スズキ キャリイの中古車市場価格を調べてみた

2019年05月27日

スズキ キャリイの中古車市場価格を調べてみた

labelキャリイトラック label車雑学

スズキ キャリイという軽トラックを知らない車好きはいないはずです。この日本を代表するスズキの歴史ある軽トラックは現在も発売されているご長寿モデルですが、中古車市場でいくらくらいの価格になっているのか気になります。そこで、現行と旧モデルの中古車市場における価格帯を調べてみました。

スズキ キャリイに関して最低限知っておきたいこと

スズキ キャリイはその初代モデルが1961年に登場した、スズキ車のラインナップの中でも一際歴史の長い車種の1つです。キャリイは現在でも新車が発売されていて、現行車のDA16T型は全モデルの中で11代目のキャリイとなっています。

キャリイ自体は現在で11代目モデルとなっていますが、実は初代モデルはスズキライトキャリイという名称で販売されていて、キャリイという名称になったのは1966年のフルモデルチェンジで登場した3代目からです。

ちなみに、軽1ボックス車として名高い人気を獲得しているエブリイもキャリイから派生した車種になります。

現行のキャリーのグレード・新車価格

現行のスズキ キャリイはグレードラインナップも豊富です。現在用意されているグレードは、キャリイ KX、キャリイ KC、キャリイ KC農繁仕様、スーパーキャリイ X、スーパーキャリイ Lの5種類になります。

価格帯も広く、最も安いグレードがキャリイKCの2WD・5MTで722,520円、最も高いグレードがスーパーキャリイXの4WD・5AGSの1,339,200円です。

グレード及び駆動方式や変速機の仕様によって価格が変わってきますが、現行のキャリイなら1,400,000円あれば最上位グレードが購入できると考えて間違いないでしょう。

スズキ キャリイの中古車市場価格

現行車のキャリイの新車がいくらくらいで売られているのかを把握できたことと思いますので、ここからは現行車やそれ以外のモデルの中古車市場価格がどれくらいになっているのかを見ていきましょう。

現行モデルの場合

2013年から発売されている現行モデルの中古車市場価格ですが、カーセンサーのネット検索システムで調べてみたところ、平均価格は86万円で価格帯は29.8万円から350万円とのことです。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、3,142台が検索ヒットしていて、新車価格でも140万以下の車両に対して中古車市場で350万円という価格が付いています。これは特殊なケースで、キャリイをベースに製作されたキャンピングカーに350万円という価格が付いているモノでした。その他にも移動販売車仕様228万円、冷凍車212.8万円などもあります。

130万円代の中古車車両にはスーパーキャリイ Xの4WD仕様が目立ちます。走行距離にして2ケタ距離(100km未満)の車両が多いです。車両本体価格29.8万円で売りに出されていたKCグレードで2WD・5MT仕様のキャリイが最も安く、走行距離は約14万km、修復歴はありません。

旧モデルの場合

旧モデルの中でも1999年から2013年までの間に生産されていた車種、つまり10代目キャリイの中古車市場価格を見てみると、検索ヒットしたのは1,290台で平均価格は38.7万円となっていて、価格帯にすると1,000円から286.2万円といった感じです。

こちらも先ほどと同じく特別仕様車が価格帯を高くしているのでそれを抜きに考えると、80万円ほど用意すれば純正仕様で走行距離が5万km以下の比較的程度の良い中古車両を手に入れることができるのではないかと思われます。

なお、最も安かった1,000円のキャリイが気になる方もいると思いますので紹介しますと、2000年式の2WD・フロア5MT仕様で色はホワイト、車検整備無しで走行距離11.4万kmという感じです。参照:カーセンサー

まとめ

今回はスズキ キャリイの中古車市場価格について紹介しました。キャリイ自体がスズキの自動車ラインナップの中において非常に長い歴史を持っている車種です。

現行の11代目モデルの中古車市場における台数も多くて価格帯も幅広いので、新車ではなく中古車での購入を検討している方にとっては非常にうれしいところです。

先代モデルも程度の良いものがまだ残って価格も新車価格よりは安くなっているので、そちらも候補に入れて購入を検討すると上手な買い物ができることでしょう。

荷物を運べるセカンドカーが欲しい方、お手頃価格のキャリイを候補に入れてみてはいかがでしょうか。