バルコニー付きカーポートを設置するために掛かる費用はどれくらい?

2019年05月18日

バルコニー付きカーポートを設置するために掛かる費用はどれくらい?

label便利グッズ

簡易式ガレージ的なイメージも強いカーポート。そのカーポートの中でも特に目を引く存在なのが、バルコニー付きカーポートです。そのバルコニー付きカーポートの種類やメリット・デメリット、そして設置の為に掛かる費用について説明していきます。

バルコニー付きカーポートとは

屋根をバルコニーにしたカーポート

バルコニー付きカーポートとはその名の通り上の部分にバルコニーが付いたカーポートのことです。車2台分のカーポートならば10坪程の屋上スペースが確保出来ますし、限られた敷地内の空間を有効活用出来るメリットは非常に大きいです。

種類

バルコニー付きカーポートには様々な種類が存在します。

壁付けタイプ

引用元:三共アルミ・公式サイト

梁置仕様(左右)

引用元:三協アルミ・公式サイト

壁寄せ納まり

引用元:三協アルミ・公式サイト

バルコニー延長タイプ(出幅・間口方向)

引用元:三協アルミ・公式サイト

出幅違いタイプ

引用元:三協アルミ・公式サイト

壁寄せ納まり

引用元:三協アルミ・公式サイト

独立タイプ

引用元:三協アルミ・公式サイト

バルコニー付きカーポートのメリット・デメリット

メリット

カーポートの上にバルコニーを設置すると、車が風雨にさらされることを防ぐのと同時に、庭としてのスペースも広がるので、前述の通り空間を有効活用できます。

家族団らんの場所として使用したり、休憩場所、ガーデニング、バーベキューを楽しむ場所、そして非常時の避難場所として使用する等、様々な目的で使用でき、外から2階部分を見えにくくしてくれる効果も有ります。

デメリット

バルコニーを既存のカーポートの上に設置する場合、2階部分にバルコニーと行き来する為のドアや窓の増設工事も必要となり、住宅によって費用が高額になったり、施工が難しかったりする可能性が有ります。

2階の増設が難しい場合、1階からはしごや階段をかけてバルコニーへ移動ようにリフォームすることも可能ですが、昇り降りが大変になるかもしれません。また、お子さんやペットが居る場合はフェンスの高さにも気をつけるなど、安全面での対策も考える必要が有ります。

バルコニー付きカーポートの設置に掛かる費用の概算

費用は100万円以上必要

まず、どれ位のサイズのバルコニーを設置するかによって値段は大きく変わってきますが、車1台分が入るサイズで施工する場合、平均で150万円前後かかることが多いです。2台分になれば200万円以上かかる見込みと言って良いでしょう。しかし、1台分以下のサイズの独立タイプのバルコニーの場合、工事費含めて費用が100万円を下回るケースも有ります。

費用に影響を与える要素

前述のデメリットで述べたように、はしごや階段の増設工事が必要な場合、費用が高額になる可能性が高くなります。

また、フェンスの種類、バルコニーのデッキ材に何を選ぶかが費用に影響を与えますし、大人数でバーベキューといったイベントをバルコニーで希望する場合は重量に耐えるための補強工事も必要になり、費用がより増える場合も考えられます。

まとめ

バルコニー付きカーポートの種類やメリット・デメリット等について説明してみました。設置や増設費用のことを考えれば、正直かなり値が張る大きな買い物と言わざるを得ません。

しかし、設置することで得られるメリットはデメリットを遥かに凌ぐ程に大きいものと言るのも事実です。予算やスペースに余裕が有れば、一度設置を考えてみては如何でしょうか。