安心安全!ディーラーで車検を頼むメリットとデメリット! | CARTUNEマガジン
安心安全!ディーラーで車検を頼むメリットとデメリット!

2019年09月01日 (更新:2020年08月24日)

安心安全!ディーラーで車検を頼むメリットとデメリット!

label車検 label修理

車検はカー用品店やガソリンスタンドなどで行なうことができ、必ずしもディーラーでしなければならないというわけではありません。しかし、ディーラーに依頼する車検はとても安全、安心です。この記事ではディーラー車検のメリットやデメリットについて紹介していきます。

ディーラー車検とは

ゆうぞーさんのステップワゴンの画像
ゆうぞーさんのステップワゴンの画像
引用元:ゆうぞーさんの投稿

ディーラー車検は、自動車の販売メーカーが行なっている車検のことです。自動車販売メーカーは新車の販売に限らず、自社工場で車検や修理なども行なっています。

ディーラー車検のメリット!

ブラテンさんのNISSAN GT-RR35の画像
ブラテンさんのNISSAN GT-RR35の画像
引用元:ブラテンさんの投稿

ディーラー車検のメリットはどのような点があるのでしょうか?では、いくつか紹介していきます。

予防整備がある

ディーラー車検の場合、3万円~10万円の費用がかかります。一方、ガソリンスタンドやカー用品店での車検の場合、2万円~6万円とディーラー車検よりも安く車検を通すことができます。この費用の一つの違いが、“予防整備の有無”です。

予防整備とは、次の車検まで安全に車を乗るためにしておいたほうがいい整備のことです。現在の車の状態が車検通過可能であったとしても、今後車を継続して乗るために予防整備をしておいたほうが、長く、安全に車を乗ることが可能です。

ガソリンスタンドやカー用品店での車検はこれがないぶん、やや安価に仕上がるのです。ディーラー車検は予防整備により、金額が高くなることがありますが、安全面を配慮するとしておいたほうがいいでしょう。

車種に特化した技術と知識

予防整備にも関係してくることなのですが、予防整備ができるのは、各ディーラーが車種に特化した豊富な知識と高い技術を持っているためです。

最近の車はコンピューターで車の状態を分析でき、ディーラーは車種ごとに豊富なデータを持っています。

しかし、ガソリンスタンドやカー用品店では様々な車種を扱っているため、車種1つ1つの情報は少なくなっています。

純正パーツの使用

予防整備を行う場合、ディーラーは純正パーツを必ず使用します。純正パーツは安全性が確立されているため安心です。

整備の質の保証

ディーラー車検を行なった車が、すぐに故障したとなれば、ディーラーの信頼度が落ちてしまいます。次の車検まで安全に乗れるように、厳重に整備も行なっているので安心して車を乗ることができます。

ディーラーならではのサービス

ディーラー車検を受けると、グッズのプレゼントや特典を受けることができます。また、車検だけでなく、新車購入する際もディーラーと親しくなることで有利に繋がる場合もあります。

この5つのメリットを考えると、安全で安心なディーラーで車検を通したほうがいいのです。

ディーラー車検のデメリット!

クーニーさんのDS3A5C5F01の画像
クーニーさんのDS3A5C5F01の画像
引用元:クーニーさんの投稿

一方、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

価格が高額

メリットでも少し触れましたが、予防整備などがあるため、車検費用が高くなっています。安全、安心な点を考慮すると納得がいきますが、費用が高額なため、ディーラー車検は厳しいという人もいるでしょう。

外注作業が行われる場合もある

場合によっては車検を外注しているディーラーも存在します。安心で安全なディーラーに依頼したと思っていても、稀に民間工場に委託して作業を行なっている場合があります。事前に確認するほうが良いでしょう。

まとめ

eriさんのSAIの画像
eriさんのSAIの画像
引用元:eriさんの投稿

ディーラー車検のメリットとデメリットについて紹介してきました。メリットもデメリットもありますが、安全面を考えるとディーラー車検のほうがオススメです。ぜひ参考にしてみてください。

新着記事

もっと見る >>

おすすめ記事