カスタム初心者必見!人気ホイールメーカーを紹介

2019年03月05日

カスタム初心者必見!人気ホイールメーカーを紹介

ホイールを変えると気分が一新して、ドライブに行きたくなりますよね。人も車もお洒落をするなら足元から。車のカスタムをするなら、ホイールを変えることから始めてみましょう。車のタイプ別に人気ホイールメーカーをご紹介します。愛車に合ったホイールがきっと見つかります!

スポーツカーの人気ホイールブランドを紹介

スポーツカーのホイールは見た目のデザインも重要ですが、走るためにはブレーキの冷却性能を上げたり、運動性能をあげるためにも軽さも大切になってきます。人気メーカーであれば、耐久性や冷却性能、軽さ、デザインを開発段階でクリアしている商品ばかりですから、選ぶなら間違いないでしょう。

ホイールを選ぶためにも人気ホイールブランドをいくつかご紹介します。

  • レイズ
  • アドバンレーシング
  • ウェッズスポーツ
  • ワークエモーション

以上の4社です。この4社は、スポーツカー向けのホイールを販売している有名人気メーカーですから、愛車にピッタリのホイールが見つかるでしょう。

レイズ

レイズからスポーツカー向けに販売されているモデルは以下のモデルです。

  • Volk Racing(ボルクレーシング)
  • Gram Lights(グラムライツ)

Volk Racing(ボルクレーシング)の特徴として、レーシングカー使用するホイールの技術をそのまま市販化させたモデルとなります。洗礼されたデザインと鍛造ホイールならではの耐久力や軽さに定評があります。

Gram Lights(グラムライツ)の特徴は、鋳造ホイールでの製造方法では最高峰の性能を誇ります。鋳造ホイールだからこそできるデザインと走るための性能を両立したモデルです。

アドバンレーシング

アドバンレーシングというのは商品ブランドの一つであり、製造販売している会社はヨコハマホイールとなります。他にも製造されているモデルはありますが、スポーツカー向けのホイールと言ったら、アドバンレーシングでしょう。その軽さとデザインはレーシングカーにも装着されるほどの完成度です。

ウェッズスポーツ

Wedz(ウェッズ)という会社から販売されているのがウェッズスポーツです。このモデルもやはりレーシングカーに装着されているタイプで、鍛造ホイールとなります。スポークが多く、見た目の色も鮮やかな青が印象的なホイールが多いです。

ワークエモーション

Work(ワーク)という会社から販売されているワークエモーションですが、スポーツカーを走るためだけでなく、ドレスアップさせることに対して力を注ぐユーザーにはおすすめのホイールメーカーです。走りもそこそこに、自由度の高いデザインでお気に入りのホイールがきっと見つかることでしょう。

ミニバンの人気ホイールブランドを紹介

ミニバンとなると、人を乗せて移動することが多くなってきます。車に乗る人が遠目から見たとしても、かっこいいと思われるホイールをつけておきたいですね。最近はホイールサイズも幅広くなって、選ぶ自由度が多くなりました。スピードを出して走るわけではない車種なので、見た目で選びましょう。

ミニバンにおすすめした人気ホイールブランドはこちらです。

  • M'Z SPEED(エムズスピード)
  • VERZ-WHEELS(ヴェルズホイール)
  • Work(ワーク)
  • Wedz(ウェッズ)

以上の4社のホイールでも、ミニバンにピッタリのデザインのホイールをご紹介します。

M'Z SPEED(エムズスピード)

エアロパーツの販売なども手がけるM'Z SPEED(エムズスピード)からもホイールが販売されています。鍛造2ピースのホイールとなっており、強度は十分、デザインの自由度も高くなっています。コンプリートカーにすると、統一感があっていいですね。

VERZ-WHEELS(ヴェルズホイール)

KUHL RACINGが販売元となるのがVERZ-WHEELS(ヴェルズホイール)です。立体的な造形を得意とするKUHLがホイールでも立体的な造形ホイールを販売し、そのこだわり抜かれたデザインは機能性も兼ね備えており、飽きの来ないホイールです。

Work(ワーク)

スポーツカー向けのホイールだけでなく、様々なジャンルへのホイールも販売しているのがWork(ワーク)です。ミニバンにおすすめのモデルは、「DURANDAL(デュランダル)」です。個人の好みに合わせてカラー変更できるカスタムオーダーができるのは魅力的です。

Wedz(ウェッズ)

こちらもスポーツカー向けだけでなく、ミニバンタイプのホイールも販売してます。Wedz(ウェッズ)で販売されているモデルの「LEONIS(レオニス)」は、鋳造ホイールでありながらも鍛造ホイール並の軽量化に成功し、立体的に描かれたスポークは躍動感溢れる仕様となっています。

ビンテージモノのホイールメーカーを紹介

旧車に合うホイールと言えば、「深リム」というイメージがあります。ホイールの取り付け位置が最近の車に比べて、旧車は車体の内側にあることから、インセットの数値もマイナス方向へ振ってあります。

深リムかつ、走りもデザインもいいとこ取りしたホイールメーカーは以下の通りです。

  • ワタナベ
  • スピードスター
  • ロンシャン
  • Work(ワーク)

旧車に似合うホイールである「深リム」だけでなく、そのデザインにも注目です。

ワタナベ

ワタナベから販売されている「エイトスポーク」がおすすめのモデルとなります。リムは深くありませんが、旧車にこそ似合うスポーク形状をしています。そして、アルミだけでなく、マグネシウムホイールも販売されています。マグネシウムでさらに軽量になって、走りにも抜群の性能です。

スピードスター

スピードスターは「SSR(エスエスアール)」から販売されている旧車向けホイールです。長年販売されていますが、未だに根強いファンがいます。その販売当時から変わらないデザインで今も旧車と共に歩んでいます。

ロンシャン

ロンシャンのホイールと言えば、昔から憧れのホイールです。スタイリッシュなデザインで、付けているだけでワクワクしてくる程の感動。そのデザインに惹き込まれてしまうと後戻りはできません。

Work(ワーク)

ワークから販売されているのが「EQUIP(エクイップ)」です。3ピース構造となっていて若干重たいですが、カラーリングの自由度の高さがあり、人気の商品です。旧車だからこそ、ホイールは派手にしたいですね。

まとめ

今となってはホイールの変えるのは、ある程度の範囲ないであれば問題ないくらいの規制となりましたが、昔の規制緩和前はホイールを変えることさえもできない時代がありました。おしゃれの基本は足元から。人間であれば靴になりますし、車であればホイールです。乗っている車種に合わせて、ホイールからカスタマイズを始めてみましょう。