自動車保険を比較!口コミや保険料で3社を徹底比較します!

2019年02月25日

自動車保険を比較!口コミや保険料で3社を徹底比較します!

数ある自動車保険の中でどれが一番いいのでしょうか?この記事ではCARTUNE編集部がチョイスした自動車保険3社を保険料や口コミ、サービス内容で比較して紹介していきます。

自動車保険を比較!編集部チョイスの3社を紹介します!

まずは今回ピックアップした自動車保険3社を簡単に紹介していきます。

セゾン自動車火災保険

保険料

セゾン自動車火災保険はCMでもあるように「40代・50代の保険料が安い」、「乗った分だけ保険料を支払う」ことが特徴となっています。

また、割引の種類も豊富にあり、インターネットで契約すると最大10,000円の割引、早めの契約で400~600円割引、自動ブレーキが搭載されている車限定で割引といった豊富なプランがあります。

口コミ

ネット上の口コミを見てみると「保険料が安いだけでなく、補償内容も充実している」、「他の保険会社と比較しても一番保険料が安かった」などといった評価がされていました。

チューリッヒ

保険料

チューリッヒでは2つのプランがあり、ネットのみで販売が行われている「ネット専用自動車保険」、今までと同じ通販型の「スーパー自動車保険」があります。

最短5分で加入でき、保険料がとても安いネット専用自動車保険が人気を博しています。基本補償はもちろんのこと、ロードサービスや弁護士費用なども付けることができます。

口コミ

ネット上の口コミを見てみると「事故対応も気持ちのいいもので頼もしかった」、「インターネットで簡単に契約でき、電話の際も気配りがある」などといった評価がされていました。

ソニー損害保険

保険料

保険料は走る分だけです。そのため、その人のライフスタイルによって変わってきます。3000kmから11000kmまで選ぶことができ、それ以上走行する人であれば、無制限もあるのでそちらを選ぶといいでしょう。

口コミ

ネット上の口コミを見てみると「ライフスタイルにあった補償内容で保険料も満足できる」、「インターネットで簡単加入、割引も充実しているのでありがたい」といった評価がされていました。

3社を保険料で比較!

先程紹介した自動車保険3社で保険料を比較してみましょう。

補償内容、契約者情報

保険料を比較するために、補償内容や契約者情報は3社同じものにしています。

補償内容・契約者情報
性別 男性
生年月日 1989年1月1日(満30歳)
免許の色 ゴールド
使用用途 通勤・通学
主に運転する人 契約者本人
契約車 アルファード 30後期
初年度登録 2019年3月
補償内容 対人、対物補償・無保険車傷害・他車運転特約・被害者救済費用特約

セゾン自動車火災保険

上記の条件で保険料を算出すると、48,490円です。インターネット割引の10,000円や早割が適用されているため、安い保険料で済みます。

チューリッヒ

上記の条件で保険料を算出すると、38,270円です。インターネット割引は12,000円とセゾン自動車火災保険よりも大きくなっています。その他もゴールド割引やエコカー割引、新車割引などがあります。

ソニー損害保険

上記の条件で保険料を算出すると、32,290円です。インターネット割引10,000円などが適用されています。また、3000km以下の走行という条件でこの金額なため、走行距離が多くなると保険料が高めになります。

3社を比較

ソニー損害保険が今回のモデル例では一番割安な保険料になっています。セゾン自動車火災保険は40代・50代の保険料の割引が他の保険会社よりも充実しているため、該当する方は今回の算出例より保険料を安く抑えることができるでしょう。インターネット割引を活用したい方にとっては、チューリッヒの割引額の大きさは魅力的ですね。

自分のライフスタイルにあったプランや割引制度があるかどうかで、加入する保険会社を決めてみてはいかがでしょうか。

3社をサービスで比較!

最後に3社のサービスを比較していきましょう。

セゾン自動車火災保険

  • 事故対応、ロードアシストは24時間365日
  • 事故現場にALSOK隊員が駆け付け
  • 専任担任制
  • 13000か所のロードアシスタント拠点
  • 提携修理工場630か所

チューリッヒ

  • 無料で24時間365日のロードサービス
  • 専任担当者がサポート
  • 事故発生から1時間以内に対応
  • 最短で当日には保険金をお支払い

ソニー損害保険

  • 24時間年中無休のロードサービス付き
  • 24時間年中無休の事故対応
  • 専任担当者がサポート
  • セコムが事故現場に駆け付け

サービス内容を比較

3社共に24時間365日事故対応してくれ、ロードサービスまで付いています。また、専任担当者がサポートしてくれるので話の食い違いがなくなります。

セゾン自動車火災保険とソニー損害保険はセコムやALSOKなどの警備隊員が駆けつけてくれるので事故現場でのトラブルの際にも安心ですね。

チューリッヒに関しては最短で当日には保険金を支払いしてくれるので、とても便利ですし、スピーディな事故処理ができるという点で安心できます。

まとめ

自動車保険はその人のライフスタイルや希望の保険料によって決めるといいでしょう。まずは各社の見積もりを取り、それぞれ比較してみましょう。ぜひ参考にしてみてください。