タイヤって通販で買えるの?通販で買うタイヤのメリットデメリットなどを紹介していきます!

2019年04月01日 (更新:2019年04月01日)

タイヤって通販で買えるの?通販で買うタイヤのメリットデメリットなどを紹介していきます!

labelタイヤ

春は冬タイヤから夏タイヤへの交換時期。タイヤ交換の時期には、これから履くタイヤの点検をしましょう。もし、タイヤが減っていたり、ひびが入っていたりしたらタイヤ交換をしなくてはなりません。今はタイヤもネットショッピングで購入できる時代です。今回は、通販でタイヤを購入する際のメリットや注意点を解説していきます。

通販でタイヤを購入するとたくさんのメリットが!

たくさんの種類の中から好みのタイヤを選べる

今までは、タイヤを購入する際に、タイヤ専門店やガソリンスタンド等の店舗に直接出向いて選ぶ必要がありました。クルマのタイヤには様々なサイズやモデルが存在し、性能や価格もピンキリです。

実店舗でタイヤを販売している場合、保管場所に限りがあったり、そのお店の売れ筋や、おすすめを中心に在庫を置いてあるため、すべてのメーカーのタイヤ、すべてのタイヤを見ることはできません。購入する側は、その在庫の中から自分のクルマに合ったタイヤを選ぶ必要が出てきます。選択肢が狭まってしまうのは、購入する側からすると少し損な気分ですよね。

その点、通販でのタイヤ選びは、多くのメーカーやパターン、サイズの中から自分の趣味趣向に合ったタイヤを選ぶことができます。自分のこだわりのポイントに応じて豊富なラインナップの中から選ぶことができるのは非常にありがたいですね。また、店頭では扱っていないようなタイヤも、通販では多く見つかります。このように、自分のタイミングで、自分の好きなものを選べるというのが通販の醍醐味ではないでしょうか。

自宅に居ながらタイヤ選びができる

まだ馴染みは薄いですが、ネットでタイヤを販売しているお店は多くあります。試しに「タイヤ 通販」と検索してみましょう。多くのサイトが出てくるはずです。自分のクルマのタイヤサイズが分かれば、家に居ながらタイヤ選びをすることが可能です。

わざわざお店に足を運ぶ必要はありませんし、店員さんに急かされたり、おすすめなどのセールストークを聞かされることもありません。

購入したタイヤは自宅に配送してくれますし、タイヤ交換をする指定工場への搬入もしてくれます。通販サイト側が取り付け工場を用意してくれているお店もあるので、購入後も安心です。

安く買うことができる

通販で購入する最大のメリットは、タイヤの価格です。実店舗では、メーカー直営などの中間コストを省いているお店でも、人件費やお店の運営費、保管費用を捻出するために、大きく値段を下げることができません。通販の場合は、運営する側のかかるコストが小さいため、上乗せする利益は少額で済みます。そのため、実店舗よりも安く販売することができるのです。

大きな倉庫を借りて、大量にタイヤを仕入れることで仕入れ価格も安く済みますし、豊富な在庫を用意することも可能です。安くて豊富なラインナップを揃える通販でのタイヤ購入は、購入者側に大きなメリットがあるのです。

通販でタイヤを購入する際の注意点

お得な通信販売ですが、いくつか注意点があります。

装着するタイヤのスペックをきちんと確認しよう

まず、購入するべきタイヤがどのようなものなのか、しっかりと調べておかなければなりません。タイヤにはトレッド幅、扁平率、インチ数、耐荷重性能、許容速度など様々な特性があります。ます。実店舗に行けば店員さんがタイヤを選んでくれますが、通販ではそうはいきません。

また、インチアップをするなど、ホイールサイズやタイヤサイズを変更する際には、愛車とのマッチングを自分で調べる必要が出てきます。簡単に注文できますが、タイヤについてある程度の知識を持っていないと、取り付けや走行ができないなどのトラブルになることがあるので注意しましょう。

タイヤを組み付け方法を確保しておく

購入したタイヤはホイールに組み込む必要があります。通販で買って届いた状態のタイヤだけでは、走ることはできませんよね。組み込み作業をしてくれるお店を探さなければなりません。近所のタイヤチェンジャーを保有しているお店で、自社で購入したタイヤ以外のものも組み込みをしてくれるのか、必ず確認してみましょう。

中には自店で購入したものしか組み込みを受けないお店や、他店購入のタイヤは組み込み工賃を割高にとっているお店もあります。工賃がいくらかかり、いつ出来上がるのか、納期についても確認する必要があります。実際に安くタイヤを購入したものの、組み込みの工賃が高く、逆に損をしてしまうというケースもあります。通販でタイヤ購入をする際には、その後のクルマへの装着までをしっかりと考えて注文しなければなりません。

サイトがお店を探してくれることも

最近の大手タイヤ通販サイトでは、サイト側がお店を用意し、提携工場のような形で購入後のサポートをしてくれるサービスも多くなりました。通販と実店舗の両方を構えていて、通販で購入後に実店舗で交換というお店もあります。

例えば通販大手アマゾンでは、自分の住んでいる地域から提携工場やガソリンスタンドなどを選び、タイヤ代金から工賃までをすべてアマゾンに支払うことで、実質ワンストップで交換までを完了することができます。

フジ・コーポレーションでは、通販と実店舗の両方を構えているため、通販購入したタイヤを近くのフジ店舗で交換することができます。

通販業者の信頼性を調べておく

いくら通販が安いといっても、それ相応の相場があります。過度に安すぎるお店は疑いの目を持って選別することが大切です。大手タイヤショップが運営している通販サイトであれば間違いないですが、サイトの信用性を見極めることも大切です。

配送時期や送料を明示がないなど、怪しいお店には近寄らないことです。タイヤはゴム製なので、製造されてから年月が経つと、使っていない新品タイヤでも劣化してきます。なにか引っかかることがあれば、しっかりと問い合わせをし、悪徳業者の被害に遭わないように注意が必要です。

おまけ:CARTUNE新機能「パーツ市場」でタイヤ、ホイールを売買してみよう!

メルカリと連携したCARTUNE新機能「パーツ市場」でいろいろなタイヤやホイールが販売されています。買うだけでなく、いらなくなったタイヤを売るのにも便利です。皆さん、フリマアプリのメルカリはご存知でしょうか。家にある不用品を簡単に出品したり、誰かの不要になったモノを安く購入したりと便利なサービスですが、CARTUNEはメルカリと連携した「パーツ市場」というものを開設しました。

車好きの目に触れる機会が増えるため、売れやすい!

メルカリのIDを持っていれば、CARTUNEアプリを使って、簡単に不要なカー用品を売ることができます。CARTUNEアプリから出品された商品は、月間1100万人以上が利用するメルカリにも同時に掲載され、非常に売れやすくなります。

パーツ購入もサポート!

マイカー登録をしておくと、パーツ市場に掲載されている中から、マイカーにおすすめのパーツを選んでくれて、購入のアシストもしてくれます。様々な仕様やサイズが混在するカーパーツを、細分化してカテゴライズすることで、あなたのクルマに合ったパーツを購入することが簡単にできます。

不要になったタイヤやホイール、その他カー用品を簡単に出品、販売、配送できるCARTUNEアプリの新機能「パーツ市場」を使って、不用品を売り、新しいパーツを購入する足掛かりを作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

通販によるタイヤ購入にはメリットが多く存在します。しかしながら、対面販売ではないので、最低限の知識を持った上で利用しなければなりません。希望のタイヤをより安く、満足度高く手に入れるために、タイヤ購入の際には、通販サイトをのぞいてみてください。