車内に置いておきたいカーアクセサリーを紹介!

2019年01月17日

車内に置いておきたいカーアクセサリーを紹介!

車内にいる間もできるだけ快適に過ごしたい!そう思う人は多いでしょう。今回は、車に置いておくとカーライフを快適に過ごせるアクセサリーをご紹介いたします。ロングドライブも、これで快適に過ごせますね!

ロングドライブも電子機器の充実を!

近年、生活には欠かせなくなってきたスマートフォンなどの電子機器。しかし、ロングドライブとなるとスマホのバッテリーの心配や置き場所に困ることはありませんか?楽しいロングドライブも、バッテリー残量を気にしながらでは全力で楽しめません。せっかくの遠出です。たくさん写真を撮り、動画を撮り、音楽をかけながら快適なドライブにできたほうが、楽しさも倍増します。車内に置いた方が良い電子機器関連の商品をご紹介いたします。

elzle Qi ワイヤレス充電器 車載ホルダー

スマートフォンの置き場に困ったことはありませんか?そんなときは、置き場を作ってしまえば良いのです。こちらは、エアコンの吹き出し口に設置することも吸盤式で好きな場所に取り付けることも可能です。さらに、本体のマイクロUSBケーブルを電源に接続した状態でスマホを置いておけば、ワイヤレス充電が可能です。さらに、このアクセサリーの素晴らしいところは自動でスマートフォンをホールドしてくれるということ!ホルダーにスマートフォンが近づくと開き、置くとホールドしてくれます。初めて見る人はこれだけでも楽しめそうですね。煩わしい作業は一切不要で充電と置き場所ができるので、とってもオススメです!

JOOMFEEN 車載充電器 Quick Charge 3.0

車によってはUSBの差し込み口があるものもありますが、シガーソケットのみの車も多いです。そんな時には、シガーソケットの差し込み口をUSBに変えてしまいましょう。このアイテムをシガーソケットに差し込むだけで、USBの差し込み口が完成です。このカーチャージャーの素晴らしい点は、クイックチャージに対応しているということ。クイックチャージ対応のものであれば、短時間で充電が終わるので嬉しいですね。

CASAFE 2in1車載用 FMトランスミッター ワイヤレスイヤホン付き

近年、音楽を聴くときにはスマートフォンやタブレットを使う人が多いですよね。しかし、車で音楽を聴くときはCDとなると、荷物もかさばってしまいます。そこで、スマートフォンやタブレットに入っている曲を車で流せるよう、FMトランスミッターを使用してみましょう。ブルートゥースで接続できるので、ワイヤレスで使用できます。さらに、ブルートゥース接続のイヤフォン付きですので、通話も可能です。先ほどご紹介したカーチャージャーよりは大きくなりますが、スマートフォンやタブレットなど電子機器の充電も可能です。これ一台で、ロングドライブが楽しくなること間違いなしです。

ロングドライブの疲れ対策

長時間運転していると、同じ態勢をとっているため身体が固まってしまいます。肩や腰、首に痛みが出てきてロングドライブが嫌になってしまう人もいるでしょう。そんなときは、無理せずこまめに休憩を取ることも必要です。しかし、できれば最初から、疲れが溜まりにくいよう、軽減できるようにしておけるとさらに良いですよね。段差を越えれば振動が身体に響きますし、シートが合わないと無理な力が加わって疲れは倍増してしまいます。便利なカーアクセサリーで疲れを軽減しましょう!

Newsty シートクッション

まずはシートクッションからご紹介します。クッションを使用することにより、腰への振動が軽減されるので腰痛に悩まされる方は是非とも導入したいところです。高品質メモリーフォームにより、自分の身体の形状を記憶してくれるのでスッポリと包まれているような感覚になります。余計な力がかかっていない姿勢が良い状態を記憶してくれるので、時間が経つにつれて崩れていく姿勢も解消してくれます。また、通気性にも気を配ってくれているのも嬉しいですね。ロングドライブはシートが蒸れてしまいがちなので、通気性が良いものを選ぶのも大切なことです。少しでも身体に負担をかけないためにも、是非検討してみてくださいね。

Feagar 低反発ランバーサポートクッション

車のシートはすべての人が使いやすいよう、一般的な規格で開発されているため、自分の身体にぴったり合うシートと巡り会うことは少ないです。合わないシートだと、曲がるたびに身体がずれないように力をかけてしまいます。かといって、スポーティーなシートをロングドライブのためだけに導入するのはあまりにも高額ですし、乗りやすさが失われてしまいますので日常使用する場合は、逆に使いにくくなってしまいます。そこで低反発のクッションを背中に入れることにより、ホールド感が増して運転も楽になるのです。こちらももちろん通気性に考慮されていますので、蒸れて不快な思いをすることもなさそうです!

cooque ネックパッド

皆さんはヘッドレストに頭をつけて運転しているでしょうか。そうなると、どうしても首が後方に行き過ぎてしまうので、常に首は立っている状態で運転していると思います。その隙間を埋めるため、ネックパッドを入れてみてはいかがでしょうか。常に首の筋肉を使い、重い頭を支えるよりもはるかに楽な態勢で運転できます。頭が直に当たるので汚れを心配されるかもしれませんが、シートのみ洗うことができるので大丈夫。ロングドライブの疲れも軽減されますね!

車内に設置したい小物入れ

車内に置いておきたいものとして、ティッシュやタオル、その他の細々としたものがあると思います。しかし、それを綺麗に収納できるスペースはなかなか無いため、あちこちに散らばってしまったり、ごちゃごちゃになってしまったり…。便利グッズを使って、綺麗に収納できるスペースを設置してしまいましょう!備えあれば憂いなしと色々なものを車内に持ち込んでも、グローブボックスに詰め込むにも限界があります。小物収納の便利グッズをご紹介しますので、ご自分に合ったアクセサリーを選択してください。

Oasser シートバックポケット

こちらは、シートの裏を利用して収納スペースを確保するアクセサリーです。ティッシュはもちろん、ドリンクホルダーや大容量ポケットなどの魅力的なものが様々あります。なんといっても、ipadを入れて操作できるポケットも助かりますね。これがあれば、後部座席にお子さんなどを乗せた場合、ipadで動画を見せたりゲームをさせてあげることも可能です。下を向いていると車酔いの原因になりやすいので、こういった使い方ができるのは非常に大きいですね!

ボンフォーム サンバイザーポケット

眩しいと思った時、サングラスがあれば便利ですよね。サングラスをどこに保管しておくかを考えると、必要な時にすぐに取り出せる場所がベストです。そんな時は、サンバイザーを利用しましょう。サンバイザーにポケットをつけることにより、運転中でも手を軽く伸ばすだけで必要なものが手に取れます。女性であれば、髪留めなども刺しておけるため便利ですね!

TOWOOZ 車用収納ポケット

高速の料金を支払った時や、ドライブスルーを利用した時、または駐車料金を支払った時に発生するお釣りをどのように管理していますか?ポケットの中に入れておいたらいつの間にか取れないところに落ちてしまった…などという経験はありませんか?そこで、車のシート横のスペースを利用して小銭入れを作りましょう。USB充電もついているため、スマートフォンの充電にも対応しています。細々したものを入れておけるスペースができることも嬉しいですね。車内に小銭があるだけでも、車上荒らしに遭う確率は高くなります。防犯面も考え、こういった工夫で小銭を見えないようにしておきましょう!

まとめ

車にも様々な収納スペースや便利な機能が備わっていますが、自分に合った収納スペースがあるとも限りません。また、シートも自分に合わない場合もあります。そんな時には、便利なカー用品を導入し、自分の運転しやすいスペースを作り出してください。今まで運転で心配されていたことが解消し、運転がどんどん好きになることを願っています。