タイヤメーカーってどこがいいの?ピレリタイヤについて徹底解説!

2019年03月22日

タイヤメーカーってどこがいいの?ピレリタイヤについて徹底解説!

labelタイヤ labelブランド紹介

F1でもおなじみのタイヤメーカーであるピレリは、ランボルギーニが創業時より全車に採用するなど、そのスポーツイメージとブランド力には絶大なものがあります。今回は、ピレリとはどんなメーカーなのか、そしてどんな製品があるのかをご紹介します。

ピレリタイヤとは?

ピレリはイタリアのミラノに本社を置くタイヤやフィルターなどを製造する企業です。タイヤ業界では、住友ゴム工業に次いで世界5位のブランドで、世界20ヶ所の製造工場と160ヶ国に拠点を置く国際的大企業です。

創業は1872年

創業は1872年。最初のモータースポーツである1907年の北京~パリ間のレースでの勝利以降、ピレリはスポーツ性の高いタイヤブランドとして発展していきます。

その後も多くのモータースポーツに貢献して勝利を収めるとともに、ランボルギーニをはじめとする多くのメーカーの純正タイヤとして採用されています。2005年からは中国の中国化工集団の傘下になりましたが、そのブランド力に影響は感じられず、今シーズンもF1の指定タイヤとして世界中にその名を轟かせています。

ピレリのタイヤを選ぶメリットとデメリットは?

ピレリのタイヤを選ぶことによるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ピレリのメリット

ピレリのメリットには、様々なモータースポーツに参戦していることから、そこからフィードバックされた多くの技術が市販用タイヤに活かされているという点があげられます。

イタリア製の高性能スポーツカーや自動車メーカーの多くが、自社の高性能モデルの新車生産時に取り付ける純正タイヤとして採用しています。タイヤの性能と品質が認められていることと同時に、新車開発の初期からその車ごとの特性に合わせた専用のタイヤを開発していることも、採用率が高い要因となっています。

ピレリのデメリット

ピレリのデメリットは、高性能タイヤであるゆえに価格が高価であることです。

もちろん価格に見合っただけの性能があるのですが、常に高水準の性能を追求しているがために、スポーツカーオーナー以外は手が出しずらい状況にあります。一般の乗用車用タイヤも販売されており価格も安価ですが、高性能タイヤに比べて種類が少ないために選びにくいという現状です。

本国では状況が異なるのかも知れませんが、日本においては高性能で高級なタイヤというイメージが強く、ブランドイメージは高いが国産タイヤのように普及しないという要因にもなっています。

ピレリの用途別のおすすめタイヤを紹介!

次は日本で購入できるピレリのオールシーズンタイヤ、スポーツタイヤなどを、それぞれの走行シーン別にご紹介します。

スポーツタイヤ

P ZERO

P ZEROは、モータースポーツから得られた技術を投入したピレリ独自の超高性能なタイヤシリーズです。その中でもP ZERO Corsa は、一般道路とサーキットの両方においてモータースポーツ技術の一番良いものを提供したタイヤで、あらゆる路面において極上のハンドリングと最高レベルの制動力、そしてトラクションを可能にします。

サマータイヤ

CINTURATO

ピレリの「グリーンパフォーマンス 」タイヤである CINTURATO™ P7™ は、最新の材料、構造、そしてトレッドパターンのデザインを最大限に活用することで、 環境資源に配慮しつつ、ドライやウェットといったあらゆる路面での快適さと安全性を確保するタイヤとなっています。

また、CINTURATO™P1は、シティーカーやコンパクトカー向けタイヤとなっており、特に市街地走行時の転がり抵抗を削減することから、国産乗用車にもっとも適したタイヤと言えます。

オールシーズンタイヤ

SCORPION ZERO

サマータイヤとウィンタータイヤの特性を併せ持つピレリのオールシーズンタイヤは、独自のソリューションを提供します。とりわけSCORPION ZERO™ ALL SEASON は、SUV のためのオールシーズンタイヤで、濡れた路面と乾いた路面、そして軽く積雪した路面において性能が最大限に発揮されるように設計されています。

これは最近需要が増えてきたスポーティな SUVに最適で、同時に最高レベルの安全性と快適さが確保され、騒音のレベルも最小化されているのも特徴です。

まとめ

ピレリはスポーツタイヤというイメージが強烈で、それこそが最大の魅力なのですが、実は、オールシーズンタイヤや乗用車向けのエコタイヤでも高い性能を持っています。

たとえ愛車がスポーツカーでなくても、ピレリのサマータイヤを履き、サイドウォールの「P」のマークを目にすると、気分が盛り上がる方も多いのではないでしょうか。安く手に入れた中古車であっても、ピレリタイヤを履くことで上質かつアグレッシブな走りを味わえます。

ピレリの長い歴史の裏側に、他のタイヤメーカーの製品にはない、そんな独特の魔法があるような気がしてなりません。みなさんもピレリのタイヤを履いてみませんか?