現行クラウンの定番カスタムを紹介!

2019年04月21日

現行クラウンの定番カスタムを紹介!

labelクラウン labelカスタム全般

2018年に誕生した15代目S220系クラウンをカスタムしてしまいましょう!クラウンはノーマルでも充分その高級感を感じることができますが、より高級に、より自分らしくオリジナルクラウンを作るために、まずは定番となるカスタムをご紹介します。

クラウン向けの定番カスタム

車をカスタムするにあたり、少しずつ手を加えていくのも楽しみと言えます。そこで、まずは目立つパーツからカスタムするのが良いでしょう。外装、内装、足回りに分けてご紹介します。

外装

まずは外装です。外装は最も目に付く部分なので気合いを入れていきたい箇所ですが、やはり定番はエアロとライト系になります。つけるだけで一変するパーツもたくさんあるので、自分の好みに合ったパーツを選択できます。

エアロパーツ

純正スポイラーは人気がありますが、やはり人とは違った見た目にしたい方も多いはず。そこで、社外エアロパーツをご紹介します。エアロパーツをつけることは定番ですが、そこで自分らしさを出しましょう。では、社外スポイラーがどのようなものかを見てみましょう。

引用元:www.mzspeed.co.jp

コンプリートカーを発注することも可能なM'z SPEEDのスポイラーです。フロントスポイラーにはLEDを付属するなど、一味違ったクラウンを演出することが可能です。色により値段は異なりますが、フロントスポイラーは74000から92000円、サイドステップが68000円から118000円、リアのアンダースポイラーが70000円から110000です。

現在、まだS220系クラウンのエアロパーツは販売しているところが少ないですが、各社が開発を進めています。純正でももちろんかっこいいですが、「これだ!」と思うものを待つのも楽しみと言えるでしょう。

ライト系

昼間はわかりにくいですが、夜になって存在感をアピールするのであればライト関連のカスタムは欠かせません。色に関しては車検基準がありますが、明るさアップして高級感を増しましょう!

現在、各メーカーの適合表には掲載されていませんが、形状が合えばつけることが可能です。ワット数が高いものを装着することで明るさはアップしますので、是非とも試したいカスタムです。

内装

内装をカスタムするということは、毎日のドライブを快適に、さらに楽しくさせるという意味もあります。ドライバーが最も目にする部分は車内です。車内をカスタムすることで、同乗者からの印象も大きく変わります。是非とも、内装に手を加えましょう!

フロアマット

フロアマットを変えることで、車内のイメージが大きく変わります。ボディの色や好みの色を選び、統一感を出すと車内の雰囲気も大きく変わります。マットを選ぶ際のポイントは、その車種専用になっているものを選んでください。ぴったりしていたほうが高級感があります。

Hotfield トヨタ クラウン 220系 ラゲッジマット トランクマット ◆ カーボンファイバー調 リアルラバー

このように、足元全てのマットを変えられるようにセットになっています。これを全て装着することで印象を変えることができるので、フロアマットの変更は是非とも行いたいですね!

ステアリング

車内を見たときに、最も存在感があるパーツはステアリングではないでしょうか?そのステアリングを変えることによって、印象を変えるという方法もあります。先ほどのフロアマットと色が同じであれば、尚更良いでしょう。

REAL(レアル)ステアリング【クラウン(220系)】オリジナルシリーズ・レッドカーボン TYA-RDC-BK-CRO REAL(レアル)

このように、純正のクラウンマークを残しつつ、色を変えることも可能です。車内の色が赤に統一されている場合は、ハンドルもこのように一部分だけ赤にすることでカスタムが際立ちます。

足回り

車の足回りは最も外見に影響を及ぼすといっても良いかもしれません。定番カスタムはホイールと車高調です。ホイールの存在感を出し、車高調でタイヤとボディの間を埋めることができれば良い仕上がりになること間違いなしです!

ホイール

ホイール選びはとても重要な問題です。インチ数を上げて扁平率の低いタイヤを履けば外見は圧倒的な存在感が得られます。しかし、乗りごごちが悪くなってしまうという点もあります。

それでは、実際にどのようなホイールがあるかを見ていきましょう。20インチ、19インチが最も選ばれるサイズだと思いますので、一つずつご紹介します。

https[ホイール1本(単品)] RAYS(レイズ) VERSUS STRATAGIA LUCIANNA 20インチ×8.5J PCD:114.3 穴数:5

タイヤハウスのスペースをめいいっぱい使いたい方には20インチがおすすめです。クラウンに履いた20インチの存在感は圧倒的ですので、履いた愛車を見ると満足感も大きいと思います。レイズのホイールは性能もお墨付きですが、クラウンの高級な外見とベストマッチしそうなデザインですね。

19 インチアルミホイール 1本 WEDS ( ウェッズ ) LEONIS ( レオニス ) LEONIS MX ( エムエックス ) https://www.amazon.co.jp/dp/B071D18CWZ/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_5eFSCbV09AZ03

19インチは走りと快適性を両立した形となります。タイヤが占める面積が増えますが、道路のギャップを吸収してくれます。また、ホイールブランドとして定評のあるウェッズなだけに、走りのスポーティーさを忘れないデザインも魅力です!

車高調

車高をある程度下げることによって見た目が良くなることはもちろんですが、運動性能も向上します。コーナリングやブレーキングの際、車体がフラフラしなくなるのも魅力の一つです。

また、ダウンサスという方法もありますがショックに負荷がかかってしまうので寿命が早くなってしまう心配があります。そのことを踏まえても、車高調は入れておきたいところです。

BLITZ(ブリッツ) 車高調 レンチ付 クラウン/クラウンハイブリッド ARS220/AZSH20 ダンパー サスペンション https://www.amazon.co.jp/dp/B07JFM7DXX/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_UqFSCb2NDQYJZ

ブリッツからすでに220系クラウンの車高調が発売されています。しかし、加工が必要となるため専門店にお願いすることがベストです。見た目と走りの両方でアピールできるのが車高調です。

CARTUNEユーザーのカスタム事例

それでは、ユーザーが220系クラウンをどのようにカスタムしているのかを見ていきましょう!是非とも参考にしてください!

こちらはアイラインLEDの部分にフィルムを貼ったカスタムです。夜の印象がガラリと変わり、他とは違ったクラウンを演出できますね!この他にもスモークや赤などのカラーもあるそうですし、フィルムなので簡単に剥がせることも嬉しいですね!

19インチのホイールでもインパクトは大きいですね!20インチに不安のある方にとっては19インチでも充分に存在感をアピールすることができそうです!

少しキャンバーをつければ、21インチだって履けます!フルエアロともベストマッチし、純正とは全く違ったカスタムされた車であることをアピールできますね!

室内のLEDを打ち替えてしまった方がいらっしゃいました!グローブボックスのライトも存在感があり、純正とは全く違った印象です。走りに気合も入りそうです!

まとめ

2018年に発売されたばかりの220系クラウンです。これから各メーカーが専用パーツをたくさん出しそうですが、探すと現在もカスタムすることは充分に可能なのです。定番のカスタムをしつつ、どんどん自分らしさを出していきましょう!