車を買い替えたい!保険の手続きの方法を解説します!

2019年02月14日

車を買い替えたい!保険の手続きの方法を解説します!

label自動車保険

車を運転するなら任意保険の加入は必須といえます。ついつい忘れてしまいがちなのが、車を買い替えたときの保険の切り替え。これは無保険で運転しているのと変わりありません。今回は、どのような手順で保険を切り替えれば良いのかをご紹介します。

車を買い替えたら連絡が必要

車を買い替えた際には、保険をかける車を切り替えなければなりません。しっかり切り替えを行わないと、万が一の際に保険が適応されなくなってしまいます。

保険証券には必ず保険が適応される車についての掲載があり、その他の車を運転している場合は適応されません。事故を起こす前に、確実に済ませましょう。

手続きは納車前に済ませる

納車が行われると、すぐに車を運転したくなりますよね。ですが保険の切り替えを行う前に運転してしまうと、その間は無保険で運転している状態になってしまいます。

事故はいつ起こるかわかりません。早めに行動し、納車前には手続きが完了しているようにしましょう。

保険の手続き方法

車両の切り替えは、車検証があれば電話一本で切り替えが可能です。代理店を通して契約している場合は、その代理店に連絡すれば手続きは完了します。

自動車販売店では任意保険の代理業を行なっている場合が多いので、車を新しく購入するついでに保険の切り替えもお願いしておくと楽ですね。

現在加入している保険会社と車を購入するお店の保険会社が異なる場合でも切り替えることは可能です。

車を購入したお店の保険会社に加入しても良いと思うのであれば、今までの保険証券を持って行けば、条件や等級をそのまま引き継ぐことが可能です。

保険会社にこだわりがなく、自分で連絡するのが面倒な方は、こちらの方法が良いかもしれません。

車検証のコピーをもらっておく

保険会社に連絡する際には車検証が必要になります。型式や車体番号が必要になり、さらには「自分が使用者である」という証明が必要になるからです。

車検を受けた段階で車検証は発行されていますので、買ったお店に相談してコピーをもらいましょう。

譲り受けた車などは名義変更が必要

車屋さんで購入した場合は上記の手続きで完了しますが、個人売買で購入した場合は名義変更が必要です。

他人の車に自分名義の保険をかけることはできません。

名義変更には時間がかかる

名義変更は、車検証が発行できる陸運局でしか行えません。

陸運局は平日しか開いていないため、日中働いている方が自分で行くのは大変ですね。

さらに、陸運局は各ナンバープレートが発行されている地域に一つしかありません。

そのため、毎日非常に混雑しています。1日潰れてしまうことは覚悟しなければなりません。

また、3月は通常よりもさらに混み合います。決算ということで車が売れ、登録台数が増えるためです。

時期にもよりますが、ご自分で名義変更を行う際には時間と手間をある程度覚悟して行わなければならないことを覚えておきましょう。

名義変更には車庫証明も必要

車の名義変更には車庫証明も必要です。自分が停める予定の場所を記載した書類を持って最寄りの警察署へ行くと、後日警察署にて証明がもらえます。

警察署の窓口は昼間しか開いていないため、これも時間と手間がかかります。

働きながら名義変更を行うのは非常に大変であることを覚えておきましょう。

こうなると、お金はかかりますがお店に頼むという方法がベストです。各種手続きも、必要書類を揃えれば全て済ませてくれます。

しかし、お店でもある程度の時間がかかりますから、早めに動くことをオススメします。

車にしばらく乗らない場合

長期出張や冬場は車を運転しないという方は多くいらっしゃると思います。

保険料を払いたくないから契約を切ってしまう方もいらっしゃいますが、それでは今まで積み上げてきた等級が無駄になってしまいますよね。

実は、保険料を払うことなく等級を継続できる方法があります。それが中断というものです。

等級はそのまま!中断という方法

中断制度は、10年間保険を中断できるという制度です。車に乗らないという証明と、次に保険がスタートする際に新規で加入する等級より高い場合に適応されます。

車に乗らないという証明は、廃車にした証明だったり盗難証明だったりと様々です。

もちろん、現在の保険会社から他社に乗り換えることも可能です。

もし、今後しばらく車に乗らないという予定がある場合は、保険会社に連絡して中断の書類を送ってもらいましょう。

中断しておけば、いざ乗るときに優位に働く場合もあります。

まとめ

自動車保険に関しては、車を買ったお店にお任せの方も多いと思います。

しかし、保険について理解を深めることで、車により安心して乗ることができます。

大切なのは任意保険に加入することと、保険適応内で車を利用することです。手続き忘れでうっかりということのないように注意しましょう。

今回の記事を参考に、是非とも安心安全なカーライフを送ってください。