HID 3000kのオススメを紹介!

2019年01月14日

HID 3000kのオススメを紹介!

labelライト labelHID

皆さんの車は何Kのライトを使っていますか?視認性がいいのは約6000Kぐらいです。純正より明るく見えて夜道の運転も安心できます。しかし、今回紹介するのは3000Kのライトになります。先ほどの話の後だと3000Kだと見えにくいと思いますが、3000Kは霧や雪などの悪天候に大活躍するライトになります。なので、ヘッドライトではなく、フォグライトでの使用がベストです。今回は、HID3000Kのオススメを紹介していきます。

この記事の目次

  1. オススメランキング
  2. まとめ

オススメランキング

HID3000Kのオススメランキングを紹介します。各メーカーの良さなどを比べて自分の車に合うメーカーを見つけてください。

  • 1位 fcl
  • 2位 EUROFILTER OFT オプトエレクトロニクス
  • 3位 WUKE Technology (ウーク・テクノロジー)

fclのHID

第1位はfclです。色味が綺麗な黄色になっていて光量も良いです。他のメリットを紹介します。

メリット

  • 取り付けしやすい
  • 車検対応
  • UVカット石英ガラス使用

などあります。取り付けのしやすさは自分で車をいじる人にとってかなり嬉しい点です。UVカット石英ガラスを使用しています。効果としては、耐熱性・耐圧性に優れていることと、紫外線による劣化、曇りから守ってくれることです。

EUROFILTER OFT オプトエレクトロニクス

第2位はEUROFILTER OFT オプトエレクトロニクスです。評価が高く値段も手頃なのがオススメです。

メリット

  • 1年間のメーカー保証付き
  • UVカット石英ガラス使用
  • 汎用コネクターを採用しているため、各メーカーバラストと組み合わせが可能

などがあります。多くのメリットがある反面、左右で色味が違ったと言う方もいました。

WUKE Technology

第3位はWUKE Technologyです。中国のメーカーで低価格で高品質の商品を提供しています。

メリット

  • 低価格
  • 1年間のメーカー保証付き
  • ハロゲンバルブと形状が同じなため、取り付けがスムーズ

などがあります。こちらのメーカーも多少左右の色味の違いがあるとの声が出ていました。

まとめ

霧や雨、雪などの悪天候時はライトが黄色の方が見やすく安全に運転ができます。ドレスアップとしてもおしゃれでオススメです。また常につけていなくても、悪天候時や、雪の降る季節になったら取り付けるなど使い分けするのもありだと思います。今回はHIDの3000Kについて紹介しました。是非参考にしてください。

関連するカスタム解説記事一覧

新着のカスタム記事

すべての新着記事から探す >>