友達の車を借りるときに!セブンイレブンで手軽に入れる自動車保険を紹介!

2019年03月27日

友達の車を借りるときに!セブンイレブンで手軽に入れる自動車保険を紹介!

たまに友達や親の自動車を運転する人は、自動車保険について考えたことがありますか?もし事故に遭遇しても、他人の車では、場合によっては自動車保険が支払われない可能性があります。そんなことにならないように、セブンイレブンで手軽に入れる自動車保険があるので紹介します。

友達や親の車を借りるときも任意保険は必要

公共機関が発達している地域に住んでいると、バスや電車を移動手段にすることが多く、自動車を所有しなくても不便を感じないことが多いです。特に、東京についてはあまりの駐車代の高さに、月々の駐車代があれば1ルームのアパートやマンションを借りられるといった笑い話を耳にすることも珍しくありません。このようなことから、首都圏では免許は持っていても、自動車を所有していない人は決して少なくありません。

友人の車を運転する時の任意保険、気にしてますか?

友達の自動車に乗ってスキーやスノボーに行くことになり、友達に代わって自動車を運転したり、実家に帰省した際に買い物などで親の自動車に乗る事になったりした場合、注意したいのが自動車保険です。当然、どの自動車にも自賠責保険は入っていますが、問題なのは任意保険と呼ばれる自動車保険です。

任意保険の基準、満たしてますか?

もし、任意保険に運転者年齢条件が設定されており、友人や親の代わりに運転したあなたがこの条件に当てはまらない場合、事故に対する補償は受けられません。自賠責保険があるので安心だと思っている人もいるかもしれませんが、自賠責保険は対人保障に限られているので、対物保障は受けられません。

保険とは万が一に備えるもの

このような認識がないままに友達や親の自動車を運転して、もし事故に遭遇してしまって多額のお金を求められても、場合によっては自分で負担しなければならなくなるリスクがあります。たとえ任意保険の補償が受けられたとしても、自動車を貸した友達や親にとっては、事故の補償で任意保険を使ったことで、掛け金が上がってしまうかもしれないリスクもあります。こういったことは、セブンイレブンで入ることができる1DAY保険を利用すれば対応できます。

500円で入れる!?セブンイレブンの自動車保険

セブンイレブンで入ることができる1DAY保険は1日単位の自動車保険となっており、例えば、夕方に契約してから、翌日の夕方まで24時間の単位で補償されます。

更に、いつでも申し込むことができて、保険料は現金やnanacoで支払えます。1日500円から契約が可能で、2回目の契約から割引が適用されます。

1回の手続きで最大7日間分の契約が可能で、最大で4人まで設定することができ、2人目から割引が適用されます。

コンビニで簡単手続き!

1DAY保険はセブンイレブンに設置してあるマルチコピー機で簡単に手続きが可能。手順は、マルチコピー機に表示されているメニューから、保険→1DAY保険→マルチコピー機からお手続きを開始されるお客さま、といった順に進んだ後、案内に従い必要事項を入力し、申し込みが完了すると払込票が出力されます。レジで保険料を現金もしくはnanacoで支払うことで、契約が完了となります。

手続きを行う際には運転者(代表)の次のような情報が必要なので、事前に用意して下さい。

  • 運転免許証番号
  • 運転免許証有効期限
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所等

更に、運転する車の次のような情報が必要なので事前に用意して下さい。

  • ナンバープレート情報
  • メーカー名

運転者(その他)の次のような情報が必要になることがあるので事前に用意して下さい。

  • 氏名
  • 生年月日

マルチコピー機での入力を簡単に済ませるために、スマホやPCを使い事前にネットで予約登録ができます。ネット予約登録サービスへアクセスした後に、必要情報を入力し登録を完了させ、マルチコピー機に表示される案内に従い、予約コードと申込者の生年月日を入力します。

補償内容も安心!

自動車保険で気になるのが補償内容です。1DAY保険の基本補償には、自動車事故による相手への賠償と自動車事故によるケガの補償があります。更に、充実のロードサービスなども用意されています。

自動車事故による相手への賠償

自動車事故による相手への賠償には、対人賠償保険、対物賠償保険、対物超過修理費用特約が含まれており、次の通りです。

  • 対人賠償保険は、自動車事故によって相手にケガを負わせてしまった場合に補償します。
  • 対物賠償保険は、相手の車や電柱などを破壊してしまった場合に補償します。
  • 対物超過修理費用特約は、相手の車にかかった修理費が時価額より高額になった場合に補償します。

自動車事故によるケガの補償

自動車事故によるケガの補償には、搭乗者傷害(入通院/2区分)特約、搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約、自損傷害保険といった内容が含まれており、次の通りです。

  • 搭乗者傷害(入通院/2区分)特約は、入院時に必要な洗面用具、日用品、衣類の準備などに必要な費用に充てられる補償です。
  • 搭乗者傷害(死亡・後遺障害)特約は、車に乗っている際、事故によって怪我をして、死亡したり、後遺障害を発症したりした場合に補償。
  • 自損傷害保険は、運転中の事故によって怪我をしたり、死亡したりした際に、自賠責保険などから支払いがなかった場合に、補償します。

充実のロードサービス

充実のロードサービスも用意されており、事故や故障の際に車のトラブルに対応してくれます。例えば、現場での応急処置やレッカーけん引、目的地へ行くまでの宿泊や移動をサポートします。

まとめ

友達や親の自動車を借りる際に、自動車保険の内容まで聞きづらいと考える人もいるかもしれません。そんな人にとっても、1DAY保険はぴったりです。転ばぬ先の杖といった言葉がありますが、事故に遭遇する前に、しっかりした備えは必要です。