーザーからの評判

では実際にデミオ15Cがどのような評判を得ているのかをご紹介します。まずは、Twitterの声をご紹介していきます。

このように、デミオ15Cは価格からしてもかなり注目すべきモデルだということが伺えます。悪い口コミとしては、後部座席が狭かったりリアガラスが小さくて見えにくい、ナビが純正ナビしか使用できないという欠点があるようです。

しかしながら、走行性能で見ると悪く言ってい方がいないのは素晴らしいです。特に安定性が素晴らしいとのコメントもあり、これは見逃せないモデルですね!

ディーゼルモデルとの比較

それでは、比較対象をデミオのディーゼルモデルと比較してみましょう。デミオのディーゼルモデルも非常に人気があります。それでは、実際に価格や燃費にどれほどの違いがあるのでしょうか。

15C FF/4WD XD FF/4WD
価格 1,393,200円/1,598,400円 1,814,400円/2,019,600円
カタログ燃費(km/L) 19.0/17.2(WLTC) 26.4/22.8(JC08)
実燃費(km/L) 17.41/17.49 23.08/16.77
馬力 110ps 77ps
トルク 141N・m 250N・m

やはり燃費で考えるとディーゼルとガソリンは大きな差があります。カタログ燃費はWLTCモードとJC08モードなので比較することは難しいです。しかし、実燃費を見るとFFモデルであればディーゼルが優勢です。しかしながら、4WDモデルはガソリン車とさして変わりはありません。これは、ディーゼル4WDを乗る方が踏み込んでいる可能性もありますので、一概には言えません。

しかし価格を見ると40万円以上違いますので、この40万円の差を燃費で埋めようとするのは厳しいかもしれません。

まとめ

デミオ15Cの魅力については充分ご理解いただけたと思います。走行性能の満足度が高く、燃費も良い。ディーゼルモデルと比較してここまで勝負ができるガソリン車もなかなかないでしょう。ダウンサイジングが主流の今ですが、あえて排気量を向上させて1.3Lから1.5Lにしたことは良かったかもしれません。