クラウンパトカーに関係する雑学をいろいろ紹介

2019年04月10日 (更新:2019年04月10日)

クラウンパトカーに関係する雑学をいろいろ紹介

labelクラウン label車雑学

クラウンがベースになっているパトカーを見かけるケースが多いと思います。それは、街中で見かける白黒の無線警ら用パトカーから高速道路などで取り締まりを行う覆面パトカーの多くにクラウンが採用されているから。今回は、街で多く見かけるクラウンパトカーの情報を詳しくお届けします。

クラウンにパトカーが多いのは?

日本の警察で数多くの車両を納入しているのが、トヨタクラウンのパトカーです。

車好きで間で「クラウンを見たら覆面パトカーと思え」といわれるほど、クラウンはパトカーのイメージとして強く定着しています。これほどクラウンパトカーが多い理由は、トヨタが最初からパトカー用のグレードを開発しており、型式指定認定を取っているからです。他の車種のように警察庁が定めた基準をクリアする為、パトカー用に改造する必要が無いので、コストを抑えることで競争入札で有利になりやすいからです。

パトカーにする基準の一つに排気量の項目があります。無線警ら車は2.5L以上、交通取締用四輪車では3.0Lとあり、200系クラウンの場合は3Lのロイヤルグレードがパトカーに導入されていました。しかし、現在配備が進んでいる210系クラウンのロイヤルは2.5Lのみの設定であった為、210系クラウンの交通取締四輪車には3.5Lのアスリートが採用されています。

現在では、無線警ら車にロイヤル、交通取締四輪車にアスリートと、クラウンの種類を見れば取締を行っているクラウンか、警ら中のクラウンか見分けがつくようになっています。

無線警ら車の主な仕様

2.5Ⅼエンジン搭載の無線警ら車には、駆動方式が、2WDと4WDの二種類が用意されており、雪国には4WDが納入されています。

無線警ら車の主なエクステリア装備は、LED散光式警光灯と呼ばれる屋根についた昇降式のブーメランタイプと固定式のブーメランタイプが用意されています。フロントグリル内には、ナンバープレート両サイドあたりに、LED補助警光灯が取り付けられます。このほか、トランク内に後部補助管光灯が設置され、探索用のマグネット台付55Wハロゲンランプも装備されます。

変わって、主なインテリア装備は、デジタルサイレンアンプ(拡声装置付き)+警光灯インジケーター、助手席に足踏み式サイレンスイッチ、フロント・リア筆記用ランプ、2段式インナーミラー、助手席シート下部に消火器が装備されています。

無線警ら車は、交通取締用四輪車と違い、交通取締を行わないのでエンジンパワーも必要がないほか、交通取締用四輪車のように覆面パトカーは用意されていません。

クラウンパトカーのグレード/価格

クラウンには多くのグレードが用意されていますが、無線警ら車のクラウンパトカーに用意されているグレードは、2WDのロイヤル、4WDのロイヤルi-Fourとなります。

クラウンパトカーの価格は、まとめて購入するため、1台当たりの単価は通常より安くなっています。

平成28年度、無線警ら車購入金額は以下のようになりますが、年1回大量購入しており、購入台数で価格は変わります。

無線警ら車グレード 数量 1台あたり車両本体価格
無線警ら車2WD 489台 2,759,000円
同上(雪除けカバー付き) 4台 2,777,000円
同上(特別防錆処理) 6台 2,877,600円
無線警ら車4WD 84台 3,008,600円
同上(雪除けカバー付き) 69台 3,026,600円
同上(北海道地区雪除けカバー付き 22台 3,044,600円

クラウンロイヤルシリーズの新車価格が、一番安い車体本体価格で363万円だったことを考えると、クラウンパトカーはかなり安いことがわかります。

ちなみに、交通取締四輪車に使われるクラウンパトカーのアスリートは、装備で価格が変わりますが、平成28年度の購入価格は2,859,300円から3,395,300円となっており、これも一般に販売されたアスリートより、かなり安く納入されています。

クラウンパトカーのスペック

クラウンパトカーは、都市伝説的にエンジンが市販車と違うとか、エンジンがハイパワーにチューニングされているといった噂があり、かなり気になる人も多いでしょう。

実際、取締に急加速するクラウンパトカーはかなりの迫力があるので、一度でも見たことがあれば度肝を抜かれることでしょう。

そこで、クラウンパトカーのスペックをご紹介しますが、210系のクラウンパトカーは、無線警ら車と交通取締四輪車でスペックが異なります。

無線警ら車主要諸元

無線警ら車には、2.5Lのエンジンが載せられたロイヤルが採用されていますが、ここでは2WDの諸元をご紹介します。

型式は、パトカー専用でDBA-GRS-210-AETRHといいます。

全長(mm) 4,935
全幅(mm) 1,800
全高(mm) 1,810
ホイールベース(mm) 2,850
トレッド前(mm) 1,545
トレッド後(mm) 1,545
最低地上高 145
車両重量(kg) 1,600
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量 2,499
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
最高出力kw(ps)/rpm 149(203)/6,400
最大トルクN・m(kg.m)/rpm 243(24.8)/4,800
駆動方式 2WD
トランスミッション スーパーインテリジェント6速オートマチック
最小回転半径(m) 5.2
減速比 4.100
バッテリーサイズ 80D26L
タイヤサイズ前 215/60R15 95H
タイヤサイズ後 215/60R15 95H

変わって交通取締用四輪車は、アスリートが使われており、エンジンは3.5Ⅼが搭載され、型式はDBA-GRS-214-AEZRHとなります。

全長(mm) 4,905
全幅(mm) 1,800
全高(mm) 1,630
ホイールベース(mm) 2,850
トレッド前(mm) 1,545
トレッド後(mm) 1,545
最低地上高 135
車両重量(kg) 1,640
エンジン種類 V型6気筒DOHC
総排気量 3,456
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
最高出力kw(ps)/rpm 232(315)6,400
最大トルクN・m(kg.m)/rpm 377(38.4)4,800
駆動方式 2WD
トランスミッション スーパーインテリジェント8速オートマチック
最小回転半径(m) 5.2
減速比 3.133
バッテリーサイズ 80D26L
タイヤサイズ前 225/45R18 91W
タイヤサイズ後 225/45R18 91W

以上のようにクラウンパトカーは、市販車とほとんど同じサイズで、エンジンも全く同じものを使用しています。減速比も同じものを使用されていることと、車両重量も市販車と同じなので加速性能に違いはないでしょう。

まとめ

クラウンパトカーは、型式指定を受けたトヨタのカタログモデルで、国産のメーカーの中では唯一パトカー仕様があるモデルです。一般車と走行性能は同等ですが、取り締まりや警らに必要な装備が施され、日本の安心・安全を守る象徴として、日夜活躍をしています。