人気ドライブレコーダーを徹底解説!ドラレコがあると安心です。

2019年01月08日

人気ドライブレコーダーを徹底解説!ドラレコがあると安心です。

labelドライブレコーダー

今やドライブレコーダーは装備するのが当たり前になってきました。もしものことを考えると装備しておいたほうが安心です。この記事ではコムテックやユピテル、ケンウッドなど人気のドライブレコーダーについて解説していきます。

コムテック ZDR-015

コムテックは自動車製品を多く開発、販売しており、ドライブレコーダーのメーカーで有名です。ドライブレコーダーでも様々な製品を販売していますが、その中でもオススメのZDR-015について紹介していきます。

ZDR-015のおすすめポイント!

どんなドラレコ?

ZDR-015は前後2画面のHD200万画素のドライブレコーダーです。前方、後方を撮影してくれるだけでなく、駐車時も監視として撮影してくれます。映像を確認する場合、パソコンで確認可能です。パソコンで確認が面倒くさい場合、モニターでも簡易的に確認することができます。また、安全機能も装備されており、先行車発進お知らせ機能、車線逸脱お知らせ機能、先行車接近お知らせ機能、ドライブサポート機能、前方信号お知らせ機能、車速アラーム機能というのがあります。

便利な3つの録画機能

いざという時を逃さないために、エンジンをONにすると録画開始される常時録画機能、Gセンサーで衝撃を検知した際に録画開始される衝撃録画機能、スイッチを押すことで録画開始されるマニュアル録画機能の3つが装備されています。ただ撮影するだけでなく、撮影された映像を保護するためにファイル保護機能、SDチェック機能、緊急録画停止機能搭載が装備されているのでもしもの時もしっかりと映像を残してくれます。200万画素で映像も綺麗なので、事故の際も細部までクリアに映像を保存することができますし、普通に見て楽しむこともできます。

駐車時にも録画してくれる!

駐車時は最大12時間の録画が可能で、夜間でも駐車時の録画をしてくれ、短い動画として撮影すると最大20時間の記録が可能となっています。その他に位置情報を確認してくれるGPS機能、LED信号でも周波数を把握してしっかりと録画してくれる機能、地デジやナビを影響を抑えたノイズ低減機能、定期的なフォーマットが不要な機能、高速で録画開始してくれる機能なども装備されています。この1台があれば、事故の際も困ることはありません。

ケンウッド DRV-MR740

ケンウッドはナビや電気系の装備品を主に製造しているメーカーです。ドライブレコーダーも人気となっています。では、ケンウッドのドライブレコーダーでオススメのDRV-MR740について紹介していきます。

ケンウッドのDRV-MR740はココがオススメ!

一番のオススメポイント!

ケンウッドのドライブレコーダーで初めて、前後が録画できる2画面のドライブレコーダーが登場しました。それがDRV-MR740です。前後ともに210万画素とデジタル放送と同じ画質で、車のナンバープレートまでくっきりと撮影可能です。また、業界トップのF1.8明るいレンズを採用しているので、明るく見やすい映像を残すことができます。

臨機応変な対応も可!映像も鮮明に

急激な明るさの変化にも対応できるようにHDRの装備、テレビ電波のノイズを低減してくれ、LEDの信号機でも無点灯記録を予防してくれる機能があります。最長で24時間撮影することができ、駐車時も撮影を開始してくれるのでとても安心ですね。運転中に邪魔にならないように、前方撮影用メインユニットとなっています。ルームミラーの裏にしっかりと隠れるので邪魔になりません。

もしもの時の安心機能

もしもの時に備えて、位置情報を把握できるGPS機能の搭載、運転支援機能を搭載することで安全性を高めています。ボタン1つでメイン画面を前方、後方の映像に切り替えすることも可能です。録画エラーの予防のため、SDカードフォーマット警告機能もあります。エンジンをONにすると録画開始する常時録画機能、衝撃を検知すると録画開始するイベント機能の2つも装備されているのでとてもオススメの1台です。

ユピテル WD300

ユピテルは無線通信機器メーカーです。レーダー探知機やナビ、エンジンスターター、セキュリティー、ドライブレコーダーなどの様々な通信機器を開始、販売しています。様々な通信機器を製造しているユピテルですが、ドライブレコーダーも人気があります。では、ユピテルのオススメのドライブレコーダーWD300について紹介していきます。

ユピテルのWD300 オススメポイント!

WEB限定モデルのWD300って?

WEB限定モデルとなっており、ドライブレコーダー部門メーカー別シェアNO.1の製品です。駐車中も録画することができ、動体検知機能があるので動きを検知した時に自動で録画してくれます。また、Gセンサーが装備されているので、駐車時に衝撃を検知すると録画を開始してくれるのです。

3つの録画機能

急激な明るさの変化にも対応可能なHDR機能の搭載、位置情報を把握可能なGPS機能が装備されています。記録の方法としてはエンジンをONにした際に録画開始となる常時録画機能、衝撃を検知した際に録画開始となるGセンサー録画機能、手動操作で録画開始となるワンタッチ録画機能の3つがあります。その他の機能として、映像と合わせて音声も録画してくれる機能、LED信号でも周波数に合わせて録画してくれる機能、地デジノイズの低減機能、130度という広い範囲を撮影してくれる機能、自動画面OFF機能などが装備されています。

パソコンやドライブレコーダーで映像確認

すぐに使えるように8GBのmicroSDも付いており、Windows7、8または10搭載パソコンなら、専用ビューアソフトを利用せず、標準付属のWindows Media Playerで再生可能です。パソコンで確認が面倒くさいという場合は簡易的ではありますが、モニターでも確認することができます。さらにタイムズクラブのロードサービス「カーレスキュー」が1年間無料でご入会できるサービスまでついています。とても安心安全のドライブレコーダーです。

まとめ

ドライブレコーダーにも様々な種類やメーカーが存在します。どれを付けたらいいのかわからないという人は、ドライブレコーダーを装備する目的や用途をはっきりとさせ、人気のドライブレコーダーを参考にしてみてください。