車のオーバーヒートとは?原因とすぐできる対処法をチェック

2019年05月20日

車のオーバーヒートとは?原因とすぐできる対処法をチェック

夏のドライブで注意したいのがエンジンのオーバーヒート。通勤、通学などでいつオーバーヒートが起こるか分かりません。オーバーヒートの症状やその原因、対策方法などを知っておけば、いざという時に役に立ちます。

オーバーヒートとは

水冷エンジンの場合、クーラントによってエンジンが冷やされています。クーラントの温度が上昇し、エンジンが正常に動かない程加熱してしまうことをオーバーヒートと呼びます。

ただ、エンジンがオーバーヒートしてしまっても、すぐにエンジンが完全に壊れてしまうことは稀です。これから説明する対処法を実践することで、被害は最小限に抑えることができます。

エンジンの過熱現象

オーバーヒートはエンジンの加熱現象ですが、現在の車にはほとんど発生しません。しかし、道路の渋滞でノロノロ運転が長い距離続いたり、坂道を低いギヤで長距離走ったりすると発生することがあります。

また、サーキットでエンジンを全開状態で長く走行するとオーバーヒートする場合があります。

オーバーヒートすると発生する現象

オーバーヒートが発生すると水温計のゲージがHマークの位置に近づき、更にHマークを超えることがあります。水温計がない自動車の場合は、水温警告灯が点灯します。

オーバーヒートの初期段階では、エンジンの回転は不安定になり、カタカタというノッキング音が発生します。中期段階になると異音がエンジンから発生することがあり、さらにオーバーヒートが後期段階になると、焦げ臭さが漂うようになり、エンジンがストップします。

オーバーヒートが発生する原因

オーバーヒートが発生する原因には冷却系のトラブルが多いので紹介します。

冷却系のトラブル

冷却系のトラブルには、エンジンオイル、クーラント、ウォーターポンプが絡んでくるので紹介します。

エンジンオイルの不足

エンジンオイルはエンジンを冷却する役割があります。そのため、エンジンオイルがエンジンなどから漏れ出して不足するとオーバーヒートの原因になります。

ラジエーターの損傷

ラジエーターはアルミや真鍮、樹脂といった素材でできており、走行中、飛来物が当たると穴が開いて、クーラントが漏れ出すことがあり、オーバーヒートの原因になります。

クーラント漏れ

ラジエーターとエンジンはラジエーターホースによって繋がっています。ラジエーターホースが経時劣化して穴が開いたり、ラジエーターホースの結合が不完全だったりするとクーラントが漏れ出して、オーバーヒートの原因になります。

ウォーターポンプの故障

ウォーターポンプは、クーラントの流れを作りラジエーターやエンジンの中を循環させる役割があります。そのため、ウォーターポンプが故障すると、クーラントをラジエーターで冷やすくことができなくなり、クーラントの温度が上昇。オーバーヒートの原因になります。

対策方法

オーバーヒートの対策方法を、原因を踏まえ紹介します。

エンジンオイルを小まめに確認・定期的に交換する

エンジンオイルの量は、オイルゲージによって点検することで確認できます。オーナーズマニュアルを呼んで点検し、エンジンオイルが不足している場合は、エンジンオイルを補給してください。エンジンオイルが汚れている場合は、エンジンオイルを交換して下さい。

クーラント残量の確認や定期的な交換を行う

クーラントの残量は、リザーバータンクの目視点検で確認できます。オーナーズマニュアルを呼んで点検し、クーラントが不足している場合は、クーラントを補給してください。クーラントが汚れている場合は、クーラントを交換して下さい。

オーバーヒートした際の応急処置

エンジンがオーバーヒートしたら、車両を路肩など安全な場所に停車させ、ハザードを点滅、ギヤはPにして、パーキングブレーキをかけます。ウィンドガラスは全開、エアコンのスイッチはオフにして、温度や風量は最大にします。車外に出て、水蒸気が出していたら、ボンネットを開けないでください。開けると火傷の可能性があり危険です。

水蒸気が出なくなったらボンネットを開き、冷却用電動ファンが作動していなかったり、ホースやラジエーターから冷却水が漏れ出ていたりしたら、エンジンをストップさせて、ロードサービスなどを利用しましょう。

冷却用電動ファンが作動しおり、冷却水やエンジンオイルが漏れ出ていなかったら、エンジンはアイドリングの状態を維持し、水温が下がるか様子をみます。一度水温が下がっても、道路が渋滞していたり、坂道が続いていたりする場合は自走せずに、ロードサービスなどを利用しましょう。

まとめ

オーバーヒートの症状やその原因、対策方法などを紹介しました。オーバーヒートが発生したら、慌てないことが重要。紹介した内容を実践して対処して下さい。すぐにオーバーヒートがおさまっても、点検のためにディーラーや修理工場を利用したほうがいいでしょう。