カーフィルムはメリット満載!車の窓にフィルムを貼ろう!

2019年03月21日

カーフィルムはメリット満載!車の窓にフィルムを貼ろう!

labelDIY labelカスタム全般

車の窓に貼るフィルムはカーフィルムと呼ばれています。カーフィルムを貼ることによるメリット&デメリットや、種類、施工代などをご紹介していきます。DIYで貼るための施工手順も解説しますので、自分で貼りたい方は必見です!

車の窓に貼るフィルムとは

車の窓に貼るのは「カーフィルム」と呼ばれるものになります。中にはプライバシーフィルムという呼び方をする場合もあり、その名の通り車内を外部から見えにくくしてくれるフィルムです。一般的に多くの車で貼り付けられているのは黒色のフィルム。このカーフィルムを貼ることによってどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?

カーフィルムのメリット

カーフィルムを貼ることのメリットは、先ほど申し上げたように、外部から車内が見えにくくなることです。車内はプライバシースペースですから、窓を暗くしてしまうこの方法は効果的ですね。

他にも挙げるとすれば、フィルムによって太陽光が遮られるので、夏場は車内の温度上昇を避けることができ、クーラーの効きがよくなります。そして、窓が黒くなることで見た目の印象が変わり、かっこよく見えるのも利点の一つと言えるでしょう。

カーフィルムのデメリット

デメリットは、フィルムを貼ることによって、ミラーなどで後方を確認しようとしても見えにくくなってしまうことです。フィルムの濃さにもよりますが、濃いフィルムを貼ってしまうとまったく見えないということもあります。昼間でも車内が暗くなってしまうのもデメリットと言えます。

カーフィルムの種類

一般的に貼られているのは黒色のフィルムとされていますが、カーフィルムは様々なものが販売されています。

  • スモークフィルム
  • カラーフィルム
  • クリアフィルム
  • ミラーフィルム

以上の4種類が発売されているフィルムになります。それぞれの特徴を説明していきましょう。

スモークフィルム

一般に貼られている黒色のフィルムがスモークフィルムです。車の印象を変えたり、車内を見られないようにするほか、断熱効果や紫外線カットの効果もあります。これは後部座席の窓に貼るタイプです。スモークの濃度によって透過率が変わりますので、真っ黒にする人もいれば、若干透けて見えるようにする人もいます。販売されている透過率としては1%~7%のスモークフィルムが多くなっています。

カラーフィルム

カラーフィルムはフィルムに色が付いているものになります。黒だけでなく、黄色や青などの好きな色を選ぶことができるのが特徴です。こちらも車内を見られにくくする効果がありますが、どちらかと言えば実用性よりもファッション性の高いフィルムになっています。

クリアフィルム

クリアフィルムになると、フロントガラスや運転席・助手席の横の窓に貼られることが多いフィルムです。視界を遮ることなく、紫外線をカットしてくれるのが主な特徴となっており、若干青みがかったフィルムが貼られていることが多いです。

ミラーフィルム

ミラーフィルムとなると、マジックミラーのようになっているタイプになります。暗いところから明るいところは見えても、明るいところから暗いところは見えないようになります。このフィルムであれば、外からはほとんど見えなくなり、車内からはしっかりと外が見えるようになります。通常使用されるスモークフィルムに比べると高価です。

業者に依頼した場合のカーフィルム施工代

カーフィルムを自分で貼ろうとすると、専用の道具が必要となるだけでなく、技術面での問題も発生します。上手く貼れないと気泡が入った状態になってしまい、見た目がよくありません。フィルムの施工については、業者にお任せするのがベストでしょう。

ただし、カーフィルムを貼る車のサイズや窓の枚数によっても金額が変動するので注意が必要です。業者でカーフィルムを施工してもらう工賃について参考価格をご紹介します。

日本カーフィルムセンター

東京都世田谷区に店舗を構えている「日本カーフィルムセンター」のフィルム施工代です。

リヤ3面 リヤ5面ワゴン・RV等 フロント
外国車 ¥24,000 (税込) ¥27,000 (税込) お問い合わせ下さい。
国産車 ¥18,000 (税込) ¥20,000 (税込) お問い合わせ下さい。
軽自動車 ¥10,000 (税込) ¥12,000 (税込) お問い合わせ下さい。
ハイエース・キャラバン等大型車 ¥29,000 (税込) お問い合わせ下さい。

参考:日本カーフィルムセンター

トータルカービューティIIC

千葉県市川市に店舗を構えている「トータルカービューティIIC」はフィルム施工とフィルム代がセットになった価格表です。

リア周り

サイズ 輸入車/国産車 UVカットリアセット UV+IRカット(シルフィード)リアセット
SS 輸入車 ¥32,000 ¥37,100
国産車 ¥28,800 ¥33,400
S 輸入車 ¥35,600 ¥41,300
国産車 ¥32,100 ¥37,100
M 輸入車 ¥39,600 ¥45,900
国産車 ¥35,600 ¥41,300
L 輸入車 ¥45,500 ¥52,700
国産車 ¥40,900 ¥47,500
LL,XL 輸入車 ¥50,100 ¥58,000
国産車 ¥44,900 ¥52,200

フロント周り

サイズ 輸入車/国産車 フロントセット フロントセット+小窓2面あり フロントガラス フロントサイド2面 フロント小窓2面
SS 輸入車 ¥40,100 ¥44,500 ¥31,100 ¥23,500 ¥5,180
国産車 ¥36,000 ¥40,100 ¥27,900 ¥21,200 ¥5,180
S 輸入車 ¥44,600 ¥49,500 ¥34,600 ¥26,100 ¥5,180
国産車 ¥40,100 ¥44,600 ¥31,100 ¥23,400 ¥5,180
M 輸入車 ¥49,500 ¥55,000 ¥38,500 ¥29,100 ¥5,180
国産車 ¥44,500 ¥49,500 ¥34,500 ¥26,100 ¥5,180
L 輸入車 ¥56,900 ¥63,300 ¥44,200 ¥33,500 ¥5,180
国産車 ¥51,200 ¥56,900 ¥39,700 ¥30,100 ¥5,180
LL,XL 輸入車 ¥62,600 ¥69,600 ¥48,600 ¥36,800 ¥5,180
国産車 ¥56,300 ¥62,600 ¥43,700 ¥33,100 ¥5,180

参考:トータルカービューティIIC

TREND WORKS(トレンドワークス)

東京都大田区に店舗を構える「TREND WORKS(トレンドワークス)」です。こちらもフィルム施工代とフィルム代金がセットになっています。

サイズ リア(3面~7面)スモークフィルム フロントドアガラス(2面)透明断熱フィルム フロントガラス(1面)透明断熱フィルム
SS ¥19,950 ¥17,500 ¥19,950
S ¥20,000 ¥17,500 ¥20,000
M ¥21,000 ¥19,500 ¥21,000
L ¥23,100 ¥19,500 ¥23,100
LL ¥24,800 ¥22,500 ¥24,800
XL ¥29,000 ¥22,500 ¥29,000

参考:TREND WORKS(トレンド ワークス)

フィルム施工の相場

参考価格として挙げた上記3社の価格を見ても分かる通り、業者によって値段の違いがあります。使うフィルムによって価格が違うのもわかりますね。相場としてはリアの3面ガラスの施工で「¥20,000~¥35,000」程度になると覚えておきましょう。

自分でカーフィルムを貼る場合

業者に施工してもらうと、工賃が高くてなかなか出せないといった方もいらっしゃると思います。そうなれば、DIYでフィルムを貼るしかありません。必要となる道具と作業手順についてもご紹介していきます。

必要となる道具

フィルムを貼る際に必要な道具をケチってしまうと上手く貼れなくなってしまいますので、道具はきちんと揃えておきましょう。必要な道具の一覧です。

  • 霧吹き
  • プラスチックのヘラ
  • ゴムのヘラ
  • カッターナイフ
  • 線引き用ペンシル(白)
  • マスキングテープ
  • 中性洗剤
  • 定規

まずはこれらを用意しておきましょう。

作業手順

作業手順は順を追ってやっていきましょう。焦らずに丁寧にやることが基本です。

  1. 貼り付けるガラスの内側と外側の両方を綺麗にする
  2. 外側の窓に、中性洗剤を薄めた液体を霧吹きでしっかりと吹きかける
  3. フィルムを広げて、外側の窓にくっ付け、マスキングテープで固定する
  4. ペンシルを使って窓の枠の型を取る(フィルムが大きい場合は適当なサイズに切っておく)
  5. カッターナイフと定規を使ってペンシルより少し大きめに切る
  6. フィルムを外して内側の窓に移動、フィルムと貼る窓を先ほどの霧吹きで濡らす
  7. 再びマスキングテープを使って位置を決めて固定する
  8. フィルムのノリ面を剥がしながら、ノリ面に対して霧吹きを吹き付ける
  9. ゴムヘラを使って中心から外に向けて軽く撫でるように空気を抜きながら貼る
  10. 少しずつ洗剤と空気が外に抜けてきたら、角はプラスチックのヘラで押し込むようにして貼り付ける
  11. 全て貼り終えたら、1日放置してしっかり貼りつくのを待つ

以上の順序で行えば、問題なく貼ることができます。筆者もDIYでフィルムを貼ることがありますが、焦ったり力を入れてしまうとシワが入ったりミスしてしまいます。ゆっくりと丁寧に行うように心がけてください。

なお、フィルムは基本的にフロントガラス、フロントの左右のサイドガラスには貼ることができません。フルスモークなど全席のガラスにフィルムを貼るのは保安基準不適合なので気をつけましょう。

まとめ

カーフィルムは、見た目だけでなく実用性も高いアイテムです。特に女性は車内でも日焼けをすることを考えると、カーフィルムが貼ってある車は嬉しいですね。業者に頼むかDIYで行うかはそれぞれの自由ですが、カーフィルムを貼ることで愛車が益々お気に入りになること間違いなしです。是非やってみてください。