RB系 オデッセイ純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

2019年05月19日

RB系 オデッセイ純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

labelオデッセイ labelタイヤ

RB系オデッセイにおすすめのタイヤを種類別に紹介していこうと思います。

燃費性能や走行性能など個性がありますので、参考にしてみてください。

RB系 オデッセイの純正タイヤサイズ

RB系オデッセイの純正タイヤサイズを紹介していきます。

オプションを含めて選択できるタイヤサイズは以下の2種類です。

タイヤサイズ 16インチ 17インチ
タイヤ幅 215
扁平率 60 55

215/60R16 を装着しているグレード

  • 2.4 S
  • 2.4 B
  • 2.4 M
  • 2.4 L

215/55R17を装着しているグレード

  • 2.4 アブソルート

(215/60R16)サイズの RB系 オデッセイにおすすめタイヤ5選!

標準装備されてる215/60/16インチのおすすめタイヤを紹介していきます。

低燃費(エコ)タイヤ

燃費性能に特化したタイヤを紹介していきます。

DUNLOP ENASAVE

ENASAVE EC202は歴史の長い低燃費タイヤで、2008年から人気シリーズとして販売されています。

長年培われた技術のおかげで、タイヤでトップクラスの低燃費性能を実現しています。

さらに、低燃費タイヤはグリップ力に劣るというイメージを払拭する走行性能も実現しています。価格は7,000円~10,000円となっています。

ミニバン専用タイヤ

ミニバンの要求に応える、専用タイヤを紹介していきます。

TOYO TRANPATH ML

ミニバン専用タイヤの中で人気が高いTRANPATH ML。

「ML」とはミドルサイズ・ラグジュアリーの頭文字をとったもので、オデッセイなどミドルサイズミニバンの為のタイヤと言っても過言ではないです。ミニバン専用タイヤでありながら、剛性が高く安定した走りで、乗り心地も上々なので同乗者からの評判も高いでしょう。

価格は9,000円~15,000円となっています。

コンフォートタイヤ

平均的にバランスが取れたコンフォートタイヤを見ていきましょう。

GOODYEAR EAGLE LS2000 Hybrid II

こちらのタイヤはゴムが柔らかめの印象をうけるので、走る出しがややもたつく感じがあります。しかし、グリップ力はその分向上していますので、高速走行するときの安定性も高くなるでしょう。さらに、燃費性能はこれまでの同シリーズよりも進化していますから、かなりおすすめできるタイヤです。

価格は約10,000円となっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

上質な乗り心地の、プレミアムコンフォートタイヤを見ていきましょう。

BRIDGESTONE TURANZA

TURANZAはタイヤ性能のバランスが優れているので、どなたでも不満なく装着できると思います。特に欧州での評価が高くなっており、走行性能にシビアな国でも一定の評価を受けているようですから、性能に関しては言うことなしでしょう。

日本ではあまり流通していないTURANZAということもあり、価格は約20,000円と高めの設定になっています。

スポーツタイヤ

乗り心地や燃費よりも、タイヤの性能重視の方におすすめのスポーツタイヤを紹介していきます。

DUNLOP SP SPORT LM704

スポーツタイヤということで、ドライ・ウエットでのグリップ力には定評があるタイヤです。スポーツタイヤといえば乗り心地が固くなるイメージがありますが、こちらのSP SPORT LM704はコンフォートタイヤと変わらない乗り心地となっています。

スポーツタイヤとはいえ、幅広いユーザーに支持されるようなタイヤになっています。

価格は約10,000円となっています。

(215/55R17)サイズの RB系 オデッセイにおすすめタイヤ5選!

オプションや上位グレードで選択できる215/55/17インチのおすすめタイヤを紹介していきます。

低燃費(エコ)タイヤ

RB系オデッセイに定番の低燃費タイヤを紹介していきます。

YOKOHAMA ECOS

これまでシリーズ累計3,400万本を出荷している、大人気シリーズとなっています。その人気の理由は高い燃費性能を発揮しつつ、タイヤの走行性能も平均以上の出来にになっていることが要因でしょう。

それでいて、価格は約10,000円前後なのでコストパフォーマンスも高い為、多くのオーナーが採用しています。

ミニバン専用タイヤ

走りに重きを置いたミニバン専用タイヤを見ていきましょう。

GOODYEAR EAGLE RV-F

こちらのタイヤはスポーツミニバンにおすすめの1本で、RB系オデッセイにはもってこいのタイヤでしょう。ミニバン専用タイヤでありながら、キビキビ走れる走行性能はスポーツタイヤ顔負けです。ハンドリングのレスポンスも高いので、ドライブが楽しくなるでしょう。

価格は約12,000円となっています。

コンフォートタイヤ

基本性能が高く、コストパフォーマンスに優れた優等生を紹介していきます。

NANKANG ECO-2+

こちらのNANKANG製ECO-2+の価格は、同じサイズの国産タイヤと比較してもかなり安い価格帯になっています。あまりの安さに不安になる方もいると思いますが、世界的に販売しているメーカーなのである程度の信頼性はありますね。

特徴的なパターンは燃費の向上と、乗り心地UPを果たしています。価格は約7,000円となっており、かなり手頃になっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

最上級の乗り心地を求めたい方におすすめのプレミアムコンフォートタイヤを見ていきましょう。

DUNLOP VEURO

VEUROは発売から時間が経過していますがそれでもなお、乗り心地や静粛性の高さから人気のタイヤとなっています。プレミアムなコンフォートタイヤということで、段差やロードノイズもソフトに包み込むような印象を受けます。

タイヤでこれほどまでに乗り心地に違いが生まれると実感できるでしょう。

価格は14,000円~24,000円となっています。

スポーツタイヤ

走行性能を重視している方におすすめのスポーツタイヤを見ていきましょう。

PIRELLI CINTURATO P7

PIRELLIのフラッグシップモデルともいえるCinturato P7は、あらゆる路面状況で最大限の走行性能を発揮していくれます。ゴムの材料やパターンの構成など最新技術が惜しげもなく投入されており、その走行性能もかなりの高さになっています。

価格は15,000円~20,000円と高めですが、装着する価値はあります。

タイヤサイズはどこに書いてある?

タイヤサイズについてはタイヤ側面にインチ数などが表記されています。

245/35/19というような表記があった場合には、タイヤ幅が245、扁平率35、19インチと解釈することが可能になっています。基本的にこの3つが合っていれば、どんなタイヤでも装着できるでしょう。

まとめ

RB系オデッセイはまだまだ人気の高い車となっています。スポーツタイプのミニバンだと思うので、タイヤの性能にも注目してみてはいかがでしょうか。カスタムにぴったりのタイヤも多いので、参考になれば幸いです。