車内の清掃に役立つグッズやコツを紹介します!

2019年02月24日

車内の清掃に役立つグッズやコツを紹介します!

label便利グッズ

愛車の車内の汚れが気になりだしたときこそ車内清掃を行う絶好のタイミングです。今回は車内の清掃に役立つ道具にはどのようなものがあるか、そして清掃をより効果的に進める手順やそのコツについて紹介します。

車内清掃に便利な道具

ここでは車内清掃をするにあたって便利な道後を、最低限揃えておきたい基本的な道具とあると便利な道具の2つに分けて紹介します。

最低限揃えておきたい基本的なモノ

車内清掃に当たって最低限揃えておきたいものとして、タオル/バケツ/掃除機です。タオルとバケツはドアパネルやダッシュボード(インパネ)及びの拭き取り掃除及び使用したタオルを洗うために使用します。

掃除機はシート座面に確認できる埃や髪の毛といったゴミを吸い取ったり、フロア上の見やすいところから狭く埃などが溜まりやすいところなどの砂利やゴミを吸い取るために使用します。タイル/バケツ/掃除機は自宅に揃えられていることが多いので、それらを利用してもOKですし、車専用に購入しても良いでしょう。

なお、タオルとバケツについては身近なもので代用することも可能です。例えば、着なくなった古着やコロコロカーペットローラーまたはガムテープなども使い方次第で車内清掃に活用できます。家にあるものを利用すれば出費を減らすことにもつながるので、いろいろ探してみるのも良いでしょう。

あると便利な道具

車内清掃をするにあたってあると便利な道具は車内用洗剤です。車内用洗剤は車内の掃除に使うことを前提として売られている洗剤で、消臭スプレーやシートクリーナーなど、車内用洗剤といっても種類も多く用意されています。

油性の汚れ落とし効果のあるスプレーや、除菌効果のあるスプレーを選択するなど、目的に応じて揃えておくとベターです。

もう1つ紹介すると、車内芳香剤や消臭剤がおすすめです。車内の嫌なにおいを取り除くことや、車内に好みの香りを漂わせることができます。エアコンの口部分に取り付けるタイプと据え置きするタイプが定番です。

基本的な掃除ができていれば、これらのアイテムを利用することで車内の快適性をより高めることができるでしょう。

車内清掃の手順・コツ

ここでは車内をよりきれいにすることのできる清掃の手順とそのコツを紹介します。

清掃の手順

車内の清掃に順番を付けるとなった場合、大体5カ所から7カ所に分けて掃除することが推奨されています。筆者がおすすめするのは5カ所つまり5つの手順に沿った清掃方法です。できるだけ少ない手順で車内を綺麗にすることができるのであれば、ユーザーの負担も少なくて清掃効果が高くなります。

この5つの手順というのは、天井/窓/内張り/シート/フロア全体です。部屋の掃除と同じで、効率的に掃除するためには上部分から掃除を始めて最終的に下部分を掃除することが肝となります。そのため、この5つの行程を紹介した順番で掃除することが秘訣です。

基本に沿って清掃すれば、天井・窓・内張りの順番によく絞った濡れタオルで汚れや埃を拭き取り、シートに溜まっている埃や髪の毛などを掃除機で吸い取る又はフロアに落として、最後にフロア全体のゴミを掃除機で吸う(外せるフロアマットは外して日に当てて乾燥させてから掃除するとよりきれいにすることが可能です)といった感じになります。

これはドライバーによって異なると思いますが、ステアリングホイールを定期的に掃除しても良いでしょう。ステアリングホイールを素手で握っている場合手汗などが付着しますので、気分的に気になる方には特におすすめです。基本的には水にぬらしてよく絞ったタオルで拭けばOKですが、もう少し綺麗にしたいなと思った場合には本革シートクリーナーや100倍で薄めた中性洗剤などを用いて再度拭き取っても良いでしょう。

上記であると便利な道具として紹介したものを使うタイミングとしては、使用したい部分に最低限の基本的な掃除をした後に使用しましょう。

清掃のコツ

車内清掃をするにあたってのコツを紹介すると、天気の良い日に窓ガラスやドアをできるだけ開けてしっかり喚起しながら作業を進めることです。

水分や洗剤を使いますので、拭いた後の若干の水分や洗剤の臭いなどを確実に乾燥させて臭いを取り除くために喚起を行います。ユーザーによっては車内の清掃を射ているうちに埃などで気分を悪くする可能性もあるので、必ず換気をしましょう。マスクを装着して掃除するのもおすすめです。

まとめ

今回は車内清掃について、基本的な道具からあったら便利な道具、そして清掃手順や清掃に当たってのコツについて紹介しました。

どれだけ車を綺麗かつ大事に扱っていても車内にはゴミや汚れに埃などが発生してしまうので、車の汚れが気になった時こそ車内清掃を行う良い機会と考えて掃除をすることが良いでしょう。それだけでなく、1週間に1-2日は車内を掃除することを習慣化することやいつでも掃除できるように手軽な道具を車載しておくといった方法も効果的です。

また、掃除をするのであればその効果をより高めることのできる順番で掃除することが重要となります。天井からの掃除に始まり最終的にはフロアの掃除で終わることができるように、効率的な掃除を心掛けましょう。