車検に通る?フロントガラスにフィルムを貼る際の注意点

2019年03月22日 (更新:2019年03月22日)

車検に通る?フロントガラスにフィルムを貼る際の注意点

labelガラス labelカスタム全般

最近よく見かける青っぽいフロントガラス。車好きの方なら恐らくカーフィルムであろうことは察しがついているのではないでしょうか?とはいえ、カーフィルムといえばリア三面の施工が基本。フロントガラスにフィルムが貼れるのか疑問を抱いている方も多いのでは?そこで今回はフロントガラスに貼れるフィルムについて調べてみました。

フロントガラスにフィルムを貼ることは可能!

結論から言うと、フロントガラスにフィルムを貼り付けることは可能になっています。

しかし、フロントガラスに貼り付けるにはいくつかの決まりがあるので、その条件をクリアしたカーフィルムである必要があります。カーフィルムの貼り付けが許されるのであればステッカーでも貼り付け可能だと勘違いしがちですが、検査標章など決められたもの以外は貼り付けできないので注意してくださいね。

ポイントは可視光線率70%以上

フロントガラスに貼り付けられるフィルムは法律で明確に決められており、しっかりとした視野を確保でき、十分な強度があることが求められます。フィルムにおいて車検や違法改造で目をつけられやすい項目が、可視光線透過率。

この可視光線透過率が0%だと全く光が入らない状態で、逆に100%であれば遮るものがない場合となります。フロントガラスに貼り付けるフィルムは、可視光線透過率が70%必要です。

フロントガラスだけでなく、運転席側、助手席側の窓ガラスにも同じ規則が適用されているので、フロント3面のガラスにフィルムを貼る際は気を付けてくださいね。

フロントガラス以外にフィルムを貼ることはできるのか

リアガラスは決まりナシ!

フロントガラスには強度や可視光線透過率など決まりがありましたが、リアガラスに貼り付けるフィルムに関しては決まりはありません。

なので、たとえ可視光線透過率が0%であっても問題なく貼り付けることが可能ということですね。とはいえ、リアガラス3面に可視光線透過率が0%になると、窓としての実用性は期待できないので注意が必要です。

ちなみに、販売されているフィルムでは透過率3%というのが最も濃いフィルムになっています。これなら、車内はほぼ見えませんね。

まとめ

フロントガラスにフィルムを貼り付けることができるようになり、ドレスアップの幅は格段に広がってきました。だた、フロントガラスの場合には法律で決められた基準があるので、それに沿ったフィルムを貼り付ける必要があります。また、リアガラスに関しては決まりがなく、透過率などを気にする必要がない為、フロントガラスよりもさらに幅広いドレスアップが可能になっています。お気に入りのフィルムを見つけて素敵なカーライフを送ってくださいね。